ロクロニウム筋弛緩時の PTC を実行すると、その後の単収縮高や四連反応への限定的影響がある

Performing post-tetanic count during rocuronium blockade has limited impact on subsequent twitch height or train-of-four responses.
Can J Anaesth. 2016 Jul;63(7):828-833. Epub 2016 Feb 26.

・50 Hz テタヌス刺激やテタヌス刺激後増強カウント(PTC)後に四連反応(TOF)測定する前には、伝達促進が収まるのを可能となるために、5~6 分待つことが、一般に推奨されるているが、限られたエビデンスに基づいている。本研究の目的は、片手で PTC 後に TOF 反応を測定し、対側(対照)の手での反応を比較することであった。

・オピオイド+デスフルラン麻酔下で待機手術を受けた 22 人の成人患者は、尺骨神経刺激に応じた拇指変位を測定するセンサーを取り付けた。ロクロニウムは 0.6mg/kg を投与し、TOF 刺激を両側で施行した。片側は、対側(対照)の T1 高が 10% まで回復した時に、無作為に PTC(50 Hz のテタヌス刺激後に 3 秒間の休止時間を置いて 15 回の 1 Hz 刺激が続く)に割り付けられた。四連反応刺激は、PTC 30 分後まで、20 秒ごとに、両側で続けた。T1 と TOF 比(T4/T1)を、2、5、10、20、30 分後に比較した。

・PTC 群の平均(標準偏差[SD])T1 値は、PTC 直前 11.8(7.1)% であった。 PTC 群の T1 値は、2、5、10 分で有意に大きく、平均(SD)差はそれぞれ 6.3(6.7)%、9.4(6.8)%、7.4(3.9)% (P=0.008)であった。20、30 分での T1 値に群間に有意差はなく、T4/T1 値はいずれの時点でも統計的有意差はなかった。

・PTC 後には少なくとも 10 分間は T4/T1 値にはなんら検出可能な変化はなく、T1 の僅かではあるが臨床的に有意ではない増加がが認められた。TOF 反応は早ければ PTC 1 分後には信頼性がある。

[!]:PTC 後 1 分では比較していないのに、結論では「PTC 1 分後には信頼性がある」というのはどうなの?? 確かに PTC 後の TOF は促通効果のために高く出る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック