デキサメタゾン投与小児の扁桃摘出後悪心嘔吐を予防するプラセボ、ドロペリドール、オンダンセトロン

・著者らは、予防的ドロペリドールとオンダンセトロンを、中等度用量のデキサメタゾンと併用して、小児の扁桃切除術後の嘔気嘔吐を軽減するのに同等に有効であり、両方ともデキサメタゾンに併用した生食よりも優れているかどうかを試験した。

・著者らは、300 人の小児を、麻酔導入とデキサメタゾン 250μg./kg の静脈内投与後に、静脈内生食、ドロペリドール 10μg./kg、またはオンダンセトロン 150μg./kg に無作為に割り当てた。

・術後 24 時間以内の嘔気嘔吐の割合(95%CI)は、生食後で 42/91、46%(36%-57%)、ドロペリドール後 43/87、49%(39%~60%)、オンダンセトロンにより 18/84、21%(13%-32%)に減少した(p<0.001)。副作用の割合に群間差はなかった。

・著者らは、小児の扁桃摘出術後に中等度用量デキサメタゾンとともに投与された場合、嘔気嘔吐を予防する上で、オンダンセトロンは生食よりも有効であるが、ドロペリドールはそうではないと結論する。

[!]:小児の扁桃摘出後には、デキサメタゾンを使用しても半分近くに PONV が発生するのか。そして、ドロペリドールを追加しても効果はないようだと。

【出典】
A randomised controlled trial of placebo, droperidol or ondansetron to prevent nausea and vomiting after tonsillectomy in children receiving dexamethasone.
Anaesthesia. 2017 Apr 27. doi: 10.1111/anae.13907. [Epub ahead of print]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック