アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
麻酔科勤務医のお勉強日記
ブログ紹介
日記のタイトルは 『ANESTHESIA WORLD』 (当ブログの副題)とする。
病院勤務日は、毎日「朝の勉強会」と称して、麻酔救急関連の多肢選択問題と麻酔関連の英文雑誌から最近の論文抄録をいくつか日本語訳して提示している。同僚にだけ配布するのは効率が悪いので、ブログで公開することにした。ただし、誤訳や著者の原意を損なっていることもあるかもしれないので、鵜呑みにせずに原文を必ず参照し、間違いがある場合はご指摘いただくとありがたいです。なお、抄録内容の著作権については、当然、当該英語論文の著作者に帰属します。 また、時折「これはなかなかいいぞ!」と思った麻酔科の臨床診療で役立ちそうなアイデアを報告していきます。現在、8 年目に突入。
「目を通す甲斐があったな!」と思ったときは、是非「ブログ玉」をクリックしてやってください。ブログを続けていく励みになりますので。よろしくお願いします。m(。。)m

by SRHAD-KNIGHT


キーワード:麻酔、集中治療、英語論文、抄録、日本語訳、抄読会、海外文献紹介、多肢選択問題、麻酔科朝のカンファレンス

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
長時間手術後の横紋筋融解症:2 例の報告と文献レビュー
横紋筋融解は、損傷した筋肉組織が壊れ、ミオグロビンを含む細胞内容物が循環中に放出される状態である。 これは、電解質障害、血液量減少、代謝性アシドーシス、凝固障害、急性腎障害のリスクを含む非特異的な臨床的症候群を生じる。 横紋筋融解は、長時間の外科手術の合併症として報告されているが、口腔顎顔面外科の文献ではほとんど報告されていない。 横紋筋融解症の早期診断と治療は、腎不全などの長期合併症を避けるために重要である。 著者らは、長時間顎顔面外科手後に横紋筋融解症を発症した が、長期の後遺症を伴うことな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/22 07:10
高度と中等度の筋弛緩がロボット胃切除後の回復の質に及ぼす影響
・深い筋弛緩が中等度の筋弛緩よりも良好な術後回復をもたらすかどうかは依然として不明である。そこで、本研究では、ロボット胃切除術を受ける患者の術後回復の質に及ぼす高度筋弛緩 vs 中等度筋弛緩の効果を比較することを目指した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/22 07:03
■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2018/10/22
【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/22 06:57
小児急性呼吸窮迫症候群における一酸素化窒素吸入療法と ICU 死亡・28 日間無呼吸器日数
・研究目的は、小児急性呼吸窮迫症候群における一酸素化窒素吸入療法と ICU 死亡および、28 日間無呼吸器日数との間の関連性を調査することであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/20 07:42
カフェインは、ヒトのイソフルラン麻酔からの覚醒を早める:無作為化二重盲式クロスオーバー試験
・現在全身麻酔を拮抗する臨床的に利用可能な薬物はない。著者らは以前、カフェインがげっ歯類の麻酔からの覚醒を早めるできることを報告した。本研究は、カフェインがヒトの麻酔からの覚醒を早めるという仮説を検証するために実施された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/20 07:36
成人における術後咽頭痛を回避するためのエアロゾル化コルチコステロイド:系統的レビューとメタ分析
・術後咽頭痛は、患者の回復と満足度に悪影響を与える。著者らは、手術のための気管挿管を受ける成人で術後咽頭痛を予防する上でエアロゾル化コルチコステロイドの有効性と安全性を評価するための系統的レビューとメタ分析を行った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/19 07:42
肥満症手術における横紋筋融解症:系統的レビュー
・横紋筋融解症(RML)は、肥満症手術の稀な合併症である。RML を発症した肥満症手術を受けた病的肥満患者におけるリスク因子および患者転帰を同定するために、系統的レビューが行われた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/19 07:00
■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2018/10/19
【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/19 06:54
脊椎麻酔後のシバリング予防のためのケタミン、トラマドール、デキスメデトミジン使用の比較
・脊椎麻酔後のシバリングはよく見られる合併症であり、局所麻酔後の患者の 40〜70% に多くみられる。このシバリングは、その生理学的および循環動態効果とは別に、手術疼痛よりも不快であるとさえ記載されている。研究の目的は、脊椎麻酔後のシバリング予防のための静脈内(IV)ケタミン、デキスメデトミジン、トラマドールの予防的有効性を評価し、比較することであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/18 07:00
挿管後の咳嗽と合併症に及ぼす気管チューブカフ膨張に使用する空気、混合麻酔ガス、生食、リドカイン
・術後の咳嗽や咽頭痛は、全身麻酔中のよくある臨床的問題であり、気道に局所麻酔薬を散布したり、局部麻酔薬で気管チューブカフ(ETT)を膨張させたり、デキサメタゾンなどの静脈内薬剤を使用したり、ETT カフ圧を維持したり、経験豊富な麻酔科医による抜管などのいろいろな方法によって回避することができる。研究の目的は、全身麻酔中に、ETT カフを、空気、混合麻酔ガス、生食、2% リグノカインによって膨張させた後の、抜管後咳嗽反応、術中に必要としたカフエア脱気回数、術後の気道合併症(咽頭痛(2 時間と 18... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/18 06:58
■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2018/10/18
【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/18 06:53
術前トロポニン値と非心臓手術後の主要心臓有害事象と死亡率との関連性:系統的レビューとメタ分析
・循環血中にある心筋トロポニン値は、多くの臨床的状況において強力な予後予測因子であるが、非心臓手術後の転帰との関連性は不明である。本系統的レビューの目的は、非心臓手術を受ける患者群で、術前トロポニン上昇と術後重大有害心事象(MACE)および死亡率との関連性に関する現在のエビデンスをまとめることであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/17 07:17
筋弛緩剤の術中投与パターンの検討
・手術中に深い筋弛緩(NMB)の使用を記載する文献が増えている。NMB の深さの伝統的定義は、四連反応評価に依存しており、これは後ろ向き研究では信頼性が低くなる可能性がある。本研究の目的は、症例経過中に使用した NMBA 量を活用し、患者の体重と症例持続時間で合わせて調節された、NMB の深さの代理尺度として、筋弛緩剤(NMBA)の実際の投与パターンを調査することであった。著者らはまた、NMBA 用量が多い場合の症例因子を同定することを目的とした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/17 07:13
■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2018/10/17
【問題1】(医療英単語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/17 07:09
小児臍下外科手術におけるケタミンの有無による仙骨ブピバカインの術後鎮痛効果の比較
・小児の術後疼痛の管理と評価は、彼らが効果的に不快感を伝えることができないため、しばしば困難な作業である。仙骨麻酔は、術後鎮痛を提供する優れた手段である。本研究では、臍下外科手術を受ける小児で、仙骨に、ブピバカイン±ケタミンを投与した場合の術後鎮痛効果を比較した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/16 07:09
待機的帝王切開を受けた子癇前症患者の硬膜外レボブピバカインに硫酸マグネシウムを添加した場合の鎮痛効果
・マグネシウムは、NMDA 受容体の生理学的拮抗薬であり、カルシウムチャネル遮断薬である。本研究は、軽度の子癇前症で硫酸マグネシウム(MgSO4)を硬膜外麻酔に添加したときの鎮痛効果を試験するために考案された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/16 07:07
■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2018/10/16
【問題1】(麻酔科学用語) 以下の略語のフルスペルと意味を答えよ。 (1) CSF (2) RLF (3) FFP (4) PVC (5) ED ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/16 06:55
換気の機械的パワーは、重症患者の死亡率に関連している:2 つの観察コホートにおける患者の分析
・機械的パワー(MP)は、人工呼吸器誘発性肺傷害の発症に関連することが知られている変数を統一する可能性がある。本研究の目的は、少なくとも 48 時間、侵襲的換気を受ける重症患者における MP と死亡率との間の関連性を調査することである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/15 07:22
北アメリカ登録簿における周術期赤血球輸血と静脈血栓塞栓症との関連
・ますます多くのエビデンスが、生理的止血と病理学的血栓症における赤血球(RBC)の役割を支持している。周術期には通常赤血球が輸血される。しかし、術後血栓症との関連は不明である。本研究の目的は、手術 30 日以内の周術期 RBC 輸血と術後静脈血栓塞栓症(VTE)との関連について検討することであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/15 07:20
■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2018/10/15
【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/15 06:54

続きを見る

トップへ

月別リンク

麻酔科勤務医のお勉強日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる