トラネキサム酸の局所投与は、全身麻酔中の副鼻腔手術における術中出血を減少させるか?

・トラネキサム酸は止血剤であり、フィブリンの分解を抑制する。これは術中出血を抑えるのに有益である。本研究の目的は、内視鏡下副鼻腔手術中の出血と手術野に及ぼすトラネキサム酸の効果と患者への副作用のメタ分析とレビューを提供することであった。 ・2 人の著者が、記事収集開始から 2018 年 7 月まで 6 つのデータベース(Medli…
コメント:0

続きを読むread more

鼡径ヘルニア手術後の術後尿閉に及ぼす術中フォーリーカテーテルの影響

・鼡径ヘルニア手術中にフォーリーカテーテル(FC)がよく使用される。ただし、術後尿閉(POUR)に及ぼす術中 FC 使用の影響はよく理解されていない。 ・著者らは、6.5 年にわたって南カリフォルニアカイザーパーマネンテ医療センター 15 施設での 27,012 件の鼡径ヘルニア手術に際して緊急治療または ED への予定外再来を検…
コメント:0

続きを読むread more

気持玉通知 2019/10/25 ~ 10/30

すっかり、秋らしくなりました。肌寒いくらいになって、夜は厚い布団がいるようになりましたね。今日は水曜日、後 2 日頑張れば週末、もうひと頑張りしましょうかね。 たくさんの気持玉をありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。 ◆ 脊椎麻酔下で手術を受けた非産科患者の腰痛の発生率と要因:前向き 1 年追跡調査 1件 …
コメント:0

続きを読むread more

フェンタニルとプロポフォール投与の時間間隔が麻酔導入に必要なプロポフォール用量に及ぼす影響:無作為化対照試験

・プロポフォールによる麻酔導入前のフェンタニルの投与は、プロポフォールの導入量とその副作用を減らして、スムーズな導入を促進するはずである。本研究は、フェンタニルとプロポフォールの投与間隔を変えて麻酔導入に必要なプロポフォールの投与量に及ぼす影響を調査するために計画された。 ・施設倫理委員会の承認の後、全身麻酔下で待機的手術を受ける…
コメント:0

続きを読むread more

高齢者における麻酔の亜酸素化窒素の有無と長期的認知経過

・著者らは、亜酸素化窒素(N2O)を使用しない全身麻酔と比較して、N2O を使用した全身麻酔を受けた高齢者の方が全体的認知の術後の低下率が大きいという仮説を評価した。 ・認知機能の縦断的測定は、Mayo Clinic Study of Aging に登録された年齢 70〜91 歳の非認知症の成人で分析された。時変共変量を伴う線形混…
コメント:0

続きを読むread more

区域または全身麻酔後の乳癌の再発:無作為化比較試験

・癌手術時に、周術期の 3 つの要因が、再発に対する宿主の防御を損なう:外科的ストレス反応、揮発性麻酔薬の使用、鎮痛のためのオピオイド。全ての要因は、区域麻酔/鎮痛により改善される。根治可能性のある乳癌の術後再発は、揮発性麻酔薬セボフルランとオピオイド鎮痛による全身麻酔よりも、傍脊椎ブロックと麻酔薬プロポフォールを使用した区域麻酔/鎮痛…
コメント:0

続きを読むread more

手術予定に上がった時に無料のニコチンパッチを提供された待機的手術患者の禁煙:予備研究

・無料のニコチンパッチは、術前の禁煙を促進する可能性がある。 ・非緊急手術を待っている喫煙者(1 日 10 本以上のタバコ)は、無料のニコチンパッチの提供または無料のニコチンパッチを提供されなかった対照群に無作為に割り当てられた(3:1)。推奨レジメンは 5 週間続き、3 週間と 4 週間後にパッチ強度を徐々に低下させた。主要転帰…
コメント:0

続きを読むread more

大手術後の麻酔深度と合併症:国際的な無作為化比較試験

・麻酔深度の増加と術後生存の減少との関連性は、観察研究で示されている。ただし、無作為化比較試験からのエビデンスは不足している。著者らの目的は、大手術を受け、浅いまたは深い全身麻酔に無作為に割り当てられた高齢患者の 1 年全死因死亡を比較することであった。 ・国際的試験では、年齢 60 歳以上で、有意な併存疾患があり、手術所要時間が…
コメント:0

続きを読むread more

重症疾患小児の血行動態と死亡率に及ぼすケタミン持続注入の効果

・著者らは、重症疾患小児患者で、ケタミン持続注入が血行動態と死亡率に及ぼす影響を調査した。三次小児集中治療室(PICU)で後ろ向きコホート研究を実施した。 ・2015 年から 2017 年まで 24 時間以上、持続的に鎮静剤を使用した患者が含まれた。持続ケタミンの開始前と開始後の 12 時間の血圧、心拍数、呼吸数、血管作動薬、鎮静…
コメント:0

続きを読むread more

術前アスピリンと冠動脈バイパス移植術後の急性腎障害との関連

・研究の目的は、冠動脈バイパス術(CABG)の 24 時間以内に投与された術前アスピリンが CABG 後の術後急性腎障害(AKI)の発生率を低下させるという仮説を検証することであった。 ・本後ろ向き研究では、696 人の患者が、アスピリン最終投与と手術時間との時間間隔に従っていくつかの群に割り当てられた。合計 322 人の患者が …
コメント:0

続きを読むread more

認知症とアルツハイマー病の CSF バイオマーカーは、急性股関節骨折後の死亡率を予測する

・急性股関節骨折(AHF)術後の死亡率は高い。認知障害および/または、脳脊髄液(CSF)中のアルツハイマー病(AD)バイオマーカー値の変化は、後向き研究が示すように、AHF 患者の死亡の予測因子となるのか? ・脊椎麻酔で手術を行った 373 人の AHF 患者を含む前向き単施設試験である。認知状態は、臨床認知症評価(CDR)によっ…
コメント:0

続きを読むread more

麻酔導入時の上部食道閉塞に及ぼす輪状軟骨と傍喉頭部圧迫の効果:無作為化交差試験

・本研究の目的は、麻酔導入時の食道入口部閉塞に及ぼす輪状軟骨と傍喉頭部圧迫の有効性を評価することであった。 ・74 人の患者が本無作為化交差研究に含まれた。声門の相対位置と上部食道入口部の外側前後径は、ベースライン時点と、輪状軟骨と傍喉頭部に 30 N の圧迫を加えた後、麻酔導入後に評価した。輪状軟骨と傍喉頭部の圧迫による食道入口…
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔下で手術を受けた非産科患者の腰痛の発生率と要因:前向き 1 年追跡調査

・研究の目的は、非産科手術を受けた患者の脊椎麻酔後(SPA)腰痛(LBP)の発生率と関与する要因を調査することであった。 ・1 年間の前向き追跡研究で、SPA を使用した非産科手術を受けた患者が含まれた。患者は SPA 後、術後 1 週間は毎日、1週間、1 ヵ月は週 1 回、その後、1年間は 1 ヵ月に1回、電話とインタビューで追…
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下胆嚢摘出術におけるスガマデクス vsピリドスチグミン/グリコピロレートによる筋弛緩の拮抗:術後の消化管運動…

・アセチルコリンエステラーゼ阻害剤(例、臭化ピリドスチグミン)は、全身麻酔(GA)で手術を受ける患者の筋弛緩(NMB)の拮抗に使用される。抗コリン薬(例えば、グリコピロレート)の併用は、コリン作動性副作用を減少させるが、腸蠕動を妨げる可能性がある。スガマデクスにはコリン作用はない。その使用は、ピリドスチグミン/グリコピロレートと比較して…
コメント:0

続きを読むread more

スガマデクスの使用および関連費用の削減に及ぼす認知支援の効果:時系列分析

・著者らは、自施設へのスガマデクス導入後、医薬品コストが増加することを観察した。 スガマデクスの使用を減らす要請があった後、著者らは、拮抗薬を選択するのに役立つ認知支援を提示した。本研究の目的は、認知支援の提示後にスガマデクスの使用が変化したかどうかを調査することであった。著者の仮説は、スガマデクスの使用とそれに関連するコストが減少する…
コメント:0

続きを読むread more

気持玉通知 2019/10/16 ~ 10/24

気持玉をたくさんありがとうございました。 今後ともよろしくお願いいたします。 ◆ 婦人科腹腔鏡検査後の急性術後痛の予測因子の特定 1件 なるほど(納得、参考になった、ヘー) ◆ ■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2019/10/23 1件 ナイス ◆ 救急部から ICU への移送時間は病院死亡率…
コメント:0

続きを読むread more

肥満および非肥満の妊婦における硬膜外カテーテル留置:系統的レビューとメタ分析

・分娩時に硬膜外鎮痛を受ける肥満妊婦の割合が増加しているため、これらの女性の硬膜外留置中の硬膜外失敗と困難の割合を評価する必要がある。 ・2017 年 12 月まで、PubMed、Embase、Medline、Google scholarで、肥満妊婦と非肥満妊婦で硬膜外カテーテル留置において、失敗および/または困難を報告した記事に…
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下での帝王切開の導入時オピオイド:無作為化比較試験の系統的レビューとメタ分析

・新生児に及ぼす導入時オピオイドの副作用は十分には特徴すけられていない。本研究の目的は、帝王切開において新生児に悪影響を与えることなく導入時オピオイドを使用できるかどうかを調査することであった。 ・創始から 2019 年 1 月まで 6 つのデータベースを体系的に検索した。含まれた研究では、帝王切開で導入時オピオイドとプラセボを比…
コメント:0

続きを読むread more

婦人科腹腔鏡検査後の急性術後痛の予測因子の特定

・婦人科腹腔鏡検査後の痛みは軽微であると想定されているが、多くの女性は麻酔回復室(PACU)で術後の予期しない痛みに苦しんでいる。これらの患者を事前に特定することは、効果的な鎮痛にとって重要である。そこで、婦人科腹腔鏡検査後の術後急性疼痛の予測因子を調査しようとした。 ・婦人科腹腔鏡検査を受ける 280 人の患者のデータを分析した…
コメント:0

続きを読むread more

意識のある術後患者の代理疼痛尺度としての Surgical Pleth Index とAnalgesia Noci…

・代理疼痛尺度として Surgical Pleth Index(SPI)と Analgesia Nociception Index 鎮痛侵害受容インデックス(ANI)の性能を評価し、意識のある術後患者の疼痛を検出するためのそれぞれのカットオフ値を調査した。 ・合計で、192 人の待機的手術後患者が登録された。ベースライン SPI …
コメント:0

続きを読むread more

救急部から ICU への移送時間は病院死亡率と関連している:オランダの 6 つの大学病院からの患者 14,788 …

・救急部から ICU への待機時間が延長すると、集中治療が遅れる可能性があり、患者転帰に悪影響を与える可能性がある。本研究の目的は、救急部から ICU までの移送時間が病院死亡率に関連しているかどうかを調査することであった。 ・著者らは、オランダの質登録レジストリ国立集中治療評価から得たデータを使用して後ろ向き観察コホート研究を実…
コメント:0

続きを読むread more

急性呼吸不全に対する気管切開後の 1 年間の転帰

・気管切開の利用は最近劇的に増加した。予想される転帰と実際の転帰との間に大きなギャップが存在し、重大な意思決定の対立と後悔をもたらしている。著者らは、意思決定と医療資源の割り当てに役立つように、気管切開後の 1 年間の患者転帰と医療利用を調査した。 ・カリフォルニアの全病院で 2012 年から 2013 年までに退院し、2014 …
コメント:0

続きを読むread more

心血管イベントのリスクがない患者で α2-アドレナリン受容体作動薬に起因する周術期有害事象:系統的レビューとメタ分析

・いくつかの系統的レビューにより、周術期の α2-アドレナリン受容体作動薬をさまざまな状態に使用する利点が報告されているが、安全性のエビデンスはほとんど記載されていない。 ・有害事象に焦点を当てた系統的レビューを実施した。MEDLINE、Embase、LILACS、Cochrane、Clinical Trials Register…
コメント:0

続きを読むread more

ビデオ補助胸腔鏡下肺葉切除術における区域鎮痛と全身鎮痛の比較:後ろ向き分析

・解剖学的肺切除のためのビデオ補助胸部手術(VATS)の最適な周術期鎮痛戦略は依然として未解決の問題のままである。胸部傍脊椎または硬膜外鎮痛としての区域鎮痛の概念は、全身オピオイド投与として使用された。著者らは、区域麻酔は、VATS 肺葉切除において非経口オピオイドによる全身鎮痛と比較して鎮痛が改善され、肺合併症の発生率の低下に関連する…
コメント:1

続きを読むread more

薬物依存歴のある患者に重点を置いた全身麻酔後の不適切な覚醒の危険因子

・本研究の目的は、全身麻酔後の成人患者と薬物依存患者における覚醒時興奮と低活動性覚醒の両発生率と危険因子を明らかにし、危険因子と彼らのを適切な管理を考案することである。 ・本前向き観察研究では、全身麻酔下に待機手術を受けた成人患者 1136 人を募集した。不適切な覚醒は、Richmond Agitation-Sedation Sc…
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下胆嚢摘出術中の頭蓋内圧に及ぼす低圧および高圧二酸化炭素気腹の影響

・腹腔鏡手術は、頭蓋内圧の上昇と神経学的合併症の危険因子である。まれではあるが、予後が重篤となることがある。 ・腹腔鏡下胆嚢摘出術の患者 101 人を登録し、2 群に無作為化した:術中の低圧 8 mm Hg(A 群)と高圧 14 mm Hg(B 群)の二酸化炭素気腹。50 人の患者が A 群に、51 人の患者が B 群に属していた…
コメント:0

続きを読むread more

高齢患者の迅速導入におけるレミフェンタニルの有効性と安全性:3 群並行二重盲式無作為化比較試験

・誤嚥リスクのある患者には迅速導入(RSI)が推奨されるが、頻脈などの血行動態の有害事象が誘発される。この試験の目的は、高齢患者で、RSI 中にレミフェンタニルを追加した場合の頻脈(主要評価項目)、高血圧(挿管による)または低血圧(レミフェンタニル)の発生に及ぼす影響を評価することであった。 ・この 3 群並行二重盲式多施設対照研…
コメント:0

続きを読むread more

小児の腹腔鏡下ヘルニア修復のためのラリンジアルマスクと気管挿管:呼吸器合併症の分析

・本研究の目的は、鼠径ヘルニアの経皮的内輪縫合(PIRS)を受ける小児でラリンジアルマスク(LM)と気管挿管(TI)の周術期および術後の呼吸器合併症を比較することであった。 ・2015 年 10 月から 2019 年 2 月までに、鼠径ヘルニアに対して PIRS を受けた年齢中央値 4 歳の小児患者 135 人(男児 97 人、女…
コメント:0

続きを読むread more

数十年ぶりの自炊!その54:超簡単なサラダ用ドレッシング(その3)

超いいかげんなドレッシングの作り方・・・・ 要するに、「酢っぱいもの」と「塩っぱいもの」を混ぜて、さらに「油でマイルドに」すればいいんだよ。 <組み合わせ> 【酢・すし酢・ポン酢醤油】 × 【醤油・だし醤油・麺つゆ・塩胡椒・柚子胡椒】 × 【サラダ油・オリーブオイル・ごま油】 × 【しょうが・にんにくなど薬味】 【玉…
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔前の軽い朝食を摂取した小児患者の胃超音波で評価した胃内容物:前向き観察研究

・健康ボランティアでは、軽い朝食は 4 時間以内にが胃から排出されることがわかっている。本研究の目的は、全身麻酔を予定されている小児で、ヨーグルトまたはお粥の軽い朝食が 4 時間以内に胃から排出されるかどうかを調査することであった。 ・この観察コホート研究では、待機的全身麻酔が予定されている年齢 1〜6 歳の小児に、麻酔導入の 4…
コメント:0

続きを読むread more

開腹大動脈瘤手術におけるトラネキサム酸:無作為化臨床試験

・出血と輸血は大動脈手術の死亡率に影響する。トラネキサム酸は複数の設定で出血を有意に減少させたが、大血管手術におけるその役割は研究されなかった。本研究の目的は、トラネキサム酸が開腹腹部大動脈瘤(AAA)手術の出血量を減らすかどうかを調査することであった。 ・待機的開腹 AAA 修復を受けた合計 100 人の患者を無作為化して、トラ…
コメント:0

続きを読むread more

小児集団における術後咽喉頭痛の発生率に関する前向き観察コホート研究

・術後咽喉頭痛は全身麻酔後によく見られる。小児麻酔での発生率はさまざまであり、病因は不明である。危険因子を確立することにより、予防が可能になり、ケアの質が向上する。著者らは、気管チューブまたはラリンジアルマスクで GA を受ける小児の術後咽頭痛の発生率を確立することを目的として、前向き単施設コホート研究を実施した。副次的な目的は、咽喉頭…
コメント:0

続きを読むread more

低用量 vs 高用量の術中オピオイド:メタ分析と試験逐次分析を伴う系統的レビュー

・オピオイド誘発性痛覚過敏はオピオイド投与に続発する侵害受容感作の状態である。このメタ分析の目的は、全身麻酔下の患者の低用量レジメンと比較した場合、高用量の術中オピオイドが術後疼痛と痛覚過敏の増加の一因となるという仮説を検証することであった。 ・系統的レビューとメタ分析声明のガイドラインの優先報告項目(PRISMA)に従って、GR…
コメント:0

続きを読むread more

気持玉通知 2019/10/02 ~ 10/16

10 月 2 日に気持玉機能が復活してから、毎日のように気持玉が届くようになりました。これまでに 90 個前後の気持玉がとどきました。ありがとうございます。 以前のシステムに比べると、後から追加した機能であるためか、気持玉をクリックした後のレスポンスがもたつくようですが、それにもかかわらず、気持玉をクリックしてくださっている読者…
コメント:0

続きを読むread more

エスモロール注入は、受胎能温存子宮筋腫核出術中の出血量とオピオイド消費量を減らす

・本研究の目的は、開腹筋腫摘出術中の術中出血に及ぼすエスモロール誘発性低血圧麻酔(EIHA)の効果を評価することである。 ・88 人の女性を無作為に子宮タニケットなしの EIHA を受ける研究群と子宮タニケットで正常血圧麻酔を受ける対照群に分けた。EIHA は、麻酔導入前のエスモロールの負荷用量(0.5mg/kg)と持続注入(0.…
コメント:0

続きを読むread more

整形外科手術における脊椎麻酔特性に及ぼすクモ膜下レボブピバカインの異なる温度の影響:前向き無作為化試験

・局所麻酔薬の温度は、脊椎麻酔の分布に影響を与える可能性がある。本研究の目的は、整形外科手術における脊椎麻酔の特性とシバリングに及ぼすクモ膜下 0.5% レボブピバカインの異なる温度の効果を比較することである。 ・ASA-PS I/II で、整形外科手術を予定している年齢 40〜70 歳の 120 人の患者を対象に、無作為化前向き…
コメント:0

続きを読むread more

子宮摘出後の術後鎮痛に対する腹横筋膜面ブロックに及ぼすブピバカインへのミダゾラム追加の有効性:無作為化対照試験

・さまざまな区域ブロック法の質を高め、局所麻酔薬の持続時間を延長するために、さまざまな補助剤が利用されてきた。本研究の目的は、腹横筋膜面(TAP)ブロックにおいて、ブピバカインに併用したミダゾラムが、24 時間モルヒネ消費量、術後鎮痛持続時間、有害作用に及ぼす効果を評価することであった。 ・大学病院で実施された前向き無作為化対照二…
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管を受ける患者の術後咽喉頭痛、咳、嗄声を軽減する 3 つの異なる方法の比較

・術後咽喉頭痛(POST)は、気管挿管による全身麻酔後の頻繁にある望ましくない合併症である。さまざまな薬理学的・非薬理学的手法が POST の軽減に使用されるが、その成功率はさまざである。しかし、単剤で一般的に受け入れられているものはない。本研究の目的は、POST の発生率と重症度に及ぼすベタメサゾンゲル、ケタミン含嗽、静脈内デキサメタ…
コメント:0

続きを読むread more

術中フェンタニル投与と術後悪心/嘔吐および疼痛との関連:前向きコホート研究

・術後悪心嘔吐(PONV)は、患者が最も恐れる麻酔関連の影響の 1 つであり、退院を遅らせる可能性がある。スコアと危険因子は確立されているが、多くは現代的麻酔レジメンの前に、修正可能な麻酔関連変数に焦点を当てることなく開発された。本研究の目的は、現代的麻酔レジメンに関連して、術中フェンタニルの投与量と PONV、および 24 時間以内の…
コメント:0

続きを読むread more

整形外科の前腕手術後の術後回復の質に及ぼす麻酔の種類の影響

・術後回復の質は要因の影響を受ける可能性があるが、麻酔の種類がそれに影響を与えるかどうかについての調査はほとんどない。この単盲式前向き観察研究で、著者らは、整形外科の前腕手術を受ける患者の術後回復の質を全身麻酔と区域麻酔(腕神経叢ブロック)下で比較した。 ・年齢 18〜65 歳の 97 人の患者で整形外科の前腕手術を受けるASA-…
コメント:0

続きを読むread more

腹部手術でのレミフェンタニルは、予想外の不良な転機に関連している

・不十分な周術期疼痛治療は、術後慢性疼痛の発症が高度に予測される危険因子として知られている。レミフェンタニルは長短時間作用性のオピオイドで、迅速で効果的な鎮痛を提供するが、オピオイド誘発性疼痛過敏の誘発に関連している。これらのよく知られた特性にもかかわらず、この物質は、麻酔と、集中治療医学や産科などのさまざまな医療分野でますます使用され…
コメント:0

続きを読むread more

筋弛緩の自然回復の評価:TOF-Cuff と TOF WatchSX の比較

・TOF-Cuff は、筋弛緩のモニタリングに使用される改良型血圧カフである。著者らは、TOF-Cuff(試験器具)と TOF WatchSX(参照器具)の筋弛緩の自然回復の評価を比較した。 ・待機的手術を受ける年齢 18〜65 歳の 40 人の患者を登録し、TOF-Cuff を上腕に、TOF WatchSX を反対側の拇指に装着…
コメント:0

続きを読むread more

高齢者における全身麻酔下での手術への曝露と脳磁気共鳴画像の変化

・前臨床研究は、全身麻酔(GA)への暴露がアルツハイマー病(AD)の病理に一致する神経変性を引き起こす可能性があることを示唆している。脳の磁気共鳴画像(MRI)は、脳の構造変化を研究するのに役立つ。GA 下の手術(手術/GA)への曝露は、皮質の浅薄化増長と白質病変の頻度増加に関連しているという仮説を検証した。 ・これは、ベースライ…
コメント:0

続きを読むread more

手術患者の肺保護換気:国際専門家パネルに基づくコンセンサス勧告

・術後肺合併症(PPC)は頻繁に発生し、相当な合併症率と死亡率に関連付けられている。肺保護換気戦略を術中に使用することで PPC の減少を達成できることを示すエビデンスがあるが、周術期管理に関するコンセンサスは確立されていない。 ・著者らは、国際コンセンサス作成会議で、手術患者の肺保護の推奨事項を決定しようとした。7 人の専門家が…
コメント:0

続きを読むread more

肩関節形成術後の術後疼痛管理のためのワンショット vs 持続的斜角筋間ブロック:前向き無作為化臨床試験

・局所麻酔薬の持続カテーテル注入は、人工肩関節手術後の局所麻酔の有効性を拡張する。著者らの目的は、連続斜角筋間ブロック(CIB)と単回斜角筋間ブロックを比較することであり、仮説は、これらは人工肩関節形成術患者において同様の安全性と有効性を提供するというものであった。 ・76 人の患者は、人工肩関節形成術後のロピバカイン単回斜角筋間…
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける患者の麻酔導入時の胃送気に及ぼす異なる換気量でのフェイスマスク換気の効果

・研究の目的は、異なる換気量のフェイスマスク換気を使用して、腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける患者の麻酔導入時の胃内ガス注入の発生を比較するであった。 ・これは、2018 年 1 月から 2018 年 6 月までに全身麻酔下に腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける 54 人の患者の前向き研究である。麻酔導入中に、6ml/kg(V6 群)、8 ml/k…
コメント:0

続きを読むread more

下肢切断のための区域麻酔の使用は、周術期の昇圧薬の必要性を減らす可能性がある:傾向スコアを一致させた観察研究

・下肢切断(LEA)は、術後死亡リスクが高いことに関連している。麻酔の種類が術後死亡率に及ぼす影響は、さまざまな手術で研究されている。ただし、LEA に最適な麻酔法の選択を導くためのデータは限られている。本研究の目的は、LEA を受ける糖尿病および/または末梢血管疾患患者の周術期転帰に及ぼす麻酔の種類の影響を調査することであった。 …
コメント:0

続きを読むread more

静脈内患者管理鎮痛法を受ける間、腹腔鏡下肥満症手術後 24時間における中程度から重度の痛みの危険因子

・研究の目的は、腹腔鏡下肥満症手術後の 24 時間における中程度から重度の痛みの発生率と危険因子を調査することであった。 ・本後ろ向き研究には、2016 年 6 月から 2018 年 7 月までに単施設で腹腔鏡袖状胃切除術か、または Roux-en-Y 胃バイパス術を受けた病的肥満患者が含まれた。麻酔回復室(PACU)と病棟で分析…
コメント:0

続きを読むread more

閉塞性睡眠時無呼吸の高リスク小児におけるアデノイド扁桃摘出術後呼吸器合併症:後ろ向きコホート研究

・閉塞性睡眠時無呼吸は、小児の 1〜4% で発生する。アデノイド扁桃摘出術は効果的な治療法である。死亡/重度脳損傷は、アデノイド扁桃摘出術の 0.6/10,000 で発生する。小児では、60% が気道/呼吸器症状に続発する。これまでの研究では、年齢 2 歳未満の小児、極端な体重、頭蓋顔面、神経筋、心臓/呼吸器疾患といった併存合併症、重度…
コメント:0

続きを読むread more

小児の覚醒時興奮に及ぼすケタミンの効果:系統的レビューとメタ分析

・ケタミンは、手術や処置を受ける小児の覚醒時興奮の発生率を低下させると考えられている。しかし、最近の無作為化比較試験では、相反する結果が報告された。本研究の目的は、小児の覚醒時興奮に及ぼすケタミンの効果を調査することであった。 ・MEDLINE、EMBASE、CENTRAL のデータベースを創始日から 2019 年 2 月まで体系…
コメント:0

続きを読むread more

数十年ぶりの自炊!その53:超簡単なサラダ用ドレッシング(その2)

前回の記事を書いたときに、いろいろと〇ックパッドのドレッシングのレシピを見ていて、「サラダを作ってから、ドレッシングを切らしていたことに気付いて・・・」、仕方がないので、あり合わせの材料を自分で調合してみたら「これってイケル!」ってことで、レシピ投稿に至ったものがけっこうあった。 ドレッシングは、基本的に「酢」と「油」、その他の調…
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管困難の管理:クローズドクレーム分析

<このトピックについてすでに知っていること> 挿管困難または失敗は、患者の合併症率と麻酔科医の責任の主な原因である。更新された気道管理ガイドラインと新しい気道器具の実臨床への組み込みは、患者の転帰に影響を与える可能性がある。 <この記事が教えてくれる新しいこと> この記事では、麻酔クローズドクレームプロジェクトデータベースを使…
コメント:0

続きを読むread more

高流量鼻酸素は、全身麻酔を受ける病的肥満患者の安全な無呼吸時間を改善する:無作為化対照試験

・全身麻酔を受ける病的肥満患者は、麻酔導入中に低酸素血症のリスクがある。麻酔導入中の高流量経鼻酸素化の使用は、非肥満症手術患者の安全な無呼吸時間を延長する。著者らの研究の主な目的は、病的肥満の手術患者において、麻酔導入中に高流量経鼻酸素化と従来型フェイスマスク酸素化を行った患者との間で、安全な無呼吸時間を比較することであった。 ・…
コメント:0

続きを読むread more

股関節形成術を受けた患者の血液流動性に及ぼす術後患者管理鎮痛の影響

・研究の目的は、患者管理鎮痛(PCA)が股関節形成術を受けた患者の血液流動性の改善に寄与するという仮説を検証することであった。 ・脊椎麻酔下に股関節形成術を受けた年齢 60〜75 歳の 120 人の患者を、無作為に PCA 群(n=60)と対照群(n=60)に分けた。PCA 群の患者は、術後 3 日間 PCA を受けた。正中肘静脈…
コメント:0

続きを読むread more

同種輸血と外科的肝癌切除後再発との関連

・同種輸血が肝細胞癌切除後の生存または癌再発に影響するかどうかについては、矛盾するエビデンスがある。 ・著者らは、中央値(IQR[範囲])45(21-78[0-162])ヵ月間にわたって、肝細胞切除を受けた 1469 人の患者を追跡し、そのうち 626 人(43%)が手術後 7 日以内に輸血を受けた。無病生存と患者生存の両方を、比…
コメント:0

続きを読むread more

外傷による死亡率と転帰の予測における米国麻酔学会身体状態分類(ASA-PS)の役割

・改訂外傷スコア(RTS)や外傷傷害重症度スコア(TRISS)などの外傷予測スコアは、死亡率を予測するために使用されるが、併存疾患は含まれない。著者らは、外科手術を受けた外傷患者の死亡率を予測するために、米国麻酔学会身体状態分類(ASA PS)を分析した。 ・この多施設後ろ向き研究では、混合効果ロジスティック回帰を用いた完全な症例…
コメント:0

続きを読むread more

オンポンプ心臓手術後の術後肺合併症に及ぼす肺開存 vs 従来型周術期換気戦略の効果:PROVECS 無作為化臨床試験

・研究の目的は、周術期の肺開存換気戦略が、待機的オンポンプ心臓手術後の術後肺合併症を予防するかどうかを評価することであった。 ・無作為化多施設共同対照試験で、オンポンプ心臓手術予定の患者を、人工心肺(CPB)時に換気せず、低い周術期呼気終末陽圧(PEEP)レベル(2 cm H2O)を使用する従来型換気戦略か、または CPB 中に換…
コメント:0

続きを読むread more

エアクッションのあるフェイスマスクとないフェイスマスクとのマスク換気性能の比較

・マスク換気は、麻酔導入に際しての基本的な手法である。頭頸部手術で、著者らは、顔面奇形のために換気困難に遭遇したことがある。最近、エアクッションのない新しいタイプのフェイスマスクである QuadraLite フェイスマスク(インターサージカル、バークシャー、英国)が開発された。本研究の目的は、新しいタイプのフェイスマスクと従来のフェイス…
コメント:0

続きを読むread more

脳血管外科手術におけるインドシアニングリーンビデオ血管造影後に起きたアナフィラキシーショック

・インドシアニングリーン(ICG)ビデオ血管造影(VA)は脳血管手術で広く使用されている。ICG 注射は一般に安全であり、合併症の発生率は低い。脳神経外科手術中の ICG 関連のアナフィラキシー反応はほとんど報告されていない。本研究では、頭蓋内動脈瘤(IA)手術中に静脈内 ICG(DID Indocyanine Green?、Dongi…
コメント:0

続きを読むread more

末梢静脈ラインを介した周術期ノルエピネフリン注入後の主要合併症のリスクについての多施設研究

・周術期低血圧を治療するためのノルエピネフリンの持続注入は、通常、薬物血管外漏出時の局所組織壊死のリスクを回避するために、末梢静脈カテーテルではなく中心静脈ラインを通して投与される。末梢からのノルエピネフリンが待機的手術症例の麻酔関連低血圧に対処するために使用される場合、皮膚壊死のリスクを推定するための文献は限られている。本研究の目的は…
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節全置換術における認知機能障害、ストレスバイオマーカー、麻酔種別との関連:前向き無作為化試験

・術後認知機能障害(POCD)は、膝関節全置換術(TKA)に伴う重症合併症であり、入院期間を長引かせ、機能障害、合併症を引き起こすことが示されている。著者らは、TKA を受ける患者で、POCD が全身麻酔または区域麻酔の使用に関連するかどうかを判断することを目的とした。著者らの仮説は、鎮静剤を使用しない区域鎮痛法を受けた群の方が POC…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2019/10/04

【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。 (1) (n__________) (p___) : 神経因性疼痛/神経障害性疼痛/ニューロパチックペイン (2) (_______s) : 壊死 (3) (p___) (t________) : 痛覚閾値/疼痛閾値 (4) (c____…
コメント:0

続きを読むread more

数十年ぶりの自炊!その52:超簡単なサラダ用ドレッシング

サラダ用のドレッシングは、選ぶのに困るくらいたくさんの種類のものが市販されている。しかし、開けたが使い切れずに日にちだけが経過して古くなって、もう使う気がしなくなってしまうこともある。 次々に新しいドレッシングを開けては、使い切ることなく、たくさんの種類ドレッシングの瓶だけが冷蔵庫を占有してしまったりしてはいないだろうか? …
コメント:0

続きを読むread more

麻酔前室での成人患者の超音波ガイド下動脈カニューレ挿入法 vs 触診法:無作為化対照試験

・超音波ガイド下法は、動脈カニューレ挿入に際して従来の触診法よりも優れている。ただし、超音波検査装置の組み立ての複雑さを考慮すると、この手法は広く使用されていない。ここでは、麻酔前室で成人患者を対象に、超音波検査ガイド下法と従来の触診法とを比較した。 ・合計 66 人の患者が登録され、2 群に分けられた:超音波群と触診群。その後、…
コメント:0

続きを読むread more

経カテーテル大動脈弁植え込み術(TAVI)で治療した大動脈弁狭窄症患者における術前貧血と術後死亡率:系統的レビュー…

・全身麻酔と開胸心臓手術を妨げる併存疾患を有する重症大動脈弁狭窄症の患者は、経カテーテル大動脈弁植込み術(TAVI)の候補者である。ただし、TAVI は術後の患者死亡につながる可能性がある。この文献の系統的レビューとメタ分析は、TAVI 後の患者の術前貧血と術後死亡率との関係を明らかにすることを目的としている。 ・PubMed、E…
コメント:0

続きを読むread more

ウェブリブログの「気持ち玉」機能が復活!!

ここ数ヵ月、ウェブリブログのリニューアルに伴って「気持ち玉」機能がなくなり、また、「コメント」を入力してくださる方がほとんどなくなったため、ブログを続けていく気力が極限まで低下していましたが、ようやく、ウェブリブログが「気持ち玉」機能を復活してくれました。 ブログ記事を表示したときに、以前はなかった広告記事が表示されるようになった…
コメント:2

続きを読むread more

人工関節形成術における麻酔担当医の経験症例数と周術期転帰

・手術者の経験症例数の増加は改善された転帰に関連付けられているが、症例数の多い施設内での経験症例数と転帰の関係と麻酔科医の役割についての研究は限られている。さらに、麻酔診療チームの構成の効果は未だに十分には研究されていない。この分析の目的は、人工関節形成術後の有害事象に及ぼす麻酔科医と外科医の経験症例数の影響を確認することであった。 …
コメント:0

続きを読むread more

低ヘマトクリット値:心臓血管手術後の長時間人工呼吸を必要とする患者の長期転帰の危険因子:後ろ向き研究

・待機的手術を受ける低リスク患者は低ヘマトクリット値に耐えられる可能性があるが、高リスク患者では、高ヘマトクリット値の利点が輸血のリスクを上回る可能性がある。そこで、本研究の目的は、心臓血管術後に長期人工呼吸(PMV)を必要とする患者の死亡率に及ぼす周術期ヘマトクリット値の影響を評価することであった。 ・この単施設後向きコホート研…
コメント:0

続きを読むread more

抗てんかん薬の数と種類は、麻酔のプロポフォール投与量に影響する:観察研究

・プロポフォールの投与量と覚醒時間は、抗てんかん薬の使用により影響を受ける。抗てんかん薬の数と種類の麻酔への影響は報告されていない。著者らは、神経疾患患者の歯科治療のための静脈内全身麻酔で、抗てんかん薬の種類と数と、麻酔に必要なプロポフォール投与量と覚醒時間との関係を調査した。 ・静脈内全身麻酔下で歯科治療を受けた神経障害患者 2…
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折手術後せん妄の発生率に及ぼす集学的ケアバンドルの効果:品質改善研究

・せん妄は、股関節骨折手術後のよく見られる合併症である。救急部、手術室、病棟の管理を標準化した周術期ケアバンドルを導入した。これには以下が組み込まれた。腸骨筋膜ブロックの使用、鎮痛の合理化、せん妄を引き起こすことが知られている薬物の回避、スタッフ向けの定期的な教育プログラム、コンプライアンスの継続的監査。 ・本研究は、2017 年…
コメント:0

続きを読むread more