■臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題■ 2012-11-30




【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (b____) (b___) (t__________) : 基礎体温

(2) (i__________) : 吸気/吸息

(3) (s_____) (t__) : 脊髄くも膜下穿刺

(4) (__________n) : 介在ニューロン

(5) (b____) (c__________) (f_____) : 血液凝固因子


[解答]
(1)basal body temperature(2)inspiration
(3)spinal tap(4)interneuron
(5)blood coagulation factor


[出典] 麻酔科学用語集 第3版




【問題2】(呼吸) 新生児の肺活量は体重あたりどれくらいか?
1) 50ml/kg
3) 35ml/kg
5) 70ml/kg
2) 25ml/kg
4) 90ml/kg


[解説] 新生児の肺活量は体重あたりにすると成人の半分しかない。成人の肺活量=70ml/kg、新生児の肺活量=35ml/kg


[正解] 3 [出典] クリティカル記憶術1P264


■ これって常識? ■
パーキンソン病の4大主徴は,○1固縮(rigidity),○2振戦(tremor),○3運動減少(hypokinesia),無動(akinesia),○4姿勢反射障害(disturbance of postural reflex)

1)パーキンソン病の振戦は,丸薬まるめ様振戦とも形容される安静時振戦が特徴である.この安静時振戦の有無が,脳血管性パーキンソニズムとの鑑別点のひとつとなる.
2)歩行時の腕振りの欠如も特徴であるが,起立姿勢で他動的に肩をゆすった場合,上肢が体幹に寄り添ったまま動かないといった現象によっても,筋固縮が確かめられる.
3)パーキンソン病のすくみ足には不思議な点が多く,とりもちに貼りついたように動けなくても,足元に杖を寝かせるなどして障害物や目印を作ると,これを跨ぐようにしてスッと歩き出せることがある.


[出典] 知っているつもりの内科レジデントの常識非常識 第3章 378の常識~神経編



【問題3】(心臓血管) ペースメーカについて正しいのはどれか。

ア:ICHDコードは5文字で表わされる。

イ:NBGコードは3文字で表わされる。

ウ:レートレスポンス機能の有無は4文字目で表わされる。

エ:抗頻拍型ペースメーカ機能の有無は5文字目で表わされる。

オ:体外からプログラム可能かどうかは5文字目で表わされる。


[解説] ICHDコードは3文字で表わされ、1文字目=ペーシング部位、2文字目=感知部位、3文字目=ペーシング様式である。現在、ペースメーカの複雑化に伴い5文字コードのNBGコードが一般的になっている。4文字目=体外よりプログラム可能かどうか(P:simple programmable、M:multiprogrammable)、レートレスポンス機能がついているか否か(R:rate modulation)。5文字目=抗頻拍型ペースメーカ機能(P:pacing)があるかないか、また植込型除細動器(S:shock)の有無を表わすコード。


[正解] (ウ)、(エ) [出典] LiSA Vol2-No8-p3(1995)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック