薬物依存歴のある患者に重点を置いた全身麻酔後の不適切な覚醒の危険因子

・本研究の目的は、全身麻酔後の成人患者と薬物依存患者における覚醒時興奮と低活動性覚醒の両発生率と危険因子を明らかにし、危険因子と彼らのを適切な管理を考案することである。 ・本前向き観察研究では、全身麻酔下に待機手術を受けた成人患者 1136 人を募集した。不適切な覚醒は、Richmond Agitation-Sedation Sc…
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下胆嚢摘出術中の頭蓋内圧に及ぼす低圧および高圧二酸化炭素気腹の影響

・腹腔鏡手術は、頭蓋内圧の上昇と神経学的合併症の危険因子である。まれではあるが、予後が重篤となることがある。 ・腹腔鏡下胆嚢摘出術の患者 101 人を登録し、2 群に無作為化した:術中の低圧 8 mm Hg(A 群)と高圧 14 mm Hg(B 群)の二酸化炭素気腹。50 人の患者が A 群に、51 人の患者が B 群に属していた…
コメント:0

続きを読むread more