トラネキサム酸の局所投与は、全身麻酔中の副鼻腔手術における術中出血を減少させるか?

トラネキサム酸3.png・トラネキサム酸は止血剤であり、フィブリンの分解を抑制する。これは術中出血を抑えるのに有益である。本研究の目的は、内視鏡下副鼻腔手術中の出血と手術野に及ぼすトラネキサム酸の効果と患者への副作用のメタ分析とレビューを提供することであった。

・2 人の著者が、記事収集開始から 2018 年 7 月まで 6 つのデータベース(Medline、SCOPUS、Embase、Web of Science、Google Scholar、Cochrane ライブラリ)を別々に検索した。術中出血、手術所要時間、低血圧、嘔気嘔吐、凝固検査結果は、術中のトラネキサム酸(治療群)とプラセボ(対照群)の分析に含まれた。

術中出血量は、プラセボ群と比較して治療群の方が、統計的に少なく、手術野の質はプラセボ群よりも治療群の方が統計的に良好であった。一方、手術時間、血行動態、群間の凝固検査結果に有意差はなかった。さらに、トラネキサム酸は、対照群と比較して、嘔吐および血栓症に有意な影響を及ぼさなかった。

・このメタ分析は、トラネキサム酸の局所投与が術中出血量を減らし、手術の全体的な質を改善できることを示している。術中の血行動態の不安定性、術後の嘔吐、または異常な凝固検査結果は報告されていない。研究が少ないため、本研究の結果を確認するには追加の研究が必要である。

他にも開心術の閉胸時とか、トラネキサム酸の局所投与が止血に有用であるという報告はいろいろとあるようだ。

【出典】
Does topical application of tranexamic acid reduce intraoperative bleeding in sinus surgery during general anesthesia?
Braz J Otorhinolaryngol. 2019 Oct 3. pii: S1808-8694(19)30113-2. doi: 10.1016/j.bjorl.2019.08.006. [Epub ahead of print]




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント