アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
麻酔科勤務医のお勉強日記
ブログ紹介
日記のタイトルは 『ANESTHESIA WORLD』 (当ブログの副題)とする。
病院勤務日は、毎日「朝の勉強会」と称して、麻酔救急関連の多肢選択問題と麻酔関連の英文雑誌から最近の論文抄録をいくつか日本語訳して提示している。同僚にだけ配布するのは効率が悪いので、ブログで公開することにした。ただし、誤訳や著者の原意を損なっていることもあるかもしれないので、鵜呑みにせずに原文を必ず参照し、間違いがある場合はご指摘いただくとありがたいです。なお、抄録内容の著作権については、当然、当該英語論文の著作者に帰属します。 また、時折「これはなかなかいいぞ!」と思った麻酔科の臨床診療で役立ちそうなアイデアを報告していきます。現在、7 年目に突入。
「目を通す甲斐があったな!」と思ったときは、是非「ブログ玉」をクリックしてやってください。ブログを続けていく励みになりますので。よろしくお願いします。m(。。)m

by SRHAD-KNIGHT


キーワード:麻酔、集中治療、英語論文、抄録、日本語訳、抄読会、海外文献紹介、多肢選択問題、麻酔科朝のカンファレンス

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
有熱重症疾患成人の中枢体温と血行動態に及ぼすアセトアミノフェン静脈内投与の効果:無作為化比較試験
・研究の目的は。有熱重症疾患患者で、アセトアミノフェン静脈内投与が中枢温、血圧、心拍数に及ぼす影響を調査することであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/23 07:14
直接喉頭鏡検査および挿管に対する心血管反応の減弱 - 静脈内ボーラスフェンタニル、リグノカイン、生食
・喉頭鏡検査と気管挿管は、常に反射性交感神経性昇圧反応と関連し、心拍数や血圧が上昇する。これは、高リスク患者において有害であることとなる可能性がある。本研究の目的は、喉頭鏡検査および気管挿管に対するこの昇圧反応を軽減する上でリグノカインとフェンタニルの効果を比較することであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/23 07:10
■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2017/06/23
【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/23 07:09
重症外傷患者の転帰に及ぼす後期輸液投与の影響:重症外傷患者 294 人の後ろ向き分析
・制限のない後期輸液管理(LFM)は、重症疾患患者集団での罹患率/死亡率が高いことと関連している。本研究の目的は、重症外傷患者集団における LFM と人工呼吸の持続時間との間の関連性を評価することであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/22 08:11
ケタミンは、腹腔鏡下胆嚢摘出後の回復の質を向上させない:無作為化比較試験
・ケタミンは、急性期手術時にマルチモーダル鎮痛法の一部として使用されている。患者の視点からの回復の質に及ぼする周術期静脈内小用量ケタミンの効果は評価されていない。著者らは、低用量ケタミンが、完全静脈麻酔下での腹腔鏡下胆嚢摘出術後の回復を促進すると仮定した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/22 08:10
■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2017/06/22
【問題1】(麻酔科学用語) 以下の略語のフルスペルと意味を答えよ。 (1) %FEV1.0 (2) LC (3) PTCR (4) BTPS (5) CRF ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/22 07:04
ヨルダンで帝王切開分娩を受ける女性における硬膜穿刺後頭痛の危険因子の評価:後ろ向き分析研究
・硬膜穿刺後頭痛(PDPH)は、帝王切開分娩を受ける女性において脊椎麻酔後に最もよく知られた合併症の 1 つである。本研究は、ヨルダンで帝王切開を受ける女性での PDPH の発生率とその関連リスク因子を調査することを目的とした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/21 07:26
脊椎手術におけるクモ膜下モルヒネ:無作為化比較試験のメタ分析
・本研究の目的は、脊椎手術後の術後疼痛とオピオイド鎮痛剤消費量減少に及ぼすクモ膜下モルヒネ(ITM)の有効性を評価することであった。成人脊椎手術後の ITM の使用は、クモ膜嚢へのアクセスが容易であり、低用量で適切な鎮痛を提供する可能性があるため、特に興味深い。しかし、以前の ITM の研究は、サンプルサイズが小さく、矛盾する結果によって限界があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/21 07:25
■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2017/06/21
【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/21 07:03
硬膜穿刺後頭痛に関して脊椎麻酔でのペンシルポイント針とカッティング針との比較:メタ分析
・主として脳脊髄液(CSF)の喪失に起因する硬膜穿刺後頭痛(PDPH)は、脊椎麻酔と診断的腰椎穿刺に際しての周知の医原性合併症である。脊椎穿刺針は合併症を最小限に抑えるように変更が加えられてきた。PDPH の修正可能な危険因子には、主に針のサイズと針の形状が含まれた。しかし、PDPH の発生率はカッティング針とペンシルポイント針の間で有意に異なるかどうかは議論の余地があった。そこで、著者らは、メタ分析を実施して、カッティング針とペンシルポイント針の PDPH の発生率を評価した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/20 07:15
麻酔中の覚醒を予防するためのセボフルラン呼気終末濃度モニタリング(MEETS-PANDA)
麻酔中の覚醒を予防するためのセボフルラン呼気終末濃度モニタリング(MEETS-PANDA) ・全身麻酔を受ける患者において、内視鏡手術中の呼気終末セボフルラン(ETS)のモニタリングが術中覚醒の発生率を低下させるとの仮説が立てられた。そこで、術中覚醒の発生頻度と他の相関因子を記録し、比較した。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/20 07:13
■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2017/06/20
【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/20 07:03
帝王切開脊椎麻酔穿刺失敗に及ぼする針径の影響:前向き無作為化実験研究
・脊椎麻酔は、待機的帝王切開に選択される麻酔法である。本研究の目的は、帝王切開脊椎麻酔中の 25、26、27 ゲージ(G)のペンシルポイント Whitacre タイプ(イントロデューサ付き)針の間での穿刺失敗率を比較することであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/19 07:10
術前の腕神経叢ブロックと手術終了時の同一ブロックとの比較:前向き二重盲式無作為化臨床試験
・著者らは、術前超音波ガイド下腕神経叢ブロックを用いた先行鎮痛が、術後の同一ブロックよりも良好な術後鎮痛をもたらすかどうかを評価した。 ・橈骨骨折の骨接合術を受ける 52 人の患者が含まれた。全患者は、レミフェンタニルとプロポフォールで全身麻酔を受けた。患者は無作為に 2 群に分けられた:0.75% ロピバカイン 0.5ml./kg の術前ブロックか、または術後ブロック。手術後、全患者は、耐え難い疼痛に対して定期的なパラセタモール+オピオイドを投与された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/19 07:09
■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2017/06/19
【問題1】(麻酔科学用語) 以下の略語のフルスペルと意味を答えよ。 (1) CSF (2) HUS (3) FIO2 (4) IUGR (5) PONV ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/19 07:07
内科的併存症と周術期同種赤血球輸血は肩関節形成術後の手術部位感染の危険因子である
・複数の周術後因子が、肩関節形成術後の感染リスクに関与している。本研究の目的は、肩関節の、初回のあるいは再形成術後、内科的併存症や輸血による手術部位感染(SSI)リスクを調査することであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/17 08:00
術後カテーテル関連膀胱不快感におけるセボフルラン vs プロポフォール:前向き無作為化試験
・術後カテーテル関連膀胱不快感(CRBD)は、覚醒時興奮を増加させる。ムスカリン受容体の活性化が、CRBD 発症の主要なメカニズムである。実験的研究では、セボフルランは抗ムスカリン作用を有するのに対して、プロポフォールは抗ムスカリン作用を示さなかった。著者らの仮説は、セボフルラン麻酔が膀胱手術後の CRBD の発生率を減少させるということであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/17 07:59
制限のない術中輸液療法が小児の術後悪心嘔吐に及ぼす効果 - 無作為化比較試験
・術後悪心嘔吐(PONV)は、手術後の最も苦痛を伴う合併症の 1 つである。周術期の補助的な輸液療法は、小児の PONV を減少させる効果的な戦略であろう。本研究は、小児で昌質液による制限のない術中輸液療法が PONV に及ぼす影響を評価するために実施された。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/16 07:17
腹壁吊り上げによる腹腔鏡手術中の機能的残気量の増加
・腹腔鏡手術実施件数は毎年増加しており、ほとんどの場合、気腹法が用いられている。別の選択肢は、腹壁吊り上げ法であり、本研究は、腹壁吊り上げ処置中の機能的残気量の変化を評価するために行われた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/16 07:17
■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2017/06/16
【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/16 07:09

続きを見る

トップへ

月別リンク

麻酔科勤務医のお勉強日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる