気管挿管時スタイレット使用が麻酔患者の術後咽頭痛に及ぼす影響:無作為化比較試験

<ハイライト>
・術後咽頭痛に及ぼすスタイレットの効果を評価した。
・40 人の患者を、スタイレット群か、または非スタイレット(対照)群に無作為に割り付けた 。
・術後咽頭痛の発生率は、スタイレット群の方が対照群より有意に高かった。
・スタイレット群と対照群では、嗄声の発生率に有意差はなかった。
・麻酔科医は、術後咽頭痛に対するスタイレットのリスクを知っておくべきである。

<要旨>
・本研究は、待機的手術を受ける患者で、術後の咽頭痛や嗄声に及ぼす気管挿管に際してのスタイレット適用の影響を比較することを目的とした。

・ASAーPS 1-3 で気管挿管下に待機的手術を受ける予定の 40 人の成人患者を対象とした手術室での無作為臨床試験。スタイレット群( 20 例)または非スタイレット群(対照群; 20 例)に対して麻酔科医が気管挿管を行った。術後の咽頭痛または嗄声の発生率を評価した。

・術後咽頭痛の発生率は、スタイレット群(10/20 例)の方が対照群(2/20 例)よりも有意に高かった(P=0.013)。スタイレット群(6/20 例)と対照群(3/20 例)で、嗄声の発生率に有意差はなかった(P=0.45)。

・スタイレットの使用は、術後咽頭痛の発生率を増加させる。

[!]:そうか~、それほどとは思わなかったな。有意差ありますか~。

【出典】
Effects of stylet use during tracheal intubation on postoperative pharyngeal pain in anesthetized patients: A prospective randomized controlled trial
Journal of Clinical Anesthesia, May 2017Volume 38, Pages 68?70

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • Q:気道確保後の咽喉頭痛を少なくするには?

    Excerpt: A:術後の喉頭痛:系統的レビューによると、 ・術後の喉頭痛の発生頻度の報告は、全身麻酔後の最大 62% にも上る。 ・性別が女性、年齢が若い、肺疾患の既往、麻酔時間の延長、抜管時の気管チューブに血.. Weblog: 麻酔科勤務医のお勉強日記 racked: 2017-08-21 14:47