小児 ICUでの心疾患存在下での気管挿管の安全性

・CHD と後天性心疾患の小児は、独特でリスクの高い生理学的状態を有している。非心疾患の小児と比較して、気管挿管に関連する有害事象のリスクが高い可能性がある。 ・非心疾患の小児と比較して、心疾患小児の気管挿管に関連する有害事象の発生を評価しようとした。国際的な小児 ICU 38 室から得た気管挿管の後ろ向き的分析は、全国小児緊急気…
コメント:0

続きを読むread more

下肢手術中のアヘン中毒患者と健常者の脳脊髄液および脊椎麻酔パラメータ

・これまでの研究は、手術のために脊椎麻酔を受ける非中毒患者と比較して、中毒者では、疼痛閾値が低く、脊椎麻酔持続時間が短く、知覚ブロックレベルが低いことが報告されている。さらに、血液ガスと脳脊髄液(CSF)も同様に影響を受ける可能性があった。本研究の目的は、下肢手術中の依存症患者と非依存症患者の脳脊髄液と脊髄パラメーターを評価することであ…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/07/02

■ これって常識? ■失神の原因は,迷走神経反射,不整脈が多く,脳血管障害は少ない 1)救急外来などで一過性意識消失発作(失神)をみた場合,脳血管障害をはじめとする頭蓋内病変を想定して,初めに頭部 CTを撮る場合が多いが,失神の原因は,原因不明のものを除けば一番多いのが迷走神経反射,起立性低血圧(32%)で,不整脈による失神(…
コメント:0

続きを読むread more

全関節形成術におけるアセトアミノフェンの有効性と安全性:系統的レビューと直接メタ分析

・経口および静脈内(IV)アセトアミノフェンは、初回人工関節全置換術(TJA)のマルチモーダル疼痛管理プロトコルの一部として、周術期に広く使用されるようになった。著者らの研究の目的は、米国股関節および膝外科医協会、米国整形外科医学会、股関節学会、膝学会、および米国区域麻酔と疼痛管理学会の統合臨床診療ガイドラインを支持するアセトアミノフェ…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/07/01

【問題1】(筋弛緩) 非脱分極性筋弛緩薬投与時の筋弛緩モニターについて正しいのはどれか。 ア:単収縮高(0.1Hz刺激)の減少はアセチルコリン受容体の75%が遮断されてからである。 イ:四連刺激(TOF)におけるT4の消失は単収縮高の75%抑制に匹敵する。 ウ:TOF比が0.75以上あれば気管内チューブ抜管に必要な筋力が回…
コメント:0

続きを読むread more

成人における迅速導入の現行診療:スペイン麻酔科医の全国調査

・成人の迅速(RSI)は、薬理学的および技術的な進歩により、近年変化を遂げている。この調査の目的は、スペインの麻酔科医の間で現行診療を評価することであった。 ・RSI の実践に関する 31 項目のアンケートが、スペインの公立病院で働く麻酔科医に送信された。病院の種類または回答者の経験に応じた反応の差は、カイ二乗およびフィッシャーの…
コメント:0

続きを読むread more

小児虫垂炎における術後オピオイド使用の増加に関連する術前オピオイド

・現在のオピオイド最小化の取り組みに照らして、小児虫垂炎患者の術後オピオイド必要量を予測する要因を特定することを目的とした。 ・2018 年 1 月 1 日から 2019 年 4 月 30 日までに急性虫垂炎に対して腹腔鏡下虫垂切除術を受けた小児(年齢 18 歳未満)の単施設後ろ向きコホート研究が行われた。開腹またはインターバル…
コメント:0

続きを読むread more

慢性オピオイド乱用は脳萎縮に関連しているか?観察研究

・レクリエーション薬物乱用は、中枢神経系に有害な影響を与える重症の健康問題である。ニューロイメージングは、薬物乱用に関連する脳のこれらの異常な変化の検出に極めて重要な役割を果たす。本研究は、オピオイド中毒患者の脳萎縮の等級付け、およびそれらと年齢、およびオピオイド乱用期間との関連性に焦点を当てている。研究の目的は、三次医療病院の集中治療…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/06/29

【問題1】(局所麻酔) 末梢神経について正しいのはどれか。 ア:交感神経節前線維は有髄である。 イ:交感神経節後線維は無髄である ウ:Aδ線維は触覚、圧覚をつかさどる。 エ:Ranvier絞輪にナトリウムチャネルが多い。 オ:侵害刺激はAβ、Aδ、C線維で伝わる。     ▼     ▼     …
コメント:0

続きを読むread more

冠動脈バイパス術前の無症候性頸動脈狭窄の保存的管理と頸動脈内膜剥離術:後ろ向き研究

・著者らの後ろ向きな単施設研究は、CABG の前に未治療の無症候性頸動脈狭窄≧60% の患者と比較して、頸動脈内膜剥離術(CEA)の安全性を評価することを目的としている。 ・この単施設後ろ向き研究には、2004 年から 2017 年までに CABG で治療された無症候性の片側性頸動脈狭窄症の 174 人の患者が含まれた。そのうち …
コメント:0

続きを読むread more

胸部外科におけるダブルルーメン気管挿管のためのビデオ喉頭鏡と直接喉頭鏡検査の比較-無作為化対照臨床試験

・胸腔手術や肺分離を必要とするその他の手術には、ダブルルーメンチューブ(DLT)挿管が必要である。ただし、DLT 挿入は複雑であり、気道外傷を引き起こす可能性がある。薄いブレードを備えた新しいビデオ喉頭鏡(GVL)は、DLT 挿管のための従来の直接喉頭鏡検査(DL)と比較して、挿管時間を改善し、複雑さと医原性気道合併症を軽減する可能性が…
コメント:0

続きを読むread more

人工股関節全置換術におけるトラネキサム酸の異なる用量と投与経路の有効性

・本研究の目的は、初回セメントレス人工股関節全置換術(THR)において、トラネキサム酸(TXA)を使用した場合の治療効果、安全性、費用対効果、投与経路と投与量の優位性を示すことである。 ・本前向き無作為化二重盲式試験では、200 人の患者をそれぞれ 40 人の患者からなる 5 群に分けた。プラセボ群は TXA を投与されなかった。…
コメント:0

続きを読むread more

褐色細胞腫-傍神経節腫の手術を受ける患者で術中低血圧は術後合併症の増加と関連している:後ろ向きコホート研究

・褐色細胞腫または傍神経節腫の手術中に、劇的な血行動態の変動が頻繁に発生する。ただし、術中の血行動態の不安定性の基準はさまざまであり、それらのほとんどは患者の予後に従ってではなく、任意に定義されていた。目的は、褐色細胞腫または傍神経節腫の手術を受ける患者で、異なる閾値、術中高血圧/低血圧の期間と術後合併症のリスクとの関係を分析することで…
コメント:0

続きを読むread more

寛骨臼周囲骨切り術後の疼痛、オピオイド使用、在院期間に及ぼす早期硬膜外中止の影響

・寛骨臼骨切り術(PAO)は症候性寛骨臼異形成の治療の標準治療である。寛骨臼異形成のために PAO を受ける患者は、硬膜外鎮痛で管理できる術後疼痛がある。本研究の目的は、硬膜外鎮痛の中止のタイミングが疼痛、オピオイド使用、入院期間(LOS)に及ぼす影響を評価することであった。研究の仮説は、術後 1 日目(POD1)での硬膜外カテーテル抜…
コメント:0

続きを読むread more