脊椎麻酔は、膝関節全置換術と股関節全置換術後の合併症が少ない

・著者らは、脊椎麻酔(SA) vs 全身麻酔(GA)で、人工膝関節全置換術(TKA)と股関節全置換術の以下の 30 日転帰を比較した:(1)死亡、(2)大小の合併症、(3)転院先。 ・2011 年から 2016 年まで、米国外科学会全国手術の質改善プログラムのデータベースには、45,871 例の SA 下での股関節全置換術と GA…
コメント:0

続きを読むread more

冠状動脈バイパス移植の合併症率に及ぼす糖尿病の影響

・これまでの研究は、糖尿病(DM)が冠動脈バイパス術(CABG)術後合併症の危険因子であることを示している。DM 患者の血行再建の決定を指南するには、より現代的な研究が必要である。CABG を受けた患者の単施設研究を実施した。 ・非 DM 患者を DM 患者と比較し、入院前に DM をインスリン治療していたかどうかに応じてサブ群化…
コメント:0

続きを読むread more

気管支鏡検査中の患者管理鎮静:無作為化対照試験

・患者管理鎮静(PCS)は、早期の回復を促進すると考えられる内視鏡手術の文献的方法である。ただし、気管支鏡検査(FB)での使用に関しては限られたデータしか報告されていない。 ・本研究では、FB 時のプロポフォールによる PCS が、ミダゾラムによる看護師管理鎮静(NCS)と比較して、早期回復を促進し、気管支鏡検査者と患者の満足度が…
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折患者の術後せん妄を予測するリスクスコアの開発

・股関節骨折後のせん妄(PHFD)は、高齢患者の重大な臨床的問題であるが、術前の期間で使用するための適切で単純なリスク予測モデルは開発されていない。 ・2016 年の米国外科学会全国手術の質改善プログラムの股関節骨折手術を対象とした参加者用データファイルを使用して、股関節骨折手術を受けた年齢 60 歳以上の患者コホートを取得した(…
コメント:0

続きを読むread more

ICU 長期滞在 vs 短期滞在が 5年死亡率と罹患率に及ぼす影響:傾向スコア相応コホート研究

・重症疾患の長期的転帰は、重症疾患の継続期間と集中治療によって影響を受ける可能性がある。集中治療室(ICU)の短期(<8 日)と長期(≧8 日)在室後の死亡率と罹患率差を調査することを目的とした。 ・この事前計画された前向きコホート、5 年間の追跡調査には、元の EPaNIC トライアル患者が含まれた。死亡率はすべて評価された。罹…
コメント:0

続きを読むread more

心臓弁手術前の歯科治療の効果:系統的レビューとメタ分析

・この系統的レビューの目的は、心臓弁手術(CVS)または左心室補助装置(LVAD)移植前の歯科治療が罹患率と死亡率に及ぼす潜在的な影響を調査することであった。 ・著者らは、MEDLINE、Embase、Cochrane Central Register of Controlled Trials からの関連研究を含めており、1998…
コメント:0

続きを読むread more

小児閉塞性睡眠時無呼吸スクリーニングのアンケートと術後転帰:前向き観察研究

・小児の閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)および睡眠呼吸障害(SDB)は、成人よりも複雑で多因子性の疾患である傾向がある。STOP-BANG アンケートなどの成人用スクリーニングツールはあるが、それらの適用は小児科では制限されている。依然に記載した 6 点アンケートを使用して、小児の OSA を特定し、術後の呼吸イベントを予測するためのその使…
コメント:0

続きを読むread more

硫酸マグネシウムは、重症筋無力症患者のダブルルーメンチューブ留置の満足できる条件に必要なロクロニウムの投与量を減らす

・挿管条件を達成するために最小用量の筋弛緩薬(NMB)を使用することは、重症筋無力症(MG)患者の胸腔鏡下(VATS)胸腺摘出術に際して麻酔管理における目標の 1 つである。ただし、挿管条件が最適でない場合、ダブルルーメンチューブ(DLT)による気管挿管は困難な場合がある。この二重盲式無作為化比較試験は、硫酸マグネシウムが DLT 挿管…
コメント:0

続きを読むread more

腹囲は、超音波で推定される妊婦の硬膜外の深さと強い相関関係がある:前向き観察研究

・妊婦の脊柱の処置前超音波検査により、所望の椎間腔を特定し、針の軌道と推定される針の深さを予測できる。本研究の目的は、超音波で推定される硬膜外の深さ(ED)と腹囲(AG)、肥満指数(BMI)、体重、身長、年齢との相関関係を評価することであった。 ・本前向き観察研究では、皮膚から硬膜外腔までの深さの超音波推定値を得るために、横正中面…
コメント:0

続きを読むread more

非緊急血管内腹部大動脈瘤修復における局所麻酔と全身麻酔:系統的レビューとメタ分析

・この系統的レビューの目的は、血管内腹部大動脈瘤修復を受ける患者に局所/区域麻酔(LA/RA)か、または全身麻酔(GA)を使用した周術期の臨床転帰を評価することであった。 ・包括的な電子文献検索が創始から 2018 年 9 月まで行われ、血管内修復を受けた腹部大動脈瘤患者の LA/RA と GA を比較した全ての無作為化および非無…
コメント:0

続きを読むread more

超音波検査によって測定された舌の厚さは、気管挿管困難を予測できるか?

・舌の厚さが増すと、困難気道になる可能性がある。しかし、舌の厚さを評価する方法はなかった。現在、舌の厚さは超音波検査で測定できる。本研究では、気管挿管困難なを予測するために舌の厚さの予測値を調査した。 ・気管挿管と全身麻酔を受ける成人患者が研究に登録された。舌の厚さは、麻酔前に正中矢状面で顎下超音波検査を使用して評価された。気道評…
コメント:0

続きを読むread more

喉頭鏡検査困難を予測するための前頸部軟部組織と舌の厚さの超音波測定:観察分析研究

・気道超音波は、喉頭鏡検査困難を予測するための新しいツールである。本研究の目的は、喉頭鏡検査困難を予測するために、舌骨、甲状舌骨膜のレベルでの前頸部軟部組織の厚さと舌の厚さの超音波測定の有用性を調査し、気道評価のための臨床パラメーターと比較することであった。 ・310 人の成人手術患者で、中立位とスニッフィング位で、皮膚から舌骨ま…
コメント:0

続きを読むread more

待機的帝王切開の脊椎麻酔の知覚ブロックレベルに及ぼすボディラウンドネスインデックスの影響:観察研究

・本前向き試験で、著者らは、待機的帝王切開中に脊椎麻酔を受ける妊婦の脊椎麻酔の広がりと昇圧剤の必要性を予測する際に、母体のボディラウンドネスインデックス(BRI)の有効性を調査している。 ・175 人の参加者を前向きに登録した。脊椎麻酔は、L3-L4 椎間で 0.5% 高比重ブピバカイン 10 mg で行い、BRI の最適カットオ…
コメント:0

続きを読むread more

少量のレミフェンタニル前処置は、全身麻酔導入中のスフェンタニル誘発咳嗽を抑制する:無作為化二重盲式プラセボ対照試験

・スフェンタニルの静脈内使用は咳嗽を誘発する可能性がある。本研究の目的は、全身麻酔導入時のスフェンタニル誘発咳嗽に及ぼす小用量レミフェンタニルの前注入の抑制効果を評価することであった。 ・本前向き無作為化対照試験は、2019 年 1 月 10 日から 2019 年 3 月 1 日まで実施された。全身麻酔下に待機的手術を受けた合計 …
コメント:0

続きを読むread more

術中の血行動態と術後疼痛に及ぼす術前不安の影響

・研究の目的は、患者の不安度が、術中の血行動態パラメーターと術後疼痛、患者満足度、在院期間に及ぼす影響を調査することであった。 ・2015 年 12 月から 2016 年 2 月まで、トルコ、エディルネのトラキア大学医学部、一般外科での記述的研究である。待機的胆嚢摘出術に対して 72 人の患者が手術された。彼らは、状態特性不安イン…
コメント:0

続きを読むread more

無歯顎患者のさまざまな頭頸部体位での直接喉頭鏡視野の比較

・適切な頭頸部体位決めは、直接喉頭鏡検査を成功させるための重要な要素であり、無歯顎患者の最適な体位は不明である。無歯顎患者の単純な頭部伸展、スニッフィング位、高位スニッフィング位での直接喉頭鏡視野を比較した。 ・待機的手術を予定している成人の無歯顎患者 18 人を研究に含めた。麻酔導入後、無作為順に 3 つの異なる頭頚部位で、声門…
コメント:0

続きを読むread more

直接喉頭鏡検査による喉頭展開における異なる高さへの頭部挙上の効果

・本研究の目的は、全身麻酔下で待機的手術を予定している成人患者で最良の喉頭鏡視野を得るための最適な枕の高さを調査することであった。 ・困難気道を示唆する特徴がなく、気管挿管による全身麻酔下で手術を受ける成人患者 150 人を研究に登録した。麻酔導入後、枕なしの頭位と、高さ 5cm と 10cm の非圧縮性枕を使用して、直接喉頭鏡の…
コメント:0

続きを読むread more

気管支ファイバー検査中の局所麻酔のための輪状甲状膜注射 vs 進んだ分だけスプレー法:無作為化臨床試験

・診断的気管支ファイバー検査時のリドカイン投与のための輪状甲状膜注射と進めた分だけスプレー法の比較特性は明らかではない。 ・主要評価項目は、気管支ファイバー挿入から気管分岐部に達するまでの咳嗽回数と、視覚アナログスケール(VAS)での術者評価の全体的な処置満足度の群間比較であった。副次評価項目は、群間でのリドカインの総投与量、処置…
コメント:0

続きを読むread more

泌尿器悪性腫瘍の術前の血清 Dダイマー上昇患者における深部静脈血栓症の発生率と予測因子

・研究の目的は、泌尿器悪性腫瘍手術前に D ダイマーが上昇した患者の深部静脈血栓症(DVT)の発生率と予測因子を分析することであった。 ・2015 年 1 月から 2017 年 9 月までに、987 人の連続患者が当院で全身麻酔下に泌尿器悪性腫瘍の手術を受けた。これらのうち、191 人の患者は、D ダイマーの上昇により DVT に…
コメント:0

続きを読むread more