腹部手術でのレミフェンタニルは、予想外の不良な転機に関連している

・不十分な周術期疼痛治療は、術後慢性疼痛の発症が高度に予測される危険因子として知られている。レミフェンタニルは長短時間作用性のオピオイドで、迅速で効果的な鎮痛を提供するが、オピオイド誘発性疼痛過敏の誘発に関連している。これらのよく知られた特性にもかかわらず、この物質は、麻酔と、集中治療医学や産科などのさまざまな医療分野でますます使用され…
コメント:0

続きを読むread more

筋弛緩の自然回復の評価:TOF-Cuff と TOF WatchSX の比較

・TOF-Cuff は、筋弛緩のモニタリングに使用される改良型血圧カフである。著者らは、TOF-Cuff(試験器具)と TOF WatchSX(参照器具)の筋弛緩の自然回復の評価を比較した。 ・待機的手術を受ける年齢 18〜65 歳の 40 人の患者を登録し、TOF-Cuff を上腕に、TOF WatchSX を反対側の拇指に装着…
コメント:0

続きを読むread more