リドカインは、大きな脊椎手術を受ける小児でセボフルラン消費量を減らし、回復経過を改善する

・手術中に静脈内リドカインを投与すると、術後の転帰が改善される。しかし、静脈内リドカインと揮発性麻酔薬必要量との関係を評価した研究はほとんどない。本研究では、大きな脊椎手術を受ける小児でリドカイン治療がセボフルランの消費量と術後意識障害に及ぼす影響を評価した。 ・患者は無作為にリドカインとプラセボ(対照)の 2 治療群に分けられた…
コメント:0

続きを読むread more

術後シバリングに対するアセトアミノフェンの周術期投与の効果:無作為化三重盲式プラセボ対照試験

・本無作為化三重盲式プラセボ対照試験では、周術期アセトアミノフェン投与が術後シバリングに予防効果があるという仮説を検証した。 ・婦人科開腹手術を予定されている 45 人の女性を、アセトアミノフェンまたはプラセボ群のいずれかに無作為に割り付けた。全身麻酔導入後、試験薬(アセトアミノフェン 15 mg/kg)またはプラセボ(0.9% …
コメント:0

続きを読むread more

術後肺合併症の予防のための麻酔中の呼気終末陽圧:無作為化対照試験の試験逐次分析によるメタ分析

・術中呼気終末陽圧(PEEP)が術後肺合併症のリスクを減らす可能性があるかどうかは議論の余地がある。術中の PEEP が手術を受ける麻酔患者で肺合併症を減少させるかどうかを調査するために、現在利用可能な文献の系統的レビューを行った。 ・PubMed、Embase、Cochrane Library を検索して、成人の術後肺合併症につ…
コメント:0

続きを読むread more

成人期の全身麻酔による手術への曝露は、高齢者の脳アミロイド沈着の増加と関連していない

・全身麻酔(手術/GA)による手術への暴露は、皮質の萎縮に関連付けられているが、病因は不明のままである。アミロイド-β(Aβ)沈着は、アルツハイマー病(AD)の顕著な病理学的特徴の 1 つである。手術/ GA にさらされた研究参加者の脳Aβ負荷を調べた。 ・著者らは、メイヨークリニック加齢研究において、年齢 70 歳から 97 歳…
コメント:0

続きを読むread more

病的肥満患者の挿管に際しての McGrathビデオ喉頭鏡 vs マッキントッシュ直接喉頭鏡検査:無作為化試験

・米国人口の 3 分の 2 が肥満であり、約 8% が病的肥満であると考えられている。肥満患者は、気道管理において臨床麻酔医に独特の課題を提示する場合がある。ビデオ喉頭鏡sは気道の可視化を向上させる可能性があり、これにより挿??管の成功が理論的に改善される。しかし、病的肥満患者におけるこれまでの研究は限られていた。そこで、McGrath…
コメント:0

続きを読むread more

腹臥位で換気された小児患者の術中無気肺に及ぼす定期的な肺胞加圧操作の効果:無作為化比較試験

・乳児では、腹臥位での全身麻酔後、しばしば酸素飽和度低下が起こる。腹臥位での全身麻酔後の乳児および小児の無気肺の予防における定期的な肺加圧の効果を評価することを目的とした。 ・腹臥位で全身麻酔(2 時間以上)を受ける小児(年齢<3 歳)を無作為化して、定期的な肺胞リクルートメントか、またはリクルートメントなしの標準ケアのいずれかを…
コメント:0

続きを読むread more

腹部骨盤手術後の退院時オピオイド処方に関する推奨事項:系統的レビュー

・腹部骨盤手術後の退院時オピオイド処方はいろいろで、しばしば過剰である。腹部骨盤外科医のためのガイダンスの欠如が、現在の処方が最適とはいえない状況を説明するかもしれない。本研究の目的は、退院時オピオイド処方、オピオイドの適切な廃棄、慢性的な術後オピオイド使用の予防に関する既存の推奨事項を体系的にレビューすることである。 ・この系統…
コメント:0

続きを読むread more

幼児に炭水化物の豊富な飲み物を摂取した後の胃内容排出の超音波検査評価:無作為化クロスオーバー研究

・ヨーロッパにおける最近のコンセンサス声明は、小児の清澄液の絶食時間を手術 の 1 時間前まで短縮できることを示唆している。ただし、清澄液の 1 時間の絶食時間が幼い小児でも安全であることを示す研究はまだ不足している。本研究の目的は、年齢 3〜7 歳の小児で炭水化物が豊富な飲み物と通常の 5% ブドウ糖溶液の胃内容排出時間を調査すること…
コメント:0

続きを読むread more

冠動脈バイパス移植を受ける患者の死亡率と臨床転帰に及ぼす揮発性麻酔薬の影響:無作為化臨床試験のメタ分析

・揮発性麻酔薬の術中使用が冠動脈バイパス術(CABG)を受ける患者の術後臨床転帰にプラスの効果をもたらすかどうかは不明のままである。そこで、CABG を受ける患者で揮発性麻酔の長期的および短期的死亡率と臨床転帰、全身静脈麻酔(TIVA)のそれと比較して体系的に分析することを目的とした。 ・著者らは、CABG を受ける患者で揮発性麻…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開患者の急性術後疼痛に対するアセトアミノフェン静注の鎮痛効果:無作為化二重盲検プラセボ対照試験。

・帝王切開分娩の割合は米国で増加している。満足な術後鎮痛は、依然として帝王切開の最優先事項である。オピオイド消費量の減少と患者満足度の改善を伴うマルチモーダル鎮痛は、この患者集団をケアする麻酔科医の目標である。著者らの研究では、24 時間にわたって 4 回に分けてアセトアミノフェンを静注し、帝王切開で脊柱管麻酔を行った患者の疼痛スコアと…
コメント:0

続きを読むread more

成人の鼡径ヘルニア修復における脊椎麻酔と全身麻酔の比較:系統的レビューとメタ分析

・鼡径ヘルニアの修復は、最も一般的に行われている外科手術の1つである。これまで、どの麻酔法を使用すべきかコンセンサスはない。このメタ分析の目的は、成人の鼡径ヘルニア修復における脊椎麻酔(SA) vs 全身麻酔(GA)の有効性を評価することであった。 ・2020 年 1 月以前に、PubMed、Embase、ScienceDirec…
コメント:0

続きを読むread more

マッキントッシュビデオ喉頭鏡を使用した直接喉頭鏡検査と間接喉頭鏡検査:加えられた力を比較するマネキン研究

・上気道損傷と交感神経の活性化は、喉頭鏡検査中に加えられる力に関連している可能性がある。標準化マネキン声門を直接的、および間接的な視覚化を使用して、喉頭鏡検査中に加えられた力を比較した。 ・力変換器は、従来の直視型喉頭鏡としても使用できるグライドスコープ T-MAC マッキントッシュスタイルのビデオ喉頭鏡の凹面に適用された。34 …
コメント:0

続きを読むread more

経験豊富な救急隊員が実施したさまざまな気道シナリオにおける直接喉頭鏡とビデオ喉頭鏡の比較:無作為化クロスオーバーマ…

・気道管理は、待機手術と緊急手術時の両方での麻酔診療と、救急医療に不可欠な役割を果たす。本研究の目的は、マッキントッシュ喉頭鏡(MAC)、McGrath、TruView PCD を 5 つの気道管理シナリオで比較することであった。 ・本前向きクロスオーバーシミュレーション研究には、93 人の救急隊員が対象となった。全救急隊員は、直…
コメント:0

続きを読むread more