鎮痛侵害受容指数:術後の急性疼痛の評価

・術後疼痛評価に使用される数値評価尺度、視覚アナログ尺度などの患者の自己評価に基づく尺度は、コミュニケーションの問題を抱える老人や重症患者では問題となる可能性がある。そのため、痛みを客観的に評価できる方法が長年にわたって研究されてきた。そこで、副交感神経活動を反映する心電図データに基づいた鎮痛侵害受容指数が提案されている。本研究では、術…
コメント:0

続きを読むread more

不適切に大きなサイズのチューブを選択することを回避するための小児カフなし気管チューブサイズの年齢ベースの予測:後ろ…

・本研究は、回帰方程式 ODCal=0.00223×年齢(日)+4.88 に従った各患者の計算外径(ODCal、mm)に基づいて、年齢 2 歳未満の小児のカフなし気管チューブ(TT)サイズについて、以前に報告された著者らの予測手法を検証すること、特に大きなサイズのチューブは気管を損傷しうるため、再挿管の頻度を減らせる初期 TTサイズを選…
コメント:0

続きを読むread more