抗てんかん薬の数と種類は、麻酔のプロポフォール投与量に影響する:観察研究

・プロポフォールの投与量と覚醒時間は、抗てんかん薬の使用により影響を受ける。抗てんかん薬の数と種類の麻酔への影響は報告されていない。著者らは、神経疾患患者の歯科治療のための静脈内全身麻酔で、抗てんかん薬の種類と数と、麻酔に必要なプロポフォール投与量と覚醒時間との関係を調査した。 ・静脈内全身麻酔下で歯科治療を受けた神経障害患者 2…
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折手術後せん妄の発生率に及ぼす集学的ケアバンドルの効果:品質改善研究

・せん妄は、股関節骨折手術後のよく見られる合併症である。救急部、手術室、病棟の管理を標準化した周術期ケアバンドルを導入した。これには以下が組み込まれた。腸骨筋膜ブロックの使用、鎮痛の合理化、せん妄を引き起こすことが知られている薬物の回避、スタッフ向けの定期的な教育プログラム、コンプライアンスの継続的監査。 ・本研究は、2017 年…
コメント:0

続きを読むread more