下肢切断のための区域麻酔の使用は、周術期の昇圧薬の必要性を減らす可能性がある:傾向スコアを一致させた観察研究

・下肢切断(LEA)は、術後死亡リスクが高いことに関連している。麻酔の種類が術後死亡率に及ぼす影響は、さまざまな手術で研究されている。ただし、LEA に最適な麻酔法の選択を導くためのデータは限られている。本研究の目的は、LEA を受ける糖尿病および/または末梢血管疾患患者の周術期転帰に及ぼす麻酔の種類の影響を調査することであった。 …
コメント:0

続きを読むread more

静脈内患者管理鎮痛法を受ける間、腹腔鏡下肥満症手術後 24時間における中程度から重度の痛みの危険因子

・研究の目的は、腹腔鏡下肥満症手術後の 24 時間における中程度から重度の痛みの発生率と危険因子を調査することであった。 ・本後ろ向き研究には、2016 年 6 月から 2018 年 7 月までに単施設で腹腔鏡袖状胃切除術か、または Roux-en-Y 胃バイパス術を受けた病的肥満患者が含まれた。麻酔回復室(PACU)と病棟で分析…
コメント:0

続きを読むread more