電子麻酔記録が付いてくる、注射薬認識システム(iMRS)とは?

今年(2014年)の日本麻酔科学会の器械展示で、同僚が注射薬認識システム(iMRS:injectiion medicine recognition system)というのを見つけてきた。「ソルブ」という会社が作成販売している、手術室看護師と麻酔科医が重宝しそうなシステムである。

簡単に言うと、スーパーやコンビニで、レジに商品を持って行くと、商品のバーコードを読み取らせて、すぐに計算して領収書を発行してくれる。あれと同じ原理で、注射剤のバーコードを自動的に読み取って、使用した注射剤をリスト化し、医事情報にしたて上げるという代物である。

先日、そのソルブの方が 2 日間かけて、iMRS の実機を使用してデモをしてくださった。

通常の業務パターンでは、注射剤を吸った後、注射箋(伝票)に使用した旨を「正」の字か、数字で記載し、空アンプルは、ゴミ箱か、コスト・チェック用の一定の場所に置くであろう。この流れで、ゴミ箱や一定の場所ではなくて、注射薬認識システムの投入口に入れてやるのである。

すると、投入した空アンプルやバイアルは、ころころと転がりながら付されたバーコードが自動的に読み取られて、必要に応じて、捨ててはいけない麻薬のアンプルや筋弛緩薬のバイアルなどと通常のアンプルが別々に 2 つのゴミ箱に分別される。

何の苦労もなく、パソコンのディスプレイ上に使用した薬品がリスト化されていく。一部の薬品はバイアルから少量だけ使用するので、使用した量だけを入力する必要がある。また吸入麻酔薬や酸素の使用量なども、同時に医事情報とする場合には、入力する必要がある。

通常、手術室で利用しているような注射箋伝票には、非常に多くの薬品が記されており、その中から、自分が使用した薬品を探し出して、その右隣に使用したアンプル数を記していくという作業に比べると、「かなり楽ができるな~!」というのが実感だ。

そして、手作業で、伝票記入をしていると、どうしても一定の頻度で、記入漏れが生じてしまう。結果的にはコスト漏れが生じるのである。しかし、このシステムを使用した場合には、コスト漏れをかなり厳格に防止できる可能性が高い。

伝票(つまり紙)で情報伝達を行うには、その患者さん用の伝票を用意する必要があるし、その伝票を医事課にまで届ける必要がある。医事課の職員は、届いた伝票を見ながら、結局は PC に入力しなければならない。こうした手間を考えると、現場で即座にデジタル情報になるという点で、非常に素晴らしいシステムだと思う。

後は、医事請求システムとうまく連動さえできれば完璧だろう。

ちなみに、このシステムの値段だが、1室当たり 200 万円前後だそうだ。手術室の全室(例えば 6 室)に導入すれば、1200万円程度ということになる。

これだけだったら、ちょっとコストパフォーマン上は、考えてしまうところだが、なんとこのシステムは、フリーの電子麻酔記録システム「paperChart」(当ブログでも絶賛しているが)と連動できる機能を持っており、ソルブに、この「iMRS」システムの設置を依頼すると、なんと麻酔記録も、生体モニターと PC を接続してpaperCahrt を使用した電子麻酔記録システムにしてくれるというのだ。

しかも、使用した注射剤を「iMRS」の投入口に入れるだけで、「iMRS」が薬剤情報を認識して使用薬品リストに追加されると同時に、「paperChart」側にも情報伝達が行われるので、薬剤情報の重複入力が可及的に回避できる仕組みになっている。

「iMRS」側の入力情報が「paperChart」側で薬剤選択をしたのと同じ機能を果たし、「paperChart」上では、自動的に薬品選択が行なわれて用量入力ダイアログが開くので、実際の投与量を入力するだけで済む。非常によく考えられた、麻酔科医の立場に立ったシステム連携といえるだろう。

各病院の電子カルテ化がどれくらい進んでいるのかとか、手術室の LAN 環境がどうなっているのかによっても導入形態は多少は変わってくるとは思うが、今、電子麻酔記録の導入を考えているのなら、今回紹介した「iMRS」を導入すれば、漏れなく paperChart 電子麻酔記録が付いてくる。

逆に、電子麻酔記録を 200 万円で導入すると、注射剤認識システムまで付いてくると思えば、これは非常に格安と言えるだろう。通常、電子麻酔記録は業者に依頼すると1室当たり 1000 万円というのが相場だ。それに比べると、1室当たり、たった 200 万円で、麻酔記録を電子化できて、なおかつ、注射剤認識システムまで導入できるというのだ。

そんなおいしい話があっていいのか!!? 電子麻酔記録の導入を考えている施設は、「このシステムはちょうどうちの病院にアイマース(IMRS)!」と、要望を出してみよう!

実際の iMRS については以下をご覧ください。ちなみに、私は、けっして「ソルブ」という会社の回し者ではありません。

http://solve-design.co.jp/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック