乳児および小児の術後呼吸器合併症に及ぼす高用量筋弛緩薬の影響

・本研究では、筋弛緩薬の投与量と乳児および小児の術後呼吸器合併症との関連を評価した。 ・手術を受ける年齢 10 歳以下の小児に施行された 6507 件の全身麻酔のデータを分析して、術後呼吸器合併症(主要評価項目)および副次評価項目に及ぼす筋弛緩薬の用量の影響を調べた。交絡因子調整分析では、年齢、手術時間、併存疾患の影響に対処した。…
コメント:0

続きを読むread more

32655 人の産科患者における硬膜穿刺後頭痛の 10 年間後向き研究

・偶発的硬膜穿刺と硬膜穿刺後頭痛は、分娩時の脊柱管麻酔の合併症としてよく知られている。本研究の主な目的は、大学関連三次医療センターで 10 年間に脊柱管麻酔を受けた全ての妊産婦で、硬膜穿刺後頭痛と硬膜外血液パッチの割合を特定することであった。2 番目の目標は、硬膜穿刺後頭痛による退院の遅れを特定することであった。 ・2006 年 …
コメント:0

続きを読むread more