重症患者で急性腎障害はミダゾラムの肝臓での代謝を低下させる

Acute kidney injury reduces the hepatic metabolism of midazolam in critically ill patients
Intensive Care Medicine published online 18 October 2011

・急性腎傷害(AKI)は、入院のすべての原因に起因する罹患率と死亡率を高める、よくある深刻な合併症である。以前に我々は、AKIがミダゾラム(チトクロムP450 3A(CYP3A)酵素の基質)代謝を減少させることを示したが、今回の研究の主目的は、この効果はAKIの重症度に依存するかどうか調査することであった。またCYP3Aの異なる遺伝子型の機能的影響についての予備データを提示する。

・AKIのリスクがあり一般ICUに入室した重症患者は、AKIのRIFLE基準に従って、初期の体液回復後に分類された。ミダゾラム(1mg)を投与して、4時間後にミダゾラムの血清濃度を測定した。CYP3Aの遺伝子型のために検体を採取した。

・患者73人はRIFLEのカテゴリーR、I、Fか、C(対照)に割り当てられた。ミダゾラム濃度(ng/mL)は、AKIの重症度が増すにつれて有意に増加し(p=0.002)[対照群 3.1(1.4-5.9)、Risk 4.7(1.3-10.3)、Injury 3.9(2.0-11.1)、Filure 6.8(2.2-113.6))]、AKIの持続期間(p=0.000)とγ-グルタミル転移酵素濃度(p=0.005)によって予測された。BMIが増加すると、ミダゾラム予測濃度は低下した(p=0.001)。予備データではこの効果は患者が機能的なCYP3A5を表出する場合には少なくなることが示唆された。

・AKIの重症度と持続期間が増すほどミダゾラムの排出が低下すことと関係していた。これはAKIに続発してCYP3A活性が障害されることによって引き起こされると提唱する。真のメカニズムは解明されていない。これは、重症患者の薬物治療にとって重要な意義があるかもしれない。

[!]:心臓手術後の覚醒遅延に腎障害が有意に関係するという論文もあったな。
Predictors of Duration of Unconsciousness in Patients With Coma After Cardiac Surgery

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック