術中フェンタニル投与と術後悪心/嘔吐および疼痛との関連:前向きコホート研究

・術後悪心嘔吐(PONV)は、患者が最も恐れる麻酔関連の影響の 1 つであり、退院を遅らせる可能性がある。スコアと危険因子は確立されているが、多くは現代的麻酔レジメンの前に、修正可能な麻酔関連変数に焦点を当てることなく開発された。本研究の目的は、現代的麻酔レジメンに関連して、術中フェンタニルの投与量と PONV、および 24 時間以内の…
コメント:0

続きを読むread more

整形外科の前腕手術後の術後回復の質に及ぼす麻酔の種類の影響

・術後回復の質は要因の影響を受ける可能性があるが、麻酔の種類がそれに影響を与えるかどうかについての調査はほとんどない。この単盲式前向き観察研究で、著者らは、整形外科の前腕手術を受ける患者の術後回復の質を全身麻酔と区域麻酔(腕神経叢ブロック)下で比較した。 ・年齢 18〜65 歳の 97 人の患者で整形外科の前腕手術を受けるASA-…
コメント:0

続きを読むread more

腹部手術でのレミフェンタニルは、予想外の不良な転機に関連している

・不十分な周術期疼痛治療は、術後慢性疼痛の発症が高度に予測される危険因子として知られている。レミフェンタニルは長短時間作用性のオピオイドで、迅速で効果的な鎮痛を提供するが、オピオイド誘発性疼痛過敏の誘発に関連している。これらのよく知られた特性にもかかわらず、この物質は、麻酔と、集中治療医学や産科などのさまざまな医療分野でますます使用され…
コメント:0

続きを読むread more

筋弛緩の自然回復の評価:TOF-Cuff と TOF WatchSX の比較

・TOF-Cuff は、筋弛緩のモニタリングに使用される改良型血圧カフである。著者らは、TOF-Cuff(試験器具)と TOF WatchSX(参照器具)の筋弛緩の自然回復の評価を比較した。 ・待機的手術を受ける年齢 18〜65 歳の 40 人の患者を登録し、TOF-Cuff を上腕に、TOF WatchSX を反対側の拇指に装着…
コメント:0

続きを読むread more

高齢者における全身麻酔下での手術への曝露と脳磁気共鳴画像の変化

・前臨床研究は、全身麻酔(GA)への暴露がアルツハイマー病(AD)の病理に一致する神経変性を引き起こす可能性があることを示唆している。脳の磁気共鳴画像(MRI)は、脳の構造変化を研究するのに役立つ。GA 下の手術(手術/GA)への曝露は、皮質の浅薄化増長と白質病変の頻度増加に関連しているという仮説を検証した。 ・これは、ベースライ…
コメント:0

続きを読むread more

手術患者の肺保護換気:国際専門家パネルに基づくコンセンサス勧告

・術後肺合併症(PPC)は頻繁に発生し、相当な合併症率と死亡率に関連付けられている。肺保護換気戦略を術中に使用することで PPC の減少を達成できることを示すエビデンスがあるが、周術期管理に関するコンセンサスは確立されていない。 ・著者らは、国際コンセンサス作成会議で、手術患者の肺保護の推奨事項を決定しようとした。7 人の専門家が…
コメント:0

続きを読むread more

肩関節形成術後の術後疼痛管理のためのワンショット vs 持続的斜角筋間ブロック:前向き無作為化臨床試験

・局所麻酔薬の持続カテーテル注入は、人工肩関節手術後の局所麻酔の有効性を拡張する。著者らの目的は、連続斜角筋間ブロック(CIB)と単回斜角筋間ブロックを比較することであり、仮説は、これらは人工肩関節形成術患者において同様の安全性と有効性を提供するというものであった。 ・76 人の患者は、人工肩関節形成術後のロピバカイン単回斜角筋間…
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける患者の麻酔導入時の胃送気に及ぼす異なる換気量でのフェイスマスク換気の効果

・研究の目的は、異なる換気量のフェイスマスク換気を使用して、腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける患者の麻酔導入時の胃内ガス注入の発生を比較するであった。 ・これは、2018 年 1 月から 2018 年 6 月までに全身麻酔下に腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける 54 人の患者の前向き研究である。麻酔導入中に、6ml/kg(V6 群)、8 ml/k…
コメント:0

続きを読むread more

下肢切断のための区域麻酔の使用は、周術期の昇圧薬の必要性を減らす可能性がある:傾向スコアを一致させた観察研究

・下肢切断(LEA)は、術後死亡リスクが高いことに関連している。麻酔の種類が術後死亡率に及ぼす影響は、さまざまな手術で研究されている。ただし、LEA に最適な麻酔法の選択を導くためのデータは限られている。本研究の目的は、LEA を受ける糖尿病および/または末梢血管疾患患者の周術期転帰に及ぼす麻酔の種類の影響を調査することであった。 …
コメント:0

続きを読むread more

静脈内患者管理鎮痛法を受ける間、腹腔鏡下肥満症手術後 24時間における中程度から重度の痛みの危険因子

・研究の目的は、腹腔鏡下肥満症手術後の 24 時間における中程度から重度の痛みの発生率と危険因子を調査することであった。 ・本後ろ向き研究には、2016 年 6 月から 2018 年 7 月までに単施設で腹腔鏡袖状胃切除術か、または Roux-en-Y 胃バイパス術を受けた病的肥満患者が含まれた。麻酔回復室(PACU)と病棟で分析…
コメント:0

続きを読むread more

閉塞性睡眠時無呼吸の高リスク小児におけるアデノイド扁桃摘出術後呼吸器合併症:後ろ向きコホート研究

・閉塞性睡眠時無呼吸は、小児の 1〜4% で発生する。アデノイド扁桃摘出術は効果的な治療法である。死亡/重度脳損傷は、アデノイド扁桃摘出術の 0.6/10,000 で発生する。小児では、60% が気道/呼吸器症状に続発する。これまでの研究では、年齢 2 歳未満の小児、極端な体重、頭蓋顔面、神経筋、心臓/呼吸器疾患といった併存合併症、重度…
コメント:0

続きを読むread more

小児の覚醒時興奮に及ぼすケタミンの効果:系統的レビューとメタ分析

・ケタミンは、手術や処置を受ける小児の覚醒時興奮の発生率を低下させると考えられている。しかし、最近の無作為化比較試験では、相反する結果が報告された。本研究の目的は、小児の覚醒時興奮に及ぼすケタミンの効果を調査することであった。 ・MEDLINE、EMBASE、CENTRAL のデータベースを創始日から 2019 年 2 月まで体系…
コメント:0

続きを読むread more

数十年ぶりの自炊!その53:超簡単なサラダ用ドレッシング(その2)

前回の記事を書いたときに、いろいろと〇ックパッドのドレッシングのレシピを見ていて、「サラダを作ってから、ドレッシングを切らしていたことに気付いて・・・」、仕方がないので、あり合わせの材料を自分で調合してみたら「これってイケル!」ってことで、レシピ投稿に至ったものがけっこうあった。 ドレッシングは、基本的に「酢」と「油」、その他の調…
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管困難の管理:クローズドクレーム分析

<このトピックについてすでに知っていること> 挿管困難または失敗は、患者の合併症率と麻酔科医の責任の主な原因である。更新された気道管理ガイドラインと新しい気道器具の実臨床への組み込みは、患者の転帰に影響を与える可能性がある。 <この記事が教えてくれる新しいこと> この記事では、麻酔クローズドクレームプロジェクトデータベースを使…
コメント:0

続きを読むread more

高流量鼻酸素は、全身麻酔を受ける病的肥満患者の安全な無呼吸時間を改善する:無作為化対照試験

・全身麻酔を受ける病的肥満患者は、麻酔導入中に低酸素血症のリスクがある。麻酔導入中の高流量経鼻酸素化の使用は、非肥満症手術患者の安全な無呼吸時間を延長する。著者らの研究の主な目的は、病的肥満の手術患者において、麻酔導入中に高流量経鼻酸素化と従来型フェイスマスク酸素化を行った患者との間で、安全な無呼吸時間を比較することであった。 ・…
コメント:0

続きを読むread more

股関節形成術を受けた患者の血液流動性に及ぼす術後患者管理鎮痛の影響

・研究の目的は、患者管理鎮痛(PCA)が股関節形成術を受けた患者の血液流動性の改善に寄与するという仮説を検証することであった。 ・脊椎麻酔下に股関節形成術を受けた年齢 60〜75 歳の 120 人の患者を、無作為に PCA 群(n=60)と対照群(n=60)に分けた。PCA 群の患者は、術後 3 日間 PCA を受けた。正中肘静脈…
コメント:0

続きを読むread more