■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2019/10/24

MCQ12.png



【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (t_______________) (l_____) : 気管気管支洗浄

(2) (g____) (r________) : 移植片拒絶

(3) (s_______) : 血球凝集/スラッジング/泥化

(4) (_______a) : 半昏睡

(5) (t______) (h_______) : 緊張性頭痛


[解答]
(1)tracheobronchial lavage(2)graft rejection
(3)sludging(4)semicoma
(5)tension headache


[出典] 麻酔科学用語集 第3版


■ Top 100 Secrets ■
Except for visualization with bronchoscopy,CO2 detection is the best method of verifying endotracheal tube location.

[Words & Phrases] ◆ except for : 〜を別にすれば
◆ visualization [vi`3uэlэze'i∫n] : 視覚化
◆ bronchoscopy [braηka'skэpi] : 気管支鏡検査法
◆ verify [ve'rэfa`i] : 〜を検証する、確かめる


[出典]Anesthesia Secrets 3rd Edition






【問題2】(溺水・中毒・体温) ボツリヌス中毒とフグ中毒で共通しない症状はどれか?
1) 構語障害
4) 知覚障害
2) 呼吸障害
5) 発熱なし
3) 意識清明


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] フグ中毒の原因となるテトロドトキシンには局所麻酔様作用があるため、食後2〜3時間後に「舌のしびれ」などの知覚障害が認められるが、ボツリヌス中毒の場合には知覚障害を認めない。


[正解] 4 [出典] クリティカル記憶術2P152〜154



【問題3】(輸血) 輸血用マイクロフィルタに関して正しいのはどれか。

ア:一般の輸血用フィルタは70μmメッシュであり、それ以下のフィルタをマイクロフィルタという。

イ:肺微小血栓症は保存血の輸血で発生する。

ウ:肺微小血栓症による生理学的変化は肺生理学的死腔の増大である。

エ:保存血中に含まれる白血球は、免疫反応の原因となるので、マイクロフィルタで捕そくした方がよい。

オ:マイクロフィルタは血小板を捕そくするので、使用すべきではない。


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 通常の輸血フィルタのメッシュは170μm程度、マイクロフィルタのメッシュは30〜40μm低度である。保存血中の微小凝集体(血小板、白血球、フィブリンなどからなる)の大きさは70μm以上である。保存血中の微小凝集塊が肺毛細血管床に捕捉されて、肺微小血栓症が発生する(→肺高血圧、ARDS、PaO2低下、生理学的死腔増加)。保存血中に含まれる白血球は、免疫反応の原因となるので、マイクロフィルタで捕捉した方がよい。血小板輸注では凝集塊を除くためにマイクロフィルタを用いるが、5〜10%くらいの血小板はフィルタに吸着される。


[正解] (イ)、(ウ)、(エ) [出典] 第26回麻酔指導医認定筆記試験:B9

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント