術後咽頭痛における局所マグネシウムの役割:無作為化対照試験の系統的レビューとメタ分析

・術後咽頭痛(POST)は、気管挿管のよく見られる望ましくない結果である。N-メチル-D-アスパラギン酸受容体拮抗薬であるマグネシウムは、抗侵害受容特性と抗炎症特性を持ち、さまざまな試験で POST 予防に役立つことがわかっている。この系統的レビューとメタ分析を実施して、単腔気管チューブによる全身麻酔下で手術を受ける成人患者の POST…
コメント:0

続きを読むread more

盲目的挿管用の導管としての新しい第 2 世代声門上気道器具(Ambu AuraGain)vs 挿管用ラリンジアルマ…

・Ambu AuraGain は、挿管を容易にするようにデザインされた、胃チャネルを備えた新しい使い捨て声門上気道器具である。本研究の目的は、Ambu AuraGain を使用して適切な留置と挿管の成功率を、挿管用ラリンジアルマスク(ILMA)と比較することである。 ・本前向き無作為化比較研究に 120 人の患者(年齢 18〜 6…
コメント:0

続きを読むread more

年齢 1〜12 歳のプロポフォール麻酔下小児におけるバイスペクトル指数の変動:観察研究

・バイスペクトル指数(BIS)の使用は小児麻酔で広まっているが、プロポフォール麻酔下の小児の年齢に応じて BIS がどのように変化するかを詳細に評価しようとした研究はほとんどない。本前向き研究は、BIS 値とプロポフォール麻酔下の 1〜12 歳の小児の年齢との正確な関係を調査することを目的としている。 ・本研究では、麻酔下で手術を…
コメント:0

続きを読むread more