アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
麻酔科勤務医のお勉強日記
ブログ紹介
日記のタイトルは 『ANESTHESIA WORLD』 (当ブログの副題)とする。
病院勤務日は、毎日「朝の勉強会」と称して、麻酔救急関連の多肢選択問題と麻酔関連の英文雑誌から最近の論文抄録をいくつか日本語訳して提示している。同僚にだけ配布するのは効率が悪いので、ブログで公開することにした。ただし、誤訳や著者の原意を損なっていることもあるかもしれないので、鵜呑みにせずに原文を必ず参照し、間違いがある場合はご指摘いただくとありがたいです。なお、抄録内容の著作権については、当然、当該英語論文の著作者に帰属します。 また、時折「これはなかなかいいぞ!」と思った麻酔科の臨床診療で役立ちそうなアイデアを報告していきます。現在、7 年目に突入。
「目を通す甲斐があったな!」と思ったときは、是非「ブログ玉」をクリックしてやってください。ブログを続けていく励みになりますので。よろしくお願いします。m(。。)m

by SRHAD-KNIGHT


キーワード:麻酔、集中治療、英語論文、抄録、日本語訳、抄読会、海外文献紹介、多肢選択問題、麻酔科朝のカンファレンス

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
腹腔鏡下子宮摘出術は、子宮重量にかかわらず、腹式子宮摘出術よりも合併症が少ない:全国コホート研究
・研究の目的は、子宮重量と、外科的アプローチによって層別化した子宮摘出術後の術後転帰との相関を評価することであった。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/21 08:02
中心静脈カテーテルによる小児心タンポナーデの生存に影響を及ぼす因子
小児の中心静脈カテーテル(CVC)留置は有用であるが、心タンポナーデなどの合併症に関連する。著者らは、心タンポナーデにおける死亡の危険因子を特定することを目指した。PubMed と Google を検索して小児 CVC に関連した心タンポナーデに関する論文を入手し、死亡の危険因子を分析するために後ろ向き的にレビューした。死亡リスクへの影響について調べた要因には、患者年齢、体重、CVC サイズ、CVC 挿入からタンポナーデ発症までの日数、投与薬、挿入部位、治療、CVC 材質、初期の CVC 先端位... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/21 08:01
■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2018/02/21
【問題1】(医療英単語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/21 06:48
小児の異なる椎骨レベルでの硬膜脊髄間距離と硬膜外鎮痛に及ぼすその意義:MRI に基づく後ろ向き研究
・硬膜から脊髄までの距離は、異なる椎骨レベルで一様ではない。硬膜と脊髄間の距離は、硬膜穿刺後に、針の外傷によって引き起こされる神経学的損傷の可能性を回避する上で重要な要素となり得る。典型的には、硬膜脊髄間距離が大きいほど、潜在的な安全域が大きくなる。本研究の目的は、MRI 画像を用いて、2 つの胸部レベル T6-7、T9-10 と 1 つの腰部レベル L1-2 で、硬膜から脊髄までの距離を測定することである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/20 08:03
静脈内局所麻酔に際してリドカインに添加したミダゾラムの鎮痛効果
・ミダゾラムは鎮痛特性を有する。本研究の目的は、静脈内局所麻酔(IVRA)においてリドカインに添加した場合のミダゾラムの鎮痛効果を評価することであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/20 08:03
■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2018/02/20
【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/20 06:58
上肢 Bier ブロックに際してリドカインに添加した異なる用量のミダゾラムが知覚と運動ブロック特性と
・本研究は、静脈内局所麻酔(IVRA)時に異なる用量のミダゾラムをリドカインンに添加した場合の、麻酔と鎮痛の質に及ぼす効果を評価するために考案された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/19 07:06
小児外傷性脳損傷における病院前迅速挿管の有効性:9 年間の観察研究
・外傷性脳損傷(TBI)を伴う小児患者の病院前の気道管理は論争の的である。この分野における小児の気管挿管には、特定のスキルが必要であり、潜在的な利点があるだけでなく、重大な合併症をきたす可能性も伴う。著者らは、訓練された集中治療救急隊員(ICP)による病院前の迅速挿管(RSI)を受けたか、または挿管を受けなかった TBI 小児群間で、6 ヶ月後死亡率と機能的転機を比較することを目指した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/19 07:05
■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2018/02/19
【問題1】(医療英単語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/19 07:03
腹直筋鞘ブロックにおけるミダゾラムのブピバカインへの添加の効果:無作為化比較試験
・さまざまな補助薬が、様々な神経ブロック時の局所麻酔薬の質を改善し、持続時間を延長させるために試みられてきた。著者らは、臍部または上腹部ヘルニア修復術を受ける患者で、腹直筋鞘(RS)ブロックに及ぼすブピバカインへのミダゾラムの添加の効果を評価することを目的とした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/18 08:53
ミダゾラム誘発性末梢神経ブロックと神経毒性のメカニズム
・ベンゾジアゼピンであるミダゾラムは、脊髄投与された局所麻酔薬の作用を促進することが報告されている。興味深いことに、末梢神経軸索に沿ったγ-アミノ酪酸タイプ A(GABAA)レセプターの存在に関する説得力のある証拠がないにもかかわらず、ミダゾラムはまた、末梢神経に単独で作用させた場合、鎮痛効力を有することが示されている。これらの観察は、ミダゾラム誘発性神経ブロックは別の作用部位によるものであることを示唆している。さらに、ミダゾラムが GABA A 受容体と 18-kd トランスロケータータンパク... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/18 08:53
上大静脈の先天性異常と中心静脈カテーテル留置におけるその意義
上大静脈(SVC)の先天性異常は、中心静脈カテーテル(CVC)挿入、ペースメーカー電極留置、人工心肺術中に偶然に発見される。左上大静脈遺残(PLSVC)は健康な被験者ではまれな(0.3%)異常であり、通常は無症状であるが、存在していても診断されていない場合、CVC 留置困難や合併症と関連している可能性がある。先天性心奇形を有する個人では、その罹患率は一般集団の 10 倍まで高くなる可能性がある。この観点から、CVC 留置時の PLSV の付随所見の重要性の認識は重要である。この稀ではあるが潜在的... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/17 09:41
小児仙骨ブロックの補助薬としての仙骨と静脈内デキサメタゾン:系統的レビューとメタ分析
・デキサメタゾンは、局所麻酔薬として人気がある。このメタ分析の目的は、小児で、この添加剤の術後鎮痛持続時間、術後嘔吐、有害事象の可能性について評価することであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/17 08:36
下部尿路機能に及ぼす胸腺硬膜外ロピバカイン vs ブピバカインの効果:無作為臨床試験
・ブピバカインを用いた胸部硬膜外麻酔は、排尿筋力低下に起因する臨床的に意義のある排尿後残尿をもたらした。本研究は、残尿と最大流速を用いて、膀胱機能不全の危険性をロピバカイン vs ブピバカインで比較することを目的とした。著者らの仮説は、ロピバカインが運動ブロックにはあまり効果がないことが示されているため、ロピバカインが残尿を低下させるであろうということであった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/16 07:27
小児日帰り手術症例で、退院後悪心嘔吐の発生率と助長する因子
・小児における退院後悪心嘔吐の発生率と寄与因子に関しては、ほとんど知られていない。本研究の目的は、日帰り手術患者の退院後悪心嘔吐の発生率を決定し、そのリスクに影響する人口統計学的、術中術後の変数を特定することであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/16 07:26
■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2018/02/16
【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/16 07:04
高齢患者における末梢神経ブロックへの鎮静補助薬としてのデキスメデトミジンの有効用量
・末梢神経ブロック(PNB)に対するデキスメデトミジン鎮静補助薬の有効投与量中央値(ED50)は、高齢患者ではまだ確認されていない。本研究では、PNB を伴う全膝関節形成術(TKA)を受ける高齢患者で、鎮静のための静脈内デキスメデトミジンの ED50 を評価した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/15 08:26
中心静脈カテーテル留置時のまれな血管異常:左上大静脈遺残
中心静脈カテーテル留置時のまれな血管異常:左上大静脈遺残 左上大静脈遺残(PLSVC)は、静脈系の最も頻度の高い異常である。しかし、それは医師間ではあまり知られていないバリエーションである。ここでは、中心静脈カテーテル(CVC)留置後に診断された PLSVC 患者の症例を報告する。年齢 80 歳の男性が心肺停止で救急室に入室した。自己心拍が回復した後、左頸静脈から盲目的に CVC 留置を行った。しかし、カテーテル挿入後のルーチンの胸部 X 線により、カテーテルが左側心陰影に直接下降していることが明らかになった。胸部 CT 検査では右腕頭頂静脈が左腕頭頂... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/02/15 08:24
術後呼吸器合併症の発生率:0 歳から 7 歳までの小児でカフ有りとカフなし気管チューブの後ろ向き的分
・小児麻酔下でのカフ有り vs カフなし気管チューブの使用は広く議論されている。本研究では、カフ有りチューブとカフなしチューブの使用が急性期術後呼吸器合併症の発生率の増加と関連しているかどうかを調査することを目的とした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/15 08:23
■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2018/02/15
【問題1】(医療英単語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/15 07:00

続きを見る

トップへ

月別リンク

麻酔科勤務医のお勉強日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる