全身麻酔に関連した歯牙損傷 - 後ろ向き研究

・全身麻酔中、特に気道管理中に、歯牙損傷が発生することがある。本研究の目的は、全身麻酔に関連した歯牙損傷の症例を、外傷の種類と程度ならびに認識のタイミングに焦点を当てて明らかにすることであった。

・デンマーク患者補償協会で入手可能な全国的な電子データベースをレビューし、2007 年から 2017 年までに全身麻酔に関連して歯牙損傷の可能性があると分類された全ての請求を精査した。

・10 年間の試験期間中、麻酔に関連した補償が 2523 件あった。これらのうち、552 人(21.9%)は全身麻酔後に起こり得た歯牙損傷の症例であった。最も一般的に損傷した歯は、中央の上顎切歯であり、そのうち 174 個(25.3%)が左側の切歯であり、118 個(17.2%)が右側の切歯であった。最も一般的な傷害は折傷(41.2%)と亜脱臼(25.9%)であった。気道管理には、296 例(64.4%)の症例でマッキントッシュ喉頭鏡の使用、69 例(15%)で声門上気道器具の使用が含まれた。2 回を超える挿管が試行された場合、請求はより頻繁に承認された(100% vs 82.8%、RR=0.83、95%CI[0.78-0.88]、P = 0.0037)。院内で認識された傷害は退院後に認識された傷害よりも頻繁に承認された(91.6% vs 70.7%、RR=0.83、95%CI[0.70-0.86]、P<0.0001)。

・デンマーク患者補償協会データベースで全身麻酔に関連して報告された最も一般的な歯牙損傷は折傷であった。3 回以上の挿管が試され、傷害が院内で認められた場合、請求はより頻繁に承認された。

[!]:左上顎切歯が一番損傷を受けやすい。

【出典】
Dental injuries in relation to general anaesthesia-A retrospective study.
Acta Anaesthesiol Scand. 2019 Apr 23. doi: 10.1111/aas.13378. [Epub ahead of print]

<関連記事>
麻酔における歯牙損傷:三次病院の経験

麻酔関連歯牙損傷の危険因子

麻酔で歯牙損傷

通常の直接喉頭鏡法後の歯牙損傷: 前向き観察研究

麻酔診療における歯牙損傷 - 危険群と法的責任

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック