超音波ガイド下斜角筋間ブロックでロピバカイン補助薬としてのデキサメタゾン:無作為化二重盲式臨床試験

デキサメタゾン6.png・本研究の目的は、ロピバカインに添加された経静脈または神経周囲デキサメタゾンが、超音波ガイド下斜角筋間腕神経叢ブロック(BPB)の持続期間に及ぼす影響を評価することであった。

・無作為化臨床試験で、斜角筋間腕神経叢ブロック下に待機的肩関節鏡手術を行った 60 人の ASAーPS I-II 患者を、0.75% ロピバカイン 20ml+等張生食 1ml(C 群、n=20)、0.75% ロピバカイン 20ml+神経周囲デキサメタゾン 1ml(4mg)(Dpn 群、n=20)、0.75% ロピバカイン 20ml+等張生食 1ml+静脈内びデキサメタゾン 4mg(Div 群、n=20)のいずれかを投与されるよう無作為に割り当てた。全患者で、超音波を用いて神経刺激法を用いた。知覚ブロックの発現時間と持続時間を評価した。副次評価項目は、疼痛スコア(VAS)と術後悪心嘔吐(PONV)であった。

・運動および知覚ブロックの持続時間は、Div 群、C 群と比較して、Dpn 群の方が延長した(P<0.05)。さらに、24 時間以内で、Dpn 群は、他群と比較して VAS レベルが低く、PONV の発生率が低かった。さらに、Dpn 群と他群との間で発現時間に有意な減少があった。

・超音波ガイド下斜角筋間 BPB で、ロピバカインの持続期間を延長する上で、神経周囲デキサメタゾン 4mg は、静脈内投与よりも効果的であった。さらに、Dpn は発現時間、PONV、VAS に有意な効果を有する。

[!]:腕神経叢ブロックで局所麻酔薬へのデキサメタザンの追加は、持続時間延長、作用発現短縮、PONV 減少、VAS 減少と、良いことづくめだな。

【出典】
Dexamethasone as a ropivacaine adjuvant for ultrasound-guided interscalene brachial plexus block: A randomized, double-blinded clinical trial.
J Clin Anesth. 2017 May;38:133-136. doi: 10.1016/j.jclinane.2017.02.004. Epub 2017 Feb 16.

<関連記事>
末梢神経ブロックにおけるデキサメタゾンと局所麻酔薬の併用:無作為化比較試験のメタアナリシス

末梢神経ブロック補助薬としての神経周囲 vs 静脈内デキサメタゾン:系統的レビューとメタ分析

膝関節形成術後の大腿神経ブロックに際しての補助薬としてデキサメタゾン:無作為化対照研究

末梢神経ブロック後鎮痛延長のための神経周囲 vs 全身デキサメタゾンの有効性:系統的ビューとメタ分析

低用量の静脈内デキサメタゾンは、単回投与斜角筋間ブロックの持続時間を有意に延長する

区域麻酔における補助薬としての神経周囲 vs 静脈内デキサメタゾン:系統的レビューとメタ分析

腕神経叢ブロックに際し局所麻酔薬の補助薬としてのデキサメタゾンの効果: 系統的レビューとメタ分析

肩手術に際し局所麻酔薬腕神経叢ブロックへの補助剤として神経周囲 vs 静脈内デキサメタゾン

神経周囲低用量デキサメタゾンは、全身投与と比較してブピバカイン斜角筋間ブロック鎮痛時間を延長する

肩手術で単回斜角筋間ブロック鎮痛持続時間を延長させるのに経静脈と神経周囲デキサメタゾンは同等

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック