人工心肺心臓手術を受けた患者に及ぼすプロポフォールとセボフルランの効果の比較

・研究の目的は、人工心肺(CPB)による心臓手術を受ける患者の転帰に及ぼすプロポフォールとセボフルランの効果を比較することであった。 ・2015 年 1 月から 2017 年 6 月までに当院で CPB による心臓手術を受ける合計 110 人の患者を無作為に 2 群(n=55)に分けた:A 群では麻酔をセボフルランで維持、B 群で…
コメント:0

続きを読むread more

心臓手術後の非糖尿病患者における術後高血糖の危険因子と影響:前向き研究

・心臓手術は、有意な炎症性代謝亢進ストレス応答を誘発し、術前糖尿病患者と非糖尿病患者の双方において術後高血糖症を引き起こす。そのような術後高血糖は、手術と術後回復における有害転帰と関連している。糖尿病は術後高血糖症の危険因子として知られているが、東南アジア地域集団の非糖尿病患者における術後高血糖症の予測因子は不明のままである。 ・…
コメント:0

続きを読むread more

東南アジアの多民族コホートで心臓手術後の不良転帰に及ぼす民族性と糖尿病の新しい役割の解明

・糖尿病は民族性と心臓手術の不良転帰と関連しているが、東南アジアの多民族コホートで、心臓手術の転帰に及ぼす糖尿病と民族性の両方の影響を研究したは調査行われていない。そこで、本研究は東南アジアの多民族集団で、糖尿病患者の心臓手術後の転帰に及ぼす民族性の関連性を明らかにすることを目的とした。 ・2008 年から 2011 年にかけてシ…
コメント:0

続きを読むread more

東南アジアの多民族患者集団における心臓手術の転帰に及ぼす糖尿病の影響

・糖尿病はアジアで急速に増加しており、心臓手術の不良転帰と関連することが示されているが、東南アジアのコホートにおける心臓手術の転帰に及ぼす糖尿病の影響を研究した調査は行われていない。そこで、本研究は東南アジアの多民族からなるコホートで、心臓手術後の糖尿病の予測因子と影響を明らかにすることを目的としている。 ・シンガポールで 200…
コメント:0

続きを読むread more

レミフェンタニルは緊急外傷手術における外傷性ストレス反応を抑制する

・本研究の目的は、レミフェンタニルが緊急外傷手術におけるストレス反応をスフェンタニルよりも効果的に抑制できるかどうかを調査することであった。 ・緊急手術となった 60 人の外傷患者を無作為にレミフェンタニル群(R 群、n=30)か、またはスフェンタニル群(S 群、n=30)に分けた。R 群の患者にはレミフェンタニルを持続的に静脈内…
コメント:0

続きを読むread more

急性腎障害における死亡率と腎代替療法の必要性に及ぼすフロセミドの影響:無作為化試験の系統的レビューとメタ分析

・研究の目的は、現在のエビデンスに基づいて急性腎障害(AKI)の成人患者における死亡率と腎代替療法(RRT)の必要性に及ぼすフロセミドの影響を検討することであった。 ・PubMed(Medline)と Embase で 1998 年から 2018 年 10 月まで、AKI の任意のステージでフロセミドによる予防/治療を代替治療/標…
コメント:0

続きを読むread more

機能的内視鏡下副鼻腔手術中のクロニジンまたはデキスメデトミジンによる低血圧麻酔の術野の質を改善する有効性を比較する…

・術野の激しい出血は、機能的内視鏡下副鼻腔手術(FESS)の成功に影響を与える潜在的な要因である。静脈内 α2 作動薬による低血圧麻酔は術中出血を減少させるが、いずれの薬剤が最善かは不明である。この試験の主な目的は、低血圧麻酔の現在の標準的な補助薬であるクロニジンを、最近入手可能な代替薬デキスメデトミジンと比較することであった。 …
コメント:0

続きを読むread more

大腸内視鏡検査に対する各種鎮静薬の評価

・鎮静と鎮痛は、患者を鎮静させ、患者と内視鏡医が快適に感じるのを助けるために、内視鏡検査の重要な要素である。さまざまな鎮静剤が使用されている。これらは慎重に投与されるべきであり、そして患者は処置中継続的に監視されるべきである。本研究の目的は、大腸内視鏡検査で使用されるさまざまな鎮静薬を評価および比較することであった。 ・大腸内視鏡…
コメント:0

続きを読むread more

下肢手術における片側性脊椎麻酔のためのブピバカイン補助薬としてのフェンタニルとデキスメデトミジンの比較:無作為化試験

・片側性脊椎麻酔の短所の 1 つは、術後鎮痛持続時間が短いことである。これは、局所麻酔薬に補助剤を加えることで解決できる。本研究の目的は、下腿手術を受ける患者で片側性脊椎麻酔特性に及ぼすブピバカインへのデキスメデトミジン、フェンタニル、または生食の添加の効果を比較することであった。 ・この二重盲式臨床試験では、定時の下腿手術を受け…
コメント:0

続きを読むread more

ASA の身体状態と 48 時間後の術後死亡率との関連:過去のコホートと比較した現代のデータセット分析

・本研究では、ASA-身体状態(ASA PS)分類と待機的手術および緊急手術の両方について 48 時間死亡率との関連性を大規模現代データセット(2009〜2014 年の患者)で調べ、この関連性を、1970 年に Vacanti らによって発表された画期的な研究からのデータを使って比較した。 ・2009 年 1 月 1 日から …
コメント:0

続きを読むread more

ウェブリブログの旧デザインを継承した CSS を変更する(パート4)

画像を配置した時に本文との間に余白を取るには・・・ウェブリブログサポートの「画像の回り込みについて」に、画像が貼り付けられた場合の、具体的な表示例が記されていますが、画像と文章の間にまったく余白がありません(右図)。 これでは見難くて仕方がありません。画像を配置する際には、文章との間の余白を設定できることが望ましいと思われますが、…
コメント:0

続きを読むread more

麻酔導入時の前酸素化後の低酸素血症の発生率と危険因子

・気道管理に関連した低酸素血症の発生は依然として懸念事項である。著者らの目的は、標準化前酸素化処置後の麻酔導入中に低酸素血症の原因となる要因を調査することであった。 ・研究は多施設共同の前向き観察試験であった。成人患者における麻酔導入時の低酸素血症の発生率を評価した。主要評価項目は、パルスオキシメトリで酸素飽和度(SpO2)<95…
コメント:0

続きを読むread more

正常気道患者におけるマスク換気チェック前後のロクロニウムの早期投与と後期投与を比較する無作為化試験

・全身麻酔導入中は、マスク換気を提供する能力が確認されるまで筋弛緩を遅らせることが一般的な方法である。ただし、このアプローチの利点は科学的に検証されていない。そこで、著者らは正常気道を有する患者で、マスク換気の効率と気管挿管までの時間を調査するためにマスク換気をチェックする前後でロクロニウムの早期と後期投与を比較した。 ・患者(n…
コメント:0

続きを読むread more

筋弛緩前のマスク換気の確認:麻酔科医の態度と思考に関する全国規模の調査

・筋弛緩薬を投与する前にマスク換気をチェックすることの意義は未だ議論されている。 ・スウェーデンで麻酔科医の診療の調査を行い、最初に挿管を伴う日常的的な導入の一部としてマスク換気試験(MVT)を使用するかどうかを尋ねた(迅速導入または困難気道が予想される場合ではない)。著者らは麻酔科医の態度を一般的な場合と、特別なシナリオで精査し…
コメント:0

続きを読むread more