■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2019/11/29

MCQ1.png



【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (________________n) : 気管支拡張

(2) (________n) : 発声

(3) (_______m) : 譫妄

(4) (a____________) : アレルギー化

(5) (m_______) (n____) (b____) : 上顎神経ブロック


[解答]
(1)bronchodilatation(2)phonation
(3)delirium(4)allergization
(5)maxillar nerve block


[出典] 麻酔科学用語集 第3版




【問題2】(体液・電解質) 心電図で、QT間隔が延長するのはどれか?
1) 低カルシウム血症
3) 低カリウム血症
5) 低ナトリウム血症
2) 高カルシウム血症
4) 高カリウム血症


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 高カリウム血症では、T波の増高→QRS巾拡大、P波消失→サイン状カーブ.低カルシウム血症ではQT延長、T波の平低化.低カリウム血症ではT波の平低化、U波の出現.高カルシウム血症ではQT間隔の短縮が起こる。低ナトリウム血症では心電図変化を認めない。


[正解] 1 [出典] 心電図マニュアルP72



【問題3】(静脈麻酔) ケタミンについて正しいのはどれか。

ア:ケタミンはNMDA受容体の拮抗薬である。

イ:ケタミンは局所麻酔作用を併せ持つ。

ウ:ケタミンは髄腔内に投与すると知覚・運動神経をブロックできる。

エ:ケタミンを髄腔内に投与し十分なブロックを行おうとすると高率に精神病様症状の副作用が現れる。

    ▼

    ▼

    ▼

[解説] ケタミンはNMDA受容体の拮抗薬で、局所麻酔作用を併せ持つといわれている。動物実験では髄腔内に投与して知覚・運動神経をブロックできる。ケタミンを髄腔内に投与し十分なブロックを行おうとすると高率に精神病様症状の副作用が現れる。


[正解] 全て [出典] ANESTHESIA ANTENNA No27-p1





【問題4】(心臓・血管) 心臓の刺激伝導系で最も伝導速度が遅いのはどれか?
1) 心室筋
4) 洞房結節
2) 房室結節
5) プルキニエ線維
3) 心房筋


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 洞房結節の伝導速度=0.02m/sec、房室結節=0.05〜0.1m/sec、心房筋・心室筋=0.5〜1m/sec、プルキニエ線維=2〜4m/secである。従って、刺激伝導系で最も伝導速度の速い部位はプルキニエ線維であり、最も遅いのは洞房結節である。房室結節は房室伝導の関所であり、心房収縮と心室収縮のタイミングを調節している。


[正解] 4 [出典] クリティカル記憶術2P240

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント