アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
麻酔科勤務医のお勉強日記
ブログ紹介
日記のタイトルは 『ANESTHESIA WORLD』 (当ブログの副題)とする。
病院勤務日は、毎日「朝の勉強会」と称して、麻酔救急関連の多肢選択問題と麻酔関連の英文雑誌から最近の論文抄録をいくつか日本語訳して提示している。同僚にだけ配布するのは効率が悪いので、ブログで公開することにした。ただし、誤訳や著者の原意を損なっていることもあるかもしれないので、鵜呑みにせずに原文を必ず参照し、間違いがある場合はご指摘いただくとありがたいです。なお、抄録内容の著作権については、当然、当該英語論文の著作者に帰属します。 また、時折「これはなかなかいいぞ!」と思った麻酔科の臨床診療で役立ちそうなアイデアを報告していきます。現在、6 年目に突入。
「目を通す甲斐があったな!」と思ったときは、是非「ブログ玉」をクリックしてやってください。ブログを続けていく励みになりますので。よろしくお願いします。m(。。)m

by SRHAD-KNIGHT


キーワード:麻酔、集中治療、英語論文、抄録、日本語訳、抄読会、海外文献紹介、多肢選択問題、麻酔科朝のカンファレンス

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
低比重ロピバカインによる坐位での脊髄硬膜外麻酔では、帝王切開患者の低血圧発生率が有意に増加
・脊髄硬膜外併用麻酔(CSEA)時の母体の体位は、血行動態とブロック特性に影響を与える可能性がある。本研究は、低比重ロピバカインによる CSEA で、坐位の方が側臥位よりも、低血圧と高位ブロックを誘発する可能性が高いかどうかを評価することを目的とした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/25 07:04
オフポンプ型冠動脈バイパス手術患者の転帰に及ぼすヘパリンの 2 用量の比較:前向き無作為化対照試験
・オフポンプ冠動脈バイパス術は、人工心肺に伴う合併症率を低下させる意図で実施されるが、結果として生じる「過凝固性」に対処する必要がある。オフポンプ冠動脈バイパス術後には、凝固亢進に起因する可能性のある冠状動脈血栓などの合併症が報告されている。多くの臨床医は、この恐怖に対抗するために、5mg/kg までの高用量ヘパリンを使用する。総じて、オフポンプ冠動脈バイパス術におけるヘパリン投与量について合意はないようである。本研究の目的は、全身ヘパリン化に 2 つの異なる用量を使用した場合の輸血必要度、心筋... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/25 07:02
■臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題■ 2017-01-25
【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/25 06:57
待機的非心臓外科手術における周術期グルココルチコイドの安全性:系統的レビューとメタ分析
・グルココルチコイドは、主に悪心嘔吐を予防するために、周術期にますます使用されている。安全性の問題は、高血糖の可能性と感染の増加に焦点を当てている。著者らは、グルココルチコイドが、待機的非心臓術後に、用量依存性にそのような有害転帰をきたしやすくすると仮定した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/24 08:01
初回全膝関節形成術に際しての末梢神経ブロック:転帰と医療資源利用の地域住民ベースのコホート研究
・末梢神経ブロックは、全膝関節形成術後の疼痛を減少させるが、神経ブロックが、人工関節術資源利用に及ぼす地域住民ベルの影響は不明である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/24 08:00
■臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題■ 2017-01-24
【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/24 06:54
術前麻酔評価のための口腔衛生アンケートの作成と検証
・気管挿管中に発生する歯牙損傷は、口腔病変の既往を有する患者の方が頻度が高い。研究の目的は、術前麻酔評価のための口腔衛生アンケートを作成することであり、特別な歯科訓練を受けていない職員でも利用し易く、口腔衛生不良な患者を検出するカットオフ値を確立することであった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/23 07:52
小児のラリンジアルマスクの大きさを決める簡単な方法
・小児のラリンジアルマスクのサイズは、患者の体重によって決定される。しかしながら、場合によっては、代替法が望まれることもある。目的は、ベッドサイドで簡単に実施できる新しい方法を探すことであった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/23 07:51
■臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題■ 2017-01-23
【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/23 07:06
多専門的集中治療室に入室した非心臓手術患者の転帰
・手術は、手術術式と患者に応じて、重大な罹患率と死亡率をもたらす。 集中治療室(ICU)に入室した手術患者の転帰についてのインドからのエビデンスは不足している。著者らは、ICU 入室した非心臓手術患者の術後合併症と死亡の発生率、危険因子を明らかにすることを目的とした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/22 07:54
小児の ProSeal ラリンジアルマスクのサイズを決定する簡単な方法:前向き観察研究
・小児の ProSeal ラリンジアルマスクのサイズは、患者の体重によって決定される。しかしながら、場合によっては、別の方法が必要となることがある。本研究では、小児の体重による従来の ProSeal ラリンジアルマスクのサイズ選択と耳介によるサイズ選択を比較することを目的とした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/22 07:52
外来歯科手術を受ける発達遅延のある小児とない小児における周術期オピオイド投与
<ハイライト> ・発達遅滞(DD)有り/無しの小児の周術期経過の分析 ・DD を有する小児は、術後の興奮や悪心嘔吐を増加させなかった。 ・DD の小児は全体では、術中と術後のオピオイド投与が少なくなる。 ・著者らの経験では、DD 小児のオピオイド投与に一定のパターンは確認されない。 ・DD のない小児では周術期オピオイド投与に一定のパターンが確認される。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/20 08:34
気管挿管に対する循環動態反応を減弱させるリドカインと硫酸マグネシウムの効果:単施設前向き二重盲式無作
・気道刺激に対する循環動態反応はよく見られる現象であり、その管理は全身的な影響を軽減するために重要である。本研究の目的は、喉頭展開と気管挿管後のこの反射性血行動態に及ぼす硫酸マグネシウムとリドカイン静脈注射のの有効性を比較することである。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/20 08:34
■臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題■ 2017-01-20
【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/20 07:15
成人股関節骨折患者の大腿神経ブロック vs 静脈内フェンタニル - 系統的レビュー
・股関節骨折は重要な公衆衛生上の問題であり、死亡率が高く、機能性を失う。股関節骨折とは、大腿骨頭部縁と小転子の下 5cm の間に発生する骨折を指す。これらは整形外科の緊急症例によく見られる。近位大腿骨骨折の症例数は、人口の年齢が高くなるにつれて増加する傾向がある。股関節骨折の初回入院時の平均なケア費用は、患者 1 人当たり約 7000 ドルと見積もられ得る。大腿骨骨折は痛みがあり、すぐに適切な鎮痛が必要である。大腿骨骨折痛の治療は困難で、利用可能な鎮痛剤の数が限られており、その多くが副作用を有し... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/19 07:22
硬膜下血腫後の機能的予後の予測因子:前向き研究
・過去 10 年間に米国では硬膜下血腫(SDH)の発生率は高まっているが、予後不良のリスク因子を検討した前向きのデータは限られている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/19 07:21
■臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題■ 2017-01-19
【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/19 07:20
レミフェンタニルは、小児心臓手術における人工心肺中の血糖値と乳酸値の上昇を防止する
・人工心肺(CPB)は、血漿中のサイトカインおよびカテコー??ルアミンの濃度を上昇させるストレス反応を引き起こし、高血糖を引き起こす可能性がある。成人では、CPB 中のレミフェンタニル注入は、サイトカイン、カテコールアミン、血糖値の上昇を防ぐことができたが、小児におけるレミフェンタニルのそのような効果は解明されていない。本研究では、小児の CPB 中のレミフェンタニルが血糖値と乳酸値に及ぼす予防効果を調べた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/01/18 12:44
生理食塩水 vs ヘパリンによる成人患者の中心静脈カテーテルの開存性 - 系統的レビューとメタ分析
・静脈カテーテル(CVC)の開通性を維持するためには、ヘパリン生食(HS)の方が、理論的には、生食(NS)より優れているが、それらの比較効能は議論の余地がある。この体系的レビューとメタ分析の目的は、成人患者における CVC 開存性維持における NS vs HS の有効性を評価することであった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/18 12:43
■臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題■ 2017-01-18
【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/18 07:26

続きを見る

トップへ

月別リンク

麻酔科勤務医のお勉強日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる