Q:ASA-PS 分類とは?

A:米国麻酔科学会(American Society of Anesthesiologists:ASA)による術前身体状態(Physical Status:PS)の分類のことで、術前に、患者の健康状態を評価するためのシステムである。

1963 年に、米国麻酔科学会(ASA)が、5 分類からなる身体状態分類システムを採用し、その後 1980 年に脳死患者に対する 6 番目の分類(ASA-PS VI)が追加された。術前の  ASA-PS と予後は相関するとされる。緊急手術(Emergency)の場合は、「3E」などと分類の後に「E」を併記する。

ASA 分類が提案された当時、1940 年の緊急手術の元々の定義は、「外科医の意見では、遅滞なく実施されるべき手術」であったが、現在は、「患者の治療の遅れが生命または身体への脅威の著しい増加をもたらす場合」と定義されている。

2014 年にアメリカ麻酔学会の術前身体状態分類に参考となる具体例が追加された。
ASA Physical Status Classification System
ASA-PS 分類
分類定義例(これだけとは限らないが)
I(手術となる原因以外は)健常人現在喫煙していない、酒を飲まないか少しだけ飲むなど。
II軽度の全身疾患のある患者現在喫煙している、付き合いで酒をよく飲む、妊娠、肥満(30< BMI <40)、コントロール良好な糖尿病/高血圧、軽度の肺疾患など。
III重度の全身疾患のある患者コントロール不良の糖尿病/高血圧、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、高度肥満(BMI≧40)、活動性肝炎、アルコール依存または中毒、ペースメーカー、中程度の駆出率(EF)低下、定期的に透析を受けている末期腎不全、60 週未満の早産児、3 ヵ月以上経過した以下の既往(心筋梗塞、脳血管障害、一過性脳虚血発作(TIA)、冠動脈疾患/ステント留置)など。
IV常に生命を脅かす重度の全身疾患を有する患者最近(3 ヵ月未満)の心筋梗塞、脳血管障害、TIA、冠動脈疾患/ステント留置、進行中の心虚血や重度の弁膜症、高度の EF 低下、敗血症、播種性血管内凝固症候群(DIC)、定期的に透析されていない急性腎不全や末期腎不全など。
V手術なしでは生存不可能な瀕死状態の患者破裂腹部/胸部動脈瘤、重症外傷、圧排所見のある頭蓋内出血、重大な心臓病変または多臓器不全に陥っている腸管虚血など。
VI脳死状態の臓器移植ドナー 

*「E」の追加は緊急手術を意味する:(緊急事態は患者の治療の遅れが生命または身体への脅威の著しい増加をもたらす場合に存在すると定義される)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント