気管チューブ抜管後の喉頭浮腫:リスクの想定・予防策・緊急気管切開トレーニングの必要性

 人工呼吸中の患者の呼吸パラメータが改善し、呼吸器離脱の基準を満たし、いざ抜管はしてみたものの、喘鳴と呼吸困難のため再挿管を余儀なくされる場面にしばしば遭遇する。このような時、酸素飽和度の低下がゆっくりで時間的な余裕がある場合や、再挿管が容易に可能な場合には問題にならないのであるが、比較的急速に酸素化が悪化し、しかも再挿管が容易ではない場合に、いわゆる「CICV」状態に陥ることがある。

 とくに集中治療室などにおいて、このような事態に陥らないようにするにはどうしたらよいであろうか?実際の症例を基にして、そのリスクの想定と予防策、そして緊急気管切開へのICUスタッフを含めたトレーニングの必要性について、神戸百年記念病院 尾崎塾 尾崎孝平先生が、「鑑定意見書 抜管後上気道閉塞」を公開しておられる。参考文献を提示しながら、悲惨な症例を生まないために何ができたか、何をするべきであったかが綴られている。

 人工呼吸管理に携わる医師に一読をお薦めする。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック