フェイスマスク換気困難を予測するための DIFFMASK スコア:46804 患者のコホート研究

・フェイスマスク換気は気道管理の重要な部分である。フェイスマスク換気の困難さを正しく予測することは、リスクのある患者の罹患率と死亡率の危険性を減らせる可能性がある。著者らは、麻酔中のフェイスマスク換気困難を予測するための重み付けリスクスコアの開発と評価を目的とした。

・著者らは、困難気道管理の 13 個の予測因子について術前に気道を評価され、その後全身麻酔中にフェイスマスク換気を受けた 46,804 人の成人患者コホートを分析した。著者らは、フェイスマスク困難(DIFFMASK)スコアを 2 つの連続したステップで作成した。最初に、多変量回帰分析を実施した。そして第二に、調整済み回帰モデルの回帰係数を臨床的に適用可能な重み付けポイントスコアに変換した。DIFFMASK スコアの予測精度は、ROC 曲線の評価によって見積もられた。

・フェイスマスク換気困難の有病率は 1.06%(95%CI 0.97-1.16)であった。回帰係数を 0、1、2、3 点に変換した後の累積 DIFFMASK スコアは 0 から 18 点の範囲であり、ROC 曲線下面積は 0.82 であった。Youden 指数は、フェイスマスク換気困難の予測のための最適カットオフ値として 5 以上の合計スコアを示し、その感度は 85%、特異度は 59% であった。DIFFMASK スコアは、フェイスマスク換気が予定されているときに、ポイントスコアが 6~10 点の場合、明らかに困難のリスクが高いか、または低い患者と比較して、注意を払う必要があると思われる患者集団であることを示した。

・DIFFMASK スコアは臨床的には有用である可能性があるが、外部の前向きな検証が必要である。

"https://difficair.com/diffmask-on-line-calculator/" DIFFMASK on-line calculator という計算機が公開されており誰でも利用できるようになっています。


【出典】
The DIFFMASK score for predicting difficult facemask ventilation: a cohort study of 46,804 patients.
Anaesthesia. 2019 May 20. doi: 10.1111/anae.14701. [Epub ahead of print]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック