腹腔鏡下胆嚢摘出術における低圧気腹:無作為化対照試験

・研究の目的は、低圧気腹腹腔鏡下胆嚢摘出術(LPPLC、7 mmHg)における肝酵素と外科医の快適度の変化を、正常圧気腹腹腔鏡下胆嚢摘出術(NPPLC、14 mm Hg)と比較することであった。 ・82 人の患者を無作為に 2 群(LPPLC 群と NPPLC 群)に分けた。ビリルビン、血清 GOT、血清 GPT、ALP、LDH …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工呼吸器を装着した小児の無気肺の発症に及ぼすいろいろな吸入酸素濃度の影響:無作為化比較試験

・吸入酸素濃度(FI O2)が高いと、直接的な肺毒性と肺合併症を引き起こす可能性がある。本研究の目的は、肺超音波を使用して人工呼吸器を装着した小児で、術中無気肺の発生に及ぼす異なる FI O2 の効果を評価することであった。 ・本無作為化対照、患者と超音波検査者盲式試験で、86 人の小児(年齢 6 歳以下)が非心臓手術を受け、低(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔導入時の「前酸素化」についての MCQ 問題

【問題】 麻酔導入時の「前酸素化」についての記述で、間違っているのはどれか? a.麻酔マスクをヘッドバンドで隙間なく顔面に押し当てるようなことはしてはいけない。 b.パルスオキシメーターの酸素飽和度が 100% であれば十分な前酸素化が行われたことを意味する。 c.十分な前酸素化を行うことで、リスクのない患者であれば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血管内手術における局所脳酸素飽和度と術後せん妄:前向きコホート研究

・せん妄は急性精神障害であり、よく見られる術後合併症である。血管内治療手術で局所脳酸素飽和度(rSO2)をモニターすることで、脳酸素飽和度低下をリアルタイムで監視し、重症の脳機能障害を回避し、せん妄の発生率を減らしうる。著者らは、血管内手術を受ける患者のせん妄の発生率を調査しようとした。 ・これは臨床コホート試験であった。著者らは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術前の鎮静催眠薬の使用と術後の有害転帰

● 術前の鎮静催眠薬の使用はよく見られるが、術後転帰への影響は不明である。特にオピオイドと併用した場合、鎮静催眠薬の術前使用は、一般的な外科手術後の有害転帰のリスクを高める。 ・研究の目的は、術前のベンゾジアゼピンと非ベンゾジアゼピン受容体作動薬(「Z 薬」)の使用と術後有害転帰との関連を明らかにすることであった。ベンゾジアゼピン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ラリンジアルマスク」についての MCQ 問題

【問題】 ラリンジアルマスクについての記述で、間違っているのはどれか? a.ラリンジアルマスクの最適カフ圧は 60cmH2O である。 b.ラリンジアルマスクに塗布する潤滑剤としてはリドカインゼリーが推奨されている。 c.ラリンジアルマスクのカフ圧は高いほど、口腔咽頭リーク圧が高くなる。 d.亜酸化窒素を使用した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後せん妄は、長期的な日常生活動作の低下と関連している

このトピックについてすでに知っていること:術後せん妄はよく見られるが、その長期的転帰についてはは不明のままである この記事が教えてくれる新しいこと:登録された患者の約 4 分の 1、平均年齢 80 歳は、主要な待機的かつ緊急の主要な整形外科手術後にせん妄を発症した。2〜3 年後の日常生活動作と 3 年後の死亡率は、ともに、せん妄を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一般病棟での気管挿管の初回試行に際してのビデオ喉頭鏡検査 vs 直接喉頭鏡検査

・最近の試験では、ビデオ喉頭鏡(VL)は直接喉頭鏡(DL)よりも初回の気管挿管成功率が高くなく、合併症の発生率が高いことが示された。気管挿管は、集中治療室よりも一般病棟の方が難しい場合がある。本研究の目的は、どの喉頭鏡検査モードが一般病棟での初回挿管成功率の増加に関連するかを調査することである。 ・これは、三次大学関連病院で実施さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スタイレット」についての MCQ 問題

【問題】 挿管時に使用する金属スタイレットについての記述で、間違っているのはどれか? a.気管挿管時に使用する金属スタイレットは、金属疲労のため使用限度が 30 回程度と耐用期間が設定されている。 b.気管挿管時のスタイレットの使用は、術後咽頭痛の発生率を増加させる。 c.スタイレット抜去時に強い力で引き抜くと術後咽頭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HEAVEN 基準は、直接喉頭鏡検査とビデオ喉頭鏡検査の両方で、喉頭鏡視野と挿管成功を予測する:コホート分析

・既存の困難気道予測ツールは、緊急挿管には実用的ではなく、生理学的データを取り入れていない。HEAVEN 基準(低酸素血症、極端なサイズ、解剖学的問題、嘔吐/血液/液体、出血、頚部可動性)は、緊急の迅速挿管(RSI)に際してより意義がある可能性がある。 ・後ろ向き分析には、航空医療 RSI 患者を含めた。RSI 前に HEAVEN…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳児の麻酔導入中の低酸素血症、徐脈、喉頭鏡検査複数回試行:単施設、後ろ向き研究

このトピックについては既に知っていること:乳児の気管挿管の成功は、年長の小児や成人と比べて解剖学的構造や生理学が異なるため、習得が難しい技術である可能性がある この記事が教えてくれる新しいこと:小児科四次大学関連施設で、待機的気管挿管を受ける健康な乳児の 16% で複数回の喉頭鏡検査が行われた。また、麻酔導入時に酸素飽和度測定値<…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後咽頭痛における局所マグネシウムの役割:無作為化対照試験の系統的レビューとメタ分析

・術後咽頭痛(POST)は、気管挿管のよく見られる望ましくない結果である。N-メチル-D-アスパラギン酸受容体拮抗薬であるマグネシウムは、抗侵害受容特性と抗炎症特性を持ち、さまざまな試験で POST 予防に役立つことがわかっている。この系統的レビューとメタ分析を実施して、単腔気管チューブによる全身麻酔下で手術を受ける成人患者の POST…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盲目的挿管用の導管としての新しい第 2 世代声門上気道器具(Ambu AuraGain)vs 挿管用ラリンジアルマ…

・Ambu AuraGain は、挿管を容易にするようにデザインされた、胃チャネルを備えた新しい使い捨て声門上気道器具である。本研究の目的は、Ambu AuraGain を使用して適切な留置と挿管の成功率を、挿管用ラリンジアルマスク(ILMA)と比較することである。 ・本前向き無作為化比較研究に 120 人の患者(年齢 18〜 6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年齢 1〜12 歳のプロポフォール麻酔下小児におけるバイスペクトル指数の変動:観察研究

・バイスペクトル指数(BIS)の使用は小児麻酔で広まっているが、プロポフォール麻酔下の小児の年齢に応じて BIS がどのように変化するかを詳細に評価しようとした研究はほとんどない。本前向き研究は、BIS 値とプロポフォール麻酔下の 1〜12 歳の小児の年齢との正確な関係を調査することを目的としている。 ・本研究では、麻酔下で手術を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「McGRATH MAC」についての MCQ 問題

【問題】 McGRATH MAC についての記述で、間違っているのはどれか? a.McGRATH MAC の名称の「MAC」は、マッキントッシュ型のブレードであることを指している。 b.McGRATH MAC は、通常、マッキントッシュ直接喉頭鏡と同じように右口角からブレードを挿入する。 c.McGRATH MAC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more