帝王切開に際しての全身麻酔

General anesthesia for caesarean section.
Curr Opin Anaesthesiol. 2015 Jun;28(3):240-6. doi: 10.1097/ACO.0000000000000185.

・レビューの目的:ほとんどの麻酔科医にとって、帝王切開に際して全身麻酔をしたことのある臨床経験は非常に低い。全身麻酔は、主に緊急グレード 1 帝王切開のために行われ、脊椎麻酔法を適用する時間が不足しているためである。残念ながら、麻酔科医の大半は、このストレスの多い状況において、歴史的で、部分的には時代遅れのアプローチに依存している。著者らは、帝王切開に際しての全身麻酔の科学的証拠に基づいたアプローチを提案します。

・最近の知見:プロポフォールとロクロニウムを使用したラピッドシーケンス導入が、産科患者の全身麻酔の標準となるべきである。短時間作用型のオピオイドはまだ日常的には投与されていないが、重症子癇前症の場合には躊躇なく使用されるべきである。輪状軟骨圧迫は、訓練された従事者によってのみ正しく実施することが可能であり、もしも挿管が困難であると思われる場合には圧迫を解除すべきである。声門上気道器具は、絶食状態の、非肥満患者の待機的帝王切開では安全に使用することができるが、気管挿管は、特に分娩中妊婦の緊急帝王切開では、依然ゴールドスタンダードである。セボフルランとプロポフォールの両方が帝王切開中の全身麻酔の維持に適している。術中覚醒は依然として産科麻酔の主な関心事のままである。

・著者らは、帝王切開に際しての全身麻酔に関する最近のエビデンスのレビューを提示している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック