術後咽頭痛における局所マグネシウムの役割:無作為化対照試験の系統的レビューとメタ分析

・術後咽頭痛(POST)は、気管挿管のよく見られる望ましくない結果である。N-メチル-D-アスパラギン酸受容体拮抗薬であるマグネシウムは、抗侵害受容特性と抗炎症特性を持ち、さまざまな試験で POST 予防に役立つことがわかっている。この系統的レビューとメタ分析を実施して、単腔気管チューブによる全身麻酔下で手術を受ける成人患者の POST…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盲目的挿管用の導管としての新しい第 2 世代声門上気道器具(Ambu AuraGain)vs 挿管用ラリンジアルマ…

・Ambu AuraGain は、挿管を容易にするようにデザインされた、胃チャネルを備えた新しい使い捨て声門上気道器具である。本研究の目的は、Ambu AuraGain を使用して適切な留置と挿管の成功率を、挿管用ラリンジアルマスク(ILMA)と比較することである。 ・本前向き無作為化比較研究に 120 人の患者(年齢 18〜 6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年齢 1〜12 歳のプロポフォール麻酔下小児におけるバイスペクトル指数の変動:観察研究

・バイスペクトル指数(BIS)の使用は小児麻酔で広まっているが、プロポフォール麻酔下の小児の年齢に応じて BIS がどのように変化するかを詳細に評価しようとした研究はほとんどない。本前向き研究は、BIS 値とプロポフォール麻酔下の 1〜12 歳の小児の年齢との正確な関係を調査することを目的としている。 ・本研究では、麻酔下で手術を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「McGRATH MAC」についての MCQ 問題

【問題】 McGRATH MAC についての記述で、間違っているのはどれか? a.McGRATH MAC の名称の「MAC」は、マッキントッシュ型のブレードであることを指している。 b.McGRATH MAC は、通常、マッキントッシュ直接喉頭鏡と同じように右口角からブレードを挿入する。 c.McGRATH MAC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎮痛効果-腰椎椎間板切除後の間歇的および患者管理鎮痛ポンプによるパラセタモールの比較:前向き臨床研究

・腰椎椎間板切除術は、椎間板ヘルニアの最も一般的な外科治療である。術後痛は、入院期間、機能状態、患者の生活の質に大きく影響するよくある臨床上の問題である。本研究の目的は、単椎間腰椎椎間板切除術後の間歇的および患者管理鎮痛(PCA)ポンプによるパラセタモールの術後鎮痛効果を比較することであった。 ・腰仙椎の磁気共鳴像により診断された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胃癌に対する腹腔鏡下および開腹胃全摘術の短期転帰:全国的な後ろ向きコホート分析

・腹腔鏡下胃全摘術は徐々に人気が高まっている。ただし、これまでの研究では、被験者数が少ないこともあり、手術の安全性と利点に関して矛盾する結果が生じている。本研究の目的は、胃癌の腹腔鏡下および開腹胃全摘術の短期転帰を比較することであった。 ・全国の入院患者データベースを使用して、2010 年 7 月から 2017 年 3 月までの臨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロピバカイン vs レボブピバカイン:出産時の脊髄硬膜外麻酔の鎮痛効果、新生児のアプガースコアならびに母体バイタル…

・本研究の目的は、分娩時の脊髄硬膜外併用麻酔におけるロピバカインまたはレボブピバカインの鎮痛効果と安全性、新生児アプガースコア、ならびに母体と新生児のバイタルサインに及ぼす影響を調査、比較することであった。 ・2016 年 4 月から 2017 年 3 月までに分娩を受けた合計 615 人の妊婦は、出産時の脊髄硬膜外麻酔に使用され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

低侵襲甲状腺副甲状腺手術のための Protector ラリンジアルマスクと気管チューブの比較

・咽頭喉頭症状は、頚部手術後の主な関心事である。Protector LMAは、新しい声門上気道器具である。本研究の主な目的は、LMA Protector の適用により、低侵襲甲状腺全摘術と副甲状腺摘出術後の気管チューブの使用よりも咽頭症状が少ないかどうかを評価することであった。 ・本前向き無作為化比較試験では、2017 年 1 月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超音波ガイド下鎖骨下腕神経叢ブロック:外側矢状アプローチと肋鎖アプローチの前向き無作為化比較

・最近、肋鎖(CC)空間における鎖骨下腕神経叢ブロック(BPB)が概則矢状(LS)アプローチの制限のいくつかを克服することが提案された。本研究では、CC アプローチが LS アプローチよりも腕神経叢の 4 つの主要な末端神経の知覚遮断の発現が速いと仮定した。 ・BPB 下に待機的上肢手術を受ける 40 人の患者は、鎖骨下 BPB …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児の覚醒せん妄は、術中のバーストサプレッションとは関係ない-前向き観察電位記録研究

・病態生理学的背景は不明のままであるが、覚醒せん妄は全身麻酔から回復中の小児の最も頻繁にみられる脳機能障害である。今回の研究では、覚醒せん妄と、全身麻酔中の非常に深い催眠の期間の脳波である術中バーストサプレッション活動との関連を分析した。 ・ドイツのベルリン、シャリテ大学病院での本前向き観察コホート研究は、予定手術を受ける年齢 0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎖骨上と肋鎖腕神経叢ブロック後の同側片側横隔膜麻痺:無作為化観察者盲式試験

・肋鎖腕神経叢ブロック(BPB)は、外側矢状アプローチよりも知覚運動遮断の発現が速い。ただし、肋鎖 BPB 後の横隔神経麻痺(PNP)の発生率は不明である。本研究では、鎖骨上と肋鎖 BPB 間で、同側片側横隔膜不全麻痺の発生率、したがってPNP を比較した。 ・右側上肢手術を受ける 40 人の患者を対象とした、手術室での無作為化観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎮痛侵害受容指数:術後の急性疼痛の評価

・術後疼痛評価に使用される数値評価尺度、視覚アナログ尺度などの患者の自己評価に基づく尺度は、コミュニケーションの問題を抱える老人や重症患者では問題となる可能性がある。そのため、痛みを客観的に評価できる方法が長年にわたって研究されてきた。そこで、副交感神経活動を反映する心電図データに基づいた鎮痛侵害受容指数が提案されている。本研究では、術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不適切に大きなサイズのチューブを選択することを回避するための小児カフなし気管チューブサイズの年齢ベースの予測:後ろ…

・本研究は、回帰方程式 ODCal=0.00223×年齢(日)+4.88 に従った各患者の計算外径(ODCal、mm)に基づいて、年齢 2 歳未満の小児のカフなし気管チューブ(TT)サイズについて、以前に報告された著者らの予測手法を検証すること、特に大きなサイズのチューブは気管を損傷しうるため、再挿管の頻度を減らせる初期 TTサイズを選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔中の鎮痛と催眠を評価する 3 種類の脳波指数に及ぼす人工心肺下低体温の影響:意識指数、侵害受容指数、バイスペク…

・麻酔深度は、臨床診療では患者の臨床徴候によって一般に評価される。ただし、人工心肺と低体温中には、頻脈、高血圧、発汗、運動といった一般的な侵害受容徴候は、特に侵害刺激を検出する上で、患者の侵害受容と催眠を説明するには感度と特異度が低くなる。人工心肺下低体温中の鎮痛深度のより良いモニタリングは、鎮痛剤、特にオピオイドの過少投与や過量投与を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

標準化チェックリストを使用すると、手術室からの避難での重要な行動の完了率が向上する

・特別なニーズを持つ患者の病院からの避難は非常に困難であり、このまれな事態のために病院職員を訓練することは困難である。研究者らは、手術室(OR)からの全身麻酔下での患者の避難についての標準化チェックリストの効果を調査する現場シミュレーション研究を開発し、チェックリストが重要な行動の完了率を改善し、避難時間を短縮すると仮定した。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リビジョン THAを受ける患者の脊椎麻酔は全身麻酔よりも安全か? ACS-NSQIP データベースの分析

・リビジョン THA の頻度は増加し続けており、術後合併症の原因となる危険因子を特定する必要がある。麻酔の種類は、初回 THA を受ける患者の合併症率と関連していることが示されているが、リビジョン THA を受ける患者で同じことが当てはまるかどうかは明らかではない。 研究の目的は、(1)交絡変数を調節した後、大規模データベース分析…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

直接経口抗凝固薬を受けている心房細動患者の周術期管理

・意義:直接経口抗凝固薬(DOAC)を使用し、待機的手術や処置を必要とする心房細動(AF)の患者は、よく見られる臨床状況であるが、周術期投与は不明である。 ・研究の目的は、標準化周術期 DOAC 管理戦略の安全性を調査することであった。 ・2014 年 8 月 1 日から 2018 年 7 月 31 日まで、カナダ、米国、ヨ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more