■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2019/11/11

MCQ7.png



【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (a_____________) : 血管性神経痛

(2) (d________) (i_________) : 拡散障害

(3) (c______) (p______) : 心前負荷

(4) (a__________) : 減弱/減衰

(5) (s_____) (s____) : 敗血症性ショック


[解答]
(1)angioneuralgia(2)diffusion impairment
(3)cardiac preload(4)attenuation
(5)septic shock


[出典] 麻酔科学用語集 第3版



【問題2】(中枢神経) 頭蓋内圧亢進の症状で不適当なのはどれか?
1) 複視 2) 頭痛 3) 悪心・嘔吐 4) 乳頭浮腫 5) 頻脈

    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 頭蓋内圧亢進の症状:三徴候=頭痛、嘔吐、乳頭浮腫、その他、複視(外転神経の圧迫・麻痺による)、意識障害(脳血流減少、脳幹網様体圧迫による)、血圧上昇(=Cushing現象、脳灌流圧を保とうとする代償機序)、徐脈(迷走神経刺激による)


[正解] 5 [出典] クリティカル記憶術2P25



【問題3】(麻酔) 麻酔回路について正しいのはどれか?

ア:二層式カニスタでは100gの吸着剤あたり平均、20〜36Lの二酸化炭素を吸着する。

イ:閉鎖回路は、新鮮ガスの流入量を酸素消費量と吸入麻酔薬の体内取り込み量に一致させて使用する。

ウ:Mapleson C回路は Ayre-Tピースとして知れている。

エ:半閉鎖回路の原型は循環回路である。

オ:Maplesonの回路は一般的な麻酔器の回路として組み込まれている。


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] ア:×:二層式カニスタでは100gの吸着剤あたり平均、18〜20Lの二酸化炭素を吸着する。一層式カニスタでは100gの吸着剤あたり平均、10〜15Lの二酸化炭素を吸着する。
イ:○:閉鎖回路は、新鮮ガスの流入量を酸素消費量と吸入麻酔薬の体内取り込み量に一致させて使用する。
ウ:×:Mapleson E回路は Ayre-Tピースとして知れている。Mapleson F回路はAyre-Tピースの変形で、Jackson-Rees回路、Mapleson D回路は Bain回路、Mapleson A回路はMagill回路とも呼ばれる。
エ:○:半閉鎖回路の原型は循環回路であり、現在の麻酔器のほとんどは半閉鎖回路を採用している。
オ:×:半開放回路であるMaplesonの回路は患者移動以外で使用されることはまれである。一般的な麻酔器に使用されているのは、半閉鎖回路である。



[正解] 解説を参照 [出典] 麻酔科シークレット第2版 p129-132





【問題4】(腎疾患患者への注意) 腎血流量を増加させるものはどれか。
ア:ドパミン(<5μg/kg/min)
ウ:ドブタミン
イ:ノルエピネフリン
エ:エピネフリン

    ▼

    ▼

    ▼

[解説] ドパミンは、低用量では主として腎動脈にあるドパミン受容体に働き、腎血流量を増加させる。ノルエピネフリンやエピネフリンは、α受容体に作用して腎動脈収縮を起こし、腎血流量を低下させる。ドブタミンは、心拍出量を増加させ、α受容体を刺激しないので、腎血流量を増加させる。


[正解] (ア)、(ウ) [出典] 麻酔科クリニカル問題集

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント