脊柱管麻酔と全身麻酔:経尿道的前立腺切除術後の 30 日死亡率の比較

・本研究の目的は、経尿道的前立腺切除術(TURP)において、脊柱管麻酔(NAX)または全身麻酔(GA)を受けた患者のコホートにおいて、30 日死亡率およびその他の術式に関連する罹患率の発生を検討することである。歴史的に、TURP を受ける患者には、意識のモニタリングと希釈性低ナトリウム血症の早期診断を可能にする NAX が推奨されてきた…
コメント:0

続きを読むread more

脊椎手術中の運動誘発電位(MEP)のベースラインモニター性に対する吸入麻酔薬の影響:22,755 件の頸椎および腰…

・脊椎手術の際、運動誘発電位(MEP)は、脊髄機能と脊髄神経根・神経叢機能の両方をモニターするためにしばしば使用される。脊髄機能をモニターするための MEP の信頼性に及ぼす麻酔薬の影響を評価した報告はあるが、脊髄神経根や神経叢機能をモニターするための MEP の能力に及ぼす麻酔薬の影響についてはあまり知られていない。本研究の目的は、頸…
コメント:0

続きを読むread more

成人における全身麻酔後のフェンタニル誘発性咳嗽の危険因子:中国の単施設における後ろ向き研究

・全身麻酔導入時のフェンタニル誘発性咳嗽(FIC)と術後悪心嘔吐はよく見られる合併症であるが、FIC の危険因子については依然として議論がある。本研究は、中国の単施設で行われ、成人の全身麻酔後のフェンタニル誘発性咳嗽の危険因子を調査することを目的とした。 ・待機手術を受ける成人患者 601 名を登録し、全身麻酔導入時の FIC の…
コメント:0

続きを読むread more

脳波ガイド下での麻酔管理が 1年後の死亡率に及ぼす影響:無作為化臨床試験の 1年後の追跡調査

・術中の脳波抑制時間は、術後せん妄や死亡率と関連している。EEG 抑制を回避するための麻酔調節を検証した臨床試験では、介入によって術後せん妄の発生率は低下しなかったが、30 日後の死亡率の低下と関連していた。本研究では、脳波導入による麻酔介入が引き続き 1 年後の死亡率低下と関連しているかどうかを評価した。 ・本論文では、単施設で…
コメント:0

続きを読むread more

低カフ圧の Ambu AuraGain、高カフ圧の Ambu AuraGain、および i-gel の術後上気道合…

・術後の上気道合併症は、声門上気道器具(SAD)の使用で頻繁に遭遇する。カフ圧は、SAD による上気道合併症の危険因子の一つである。SAD の中でも、i-gel は発生率が低いことがわかっている。カフ圧の差が術後上気道合併症の発生率に及ぼす影響は、Ambu AuraGain では知られておらず、この点で Ambu AuraGain と …
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/07/21

■ これって常識? ■下垂体性甲状腺機能低下症には,まずグルココルチコイド,その後に甲状腺ホルモン剤を投与せよ! 1)甲状腺機能低下症には,橋本病に代表される原発性甲状腺機能低下症と視床下部下垂体系の低下による二次性甲状腺機能低下症がある. 2)甲状腺ホルモン低下(T3,T4)と甲状腺刺激ホルモン(TSH)低下をみた場合,TS…
コメント:0

続きを読むread more

米国における非心臓手術時の全身麻酔維持のためのプロポフォール(ディプリバン)と吸入麻酔薬の費用対効果について

・術後悪心嘔吐(PONV)の発生率を減少させるためにプロポフォールによる全静脈麻酔(TIVA)を使用することが費用対効果に優れているかどうかは不明である。著者らは、米国の医療システムに関連する外来および入院患者の成人患者を対象に、プロポフォール TIVA と吸入麻酔の経済的影響を評価した。 ・2 つのモデルで、米国成人手術患者を対…
コメント:0

続きを読むread more

子宮鏡検査後の短期的な痛みに対するリドカイン静脈内投与の効果:無作為化臨床試験

・内視鏡手術におけるリドカイン静注の役割は、これまでに痛みの軽減と回復について評価されてきた。最近では、内視鏡的粘膜下層剥離術を受ける患者の術後疼痛とオピオイドを軽減することが示されている。内視鏡的粘膜下層剥離術と同様に、子宮鏡下手術も自然腔内で行う内視鏡手術である。本研究は無作為化臨床試験で、子宮鏡下手術を受ける患者にリドカインを静注…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/07/19

【問題1】(心臓・血管) 超音波診断装置について正しいのはどれか。 ア:電子コンベックス走査方式は、腹部検査に最も適している。 イ:複数の波の相互作用による影響を波の干渉と呼ぶ。 ウ:電子リニア走査方式は、体表臓器や血管検査に用いられている。 エ:音響陰影とは、超音波が音響インピーダンスの大きい物にほとんど反射されるため…
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折手術を 36 時間以内に行うと、30 日および 1 年後死亡率が低下する

・現在、アイルランドの股関節骨折基準[IHFS]では、入院後 48 時間以内の手術猶予時間[TTS]を推奨している。本研究の目的は、TTS と 30 日または 1 年後の死亡率との間に統計的に有意な関係があるかどうかを調べ、手術までの時間を 48 時間とすることが依然として最も適切な推奨であるかどうかを評価することである。 ・本研…
コメント:0

続きを読むread more

急性期手術患者における術中の末梢灌流指標と術後の罹患率および死亡率との関連性:後ろ向き観察に基づく多施設コホート研究

・著者らは、急性期のハイリスク手術患者において、術中の末梢灌流指標(PPI)が低いと、術後合併症や死亡率のリスクが高いことを示すという仮説を立てた。 ・本後ろ向き観察研究では、デンマークの大学病院 2 施設において、2017 年 11 月から 2018 年 10 月までの急性期ハイリスク手術患者 1338 例を対象とした。術中 P…
コメント:0

続きを読むread more

空腹の肥満患者における胃超音波による胃残留量の評価: 比較研究

・胃超音波は、胃の内容物と容積を術前に評価するための新しいツールである。本研究の目的は、待機手術を予定している正常体重と肥満の患者の胃残留容積を評価することであった。 ・本前向き観察研究は、100 名の患者を 50 名ずつの 2 群に分けて実施した。肥満群には、BMI が 30〜40 で ASAーPS II の患者と、BMI が …
コメント:0

続きを読むread more

頭蓋内動脈瘤手術後の転帰に対する静脈内麻酔と吸入麻酔の比較試験:前向き無作為化対照試験

・頭蓋内動脈瘤頸部クリッピング術の麻酔維持には、静脈麻酔薬と吸入麻酔薬の両方がよく使用されている。著者らは、これらの患者の長期的な神経学的転帰について、一方の薬剤の他方に対する優位性を評価することを目的とした。 ・本前向き評価者盲式無作為化試験は、年齢 18〜65 歳の世界脳神経外科連合グレード I-II のくも膜下出血患者 10…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開における坐位と側臥位での脊椎麻酔が知覚遮断の発現時間と血行動態に及ぼす影響の比較検討:無作為化臨床試験

・脊椎麻酔は帝王切開の際に選択される方法である。低血圧症はこの方法のよく見られる合併症である。本研究は、帝王切開において、坐位と側臥位での脊椎麻酔が知覚遮断の発現時間と血行動態に及ぼす影響を比較することを目的とした。 ・本臨床試験では、脊椎麻酔による待機的帝王切開の候補者 106 名を選び、坐位での脊椎麻酔(S 群)と側臥位での脊…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/07/14

【問題1】(腎機能) クレアチニンクリアランスで正しいのはどれか。 ア:腎の糸球体濾過機能の検査である。 イ:正常値は110〜150ml/分である。 ウ:年齢の補正を必要とする。 エ:2時間と24時間の蓄尿では、測定値に差がある。     ▼     ▼     ▼ [解説] 血中クレアチニンは短…
コメント:0

続きを読むread more

外傷性脳損傷患者の臨床転帰に対する術中肺保護換気の効果:無作為化比較試験

・二次的な肺障害は、外傷性脳損傷(TBI)後の最もよく見られる非神経学的合併症である。肺保護換気(LPV)は、一部の重症患者において周術期酸素化と肺コンプライアンスを改善することが証明されている。本研究では、緊急の TBI 患者において、術中の LPV が呼吸機能を改善し、術後合併症を予防できるかどうかを調査することを目的とした。 …
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/07/13

【問題1】(酸塩基平衡) 正しいのはどれか。 ア:pHが等しいときPCO2が高いほど[HCO3-]/PCO2は大きい。 イ:NaHCO3を投与すると一過性にPCO2は低下する。 ウ:PCO240mmHgは約6.3kPaである。 エ:pH7.40、PCO240mmHgのとき血漿[HCO3-]は約24.5mmol/lである。…
コメント:0

続きを読むread more

硬膜外麻酔と全身麻酔を併用した場合と全身麻酔のみの場合の長期生存率:無作為化試験の追跡調査

・硬膜外-全身麻酔の併用は、麻酔薬やオピオイド消費量量を減らし、手術に関連する炎症を鈍らせることで、癌手術後の長期生存率を向上させる可能性があることが、実験的・観察的研究で示唆されている。そこで本研究では、高齢者において硬膜外-全身麻酔併用療法が長期生存を改善するという主要仮説を検証した。 ・本論文は、5 つの病院で実施された過去…
コメント:0

続きを読むread more