■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2019/11/20

MCQ51.png



【問題1】(医療英単語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (f________) (h________) : 劇症肝炎

(2) (o____________) (i_______) : 日和見感染

(3) (c_______) (a_______) : 脳動脈瘤

(4) (b____) (p________) : 敗血症

(5) (k______) (s______) : 鍵穴手術


[解答]
(1)fulminant hepatitis(2)opportunistic infecton
(3)cerebral aneurysm(4)blood poisoning
(5)keyhole surgery


[出典] RNN時事英語辞典 http://rnnnews.jp/



【問題2】(血液) 血液ガスと酸塩基平衡について正しいのはどれか?

ア:強いアシドーシスは、肺血管拡張により肺血管抵抗を減少させる。

イ:飽和蒸気圧は37度で47mmHgである。

ウ:正常の水素イオン濃度は40nmol/Lである。

エ:強いアルカローシスは、心室細動の閾値を低下させる。

オ:右左シャントがあってもA-aDO2は正常である。


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] ア:×:強いアシドーシスは、肺血管を収縮させて肺血管抵抗を増加させる。他方、強いアルカローシスは、肺血管を拡張させて、肺血管抵抗を低下させる。
イ:○:飽和蒸気圧は37度で47mmHgである。1気圧下で100%酸素を吸入しても、気道に吸入されるとすぐに飽和蒸気で満たされるために、吸入酸素分圧は760-47=713mmHgにまで低下する。
ウ:○:正常の水素イオン濃度は40nmol/Lである。この水素イオン濃度をpH表記(-log[H+])すると7.4となる。
エ:×:強いアシドーシスは、心室細動の閾値を低下させる。
オ:×:吸入酸素濃度の低下や、低換気による低酸素血症の場合には、A-aDO2は正常である。A-aDO2が増大するのは、換気血流比の不均等、拡散障害、右左シャントである。



[正解] 解説を参照 [出典] 麻酔科シークレット第2版 p13-20



【問題3】(心臓・血管) 心蘇生法について誤っているのはどれか。

ア:頚動脈の拍動触知は心マッサージの効果判定の指標となる。

イ:有効な心マッサージでは60mmHg以上の収縮期圧がえられる。

ウ:体外からの直流式除細動には成人で50J位の通電を行う。

エ:除細動に際しては、あらかじめエピネフリンを用いることがある。

オ:乳児の体外心マッサージでは肝破裂を起こすことがある。


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] ア:○ 拍動をふれなければ血液が十分に駆出されていないので心マッサージの効果がない。脳のように、酸欠ですぐにダメになる臓器に酸素供給できなければ心マを行う意味が薄くなる。
イ:○ 同上。脳に必要な灌流圧は50mmHg以上。
ウ:× 200J→300J→360Jの順番は常識。
エ:○ そもそも心筋に「除」細動すべき電気的活動がなければ除細動なぞできない。心静止ではエピネフリン(ボスミン(R))を投与して心室細動をおこしてから除細動。
オ:○
(参考)
・除細動の前には酸素を十分に投与することと、代謝性アシドーシスの改善が重要。
・静脈路が確保できない場合には、気管内投与や骨髄内投与が行われる。こどもの場合は成長軟骨に針を刺さないように注意。



[正解] (ウ)のみ [出典] 医師国家試験 64B46



【問題4】(呼吸) 声門は頚椎レベルではどの高さに相当するか?
1) C67 2) C23 3) C34 4) C45 5) C56

    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 「父さん(13cm)、父さん(13cm)、喉がごろ(C5-6)ごろ(Th5-6)」、成人の気道の解剖:門歯〜声門=13cm、声門〜気管分岐部=13cm、声門の位置(甲状軟骨の裏側)=C5-6、気管分岐部の位置=Th5-6、声門から輪状軟骨までは1.5cm、気管の長さは約10cmである。


[正解] 5 [出典] クリティカル記憶術1p29

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント