前酸素化と全身麻酔:レビュー

Preoxygenation and general anesthesia: a review
Minerva Anestesiologica 2015 August; 81(8):910-20

気管挿管は、その処置に時間がかかる可能性があるので、挿管中の動脈血酸素(O2)飽和度が低下する危険性を考慮しておかなくてはならない。酸素リザーブは気管挿管の期間をカバーするのに十分ではないので、前酸素化はルーチンとするべきである。FiO2=1 で自発呼吸を 3 分行えば、正常肺機能患者では肺胞酸素濃度が 95% 近くとなり、脱窒素が可能である。SpO2 が 90% に達するまでの時間と定義した許容無呼吸時間は、古典的な前酸素化 の 3 分後には約 10 分まで延長する可能性がある。60 秒以内に 8 回深呼吸すれば、酸素リザーブを同程度にまで増加させることができる。効果的に酸素化を行うためには、器具を適応し、しっかりと装着してならない。不十分な前酸素化(通常の呼吸を 3 分行った後、FeO2<90%)はよく見られる。不十分な前酸素化の予測危険因子は、マスク換気困難を予測させる基準と重複する部分がある。呼吸不全の場合には、酸素化は、呼気終末陽圧やプレッシャサポートによって改善できる。病的肥満患者では、坐位(25度)で陽圧換気を使用するによって、前酸素化が改善する。また、酸素は気管挿管中にも投与できる。その方法としては、咽頭 O2、特殊な酸素マスク、自発呼吸のある患者ではプレッシャーサポート、無呼吸患者では、フェイスマスクへの陽圧換気がある。臨床医(特に ENT と外傷学で研修している麻酔科医)は、経気管換気を含む代替手段によって、生命を脅かす緊急事態に対処できる準備ををしておかなくてはならない。器具の可用性と研修は、適切な準備の 2 つの不可欠な要素である。

[!]:十分な前酸素化行えたがどうかは、呼気酸素濃度(FEO2)で判定する。<80% では、十分な前酸素化が行えたとは言えない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック