小児患者における気管切開のタイミング:系統的レビューとメタ分析

・気管切開は、重症患者で非常によく見られる臨床処置である。複雑な状態の小児患者における気管切開の適応は近年劇的に増加しているが、現在、長期人工呼吸を受ける小児患者の気管切開の最適なタイミングに関するガイドラインはない。 ・著者らは、PubMed、Embase データベース、Cochrane Library を介して MEDLINE…
コメント:0

続きを読むread more

リポソームブピバカインによる内転筋管ブロックの有効性:無作為化前向き臨床試験

・本研究では、人工膝関節全置換術(TKA)後の疼痛管理のために、リポソームブピバカインの単回投与内転筋管ブロック(ACB) vs 関節周囲注射(PAI)の術後鎮痛効果を比較した。 ・2016 年 5 月から 2017 年 6 月までに、合計 70 人の片側 TKA 患者を 2 群に無作為化した:PAI 群(徐放性ブピバカイン 26…
コメント:0

続きを読むread more

尿道カテーテル法は、非腫瘍学的腹腔鏡下骨盤手術中に必要ではない

・非腫瘍学的腹腔鏡下骨盤術の前にルーチンの尿道カテーテルが必要かどうかに関して、専門家の意見は分かれている。カテーテルは、恥骨上腹腔鏡ポートを挿入する際の膀胱損傷の発生率を低下させ、膀胱充満による骨盤の視界の妨げを防ぐと考えられている。ただし、カテーテル挿入には院内感染のリスクが伴い、金銭的コストがかかる。さらに、留置カテーテルは早期離…
コメント:0

続きを読むread more

神経集中治療室の末梢静脈内カテーテルによるフェニレフリン投与の安全性と妥当性

・血圧の最適化と脳脊髄灌流圧の維持は、神経疾患患者の治療の主力である。伝統的に、血管収縮剤の投与には、固有の合併症のリスクを伴う中心静脈路確保が必要とされてきた。著者らは、以前に神経集中治療室でのフェニレフリンの末梢投与の安全性に関する予備研究データを報告している。この経過追跡では、より堅牢なコホートでの低濃度フェニレフリンの末梢投与の…
コメント:1

続きを読むread more

ドキサプラムは、無痛性消化管内視鏡検査中にプロポフォールとフェンタニルの併用によって誘発される低 SpO2 を緩和…

・静脈内プロポフォール麻酔下の痛みのない消化管内視鏡検査は、臨床シナリオで広く適用される。プロポフォールが提供する良好な鎮静と不安の除去にもかかわらず、低 SpO2 も生じる可能性がある。ドキサプラムは、半減期が短い呼吸刺激薬である。本研究の主な目的は、無痛性消化管内視鏡検査中にプロポフォールとフェンタニルの併用によって誘発される低 S…
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下鼡径ヘルニア修復術を受けた小児の術後鎮痛のためのリドカインの全身注入:無作為化二重盲式対照試験

・全身的リドカイン投与は、成人に満足のいく術後鎮痛を提供できる。本研究では、静脈内リドカインが腹腔鏡下鼡径ヘルニア修復術を受けた小児の術後鎮痛および回復に有効かどうかを評価した。 ・6 ヶ月から 6 歳未満の合計 66 人の小児は、リドカイン(L)群か、または対照(C)群に分類された。L 群の小児はリドカイン注入(1 mL/kg …
コメント:0

続きを読むread more

磁気共鳴画像法(MRI)を受けた小児患者でのラリンジアルマスクユニーク?の位置:前向き観察研究

・ラリンジアルマスク UNIQUE(LMAU)は、臨床成績が良好で失敗率が低い声門上気道器具である。磁気共鳴画像法(MRI)上での LMAU の理想的な位置と、放射線学的位置異常が臨床性能(可聴リーク)に関連するかどうかについてはほとんどわかっていない。本研究の主な目的は、サイズに応じた LMAU の放射線学的異常の発生率を評価すること…
コメント:0

続きを読むread more

初回膝関節全置換術後の 24 時間を超える入院の危険因子

・最近、メディケアサービスセンターは、入院患者専用手術リストから人工膝関節全置換術(TKA)を削除した。本研究の目的は、TKA 後 24 時間以内に自宅へ安全に退院することを予測する上での、人口統計学、内科的併存疾患、術後合併症の役割を評価することである。 ・2011 年から 2016 年までに初回 TKA を受けた患者は、米国外…
コメント:0

続きを読むread more

冠動脈バイパス手術における出血に及ぼすフィブリノゲン注射の効果の調査:臨床試験

・術後出血の予防と最適な治療は、冠動脈バイパス移植(CABG)を含むさまざまな種類の手術で臨床的に非常に重要である。出血量を減らすと、輸血後の合併症が減るだろう。心血管バイパス術後の凝固因子、特にフィブリノゲンの有益な効果は、出血の減少と輸血必要性の減少により有益な効果をもたらす可能性がある。ただし、さまざまな研究で議論を呼ぶ結果が報告…
コメント:0

続きを読むread more

上部消化管内視鏡検査用の新しいダブルルーメンラリンジアルマスクである LMA Gastro の有効性:前向き観察研究

・消化管内視鏡検査を受ける患者では、重大な心肺症状が、頻繁に発生する。呼吸器症状が発生する主な原因は、気道確保が確実でないことである。本研究では、上部消化管内視鏡検査を受ける患者で、新しいラリンジアルマスクである LMA GastroTM(Teleflex Medical、Athlone、アイルランド)の有効性を確認しようとした。新しい…
コメント:2

続きを読むread more

内視鏡的逆行性胆管膵管造影の麻酔および胃腸合併症の有病率

・内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)は、多くの胆道疾患の治療のための内視鏡的方法である。迅速な回復と患者の快適さ向上の点から、この手技は現在、軽い全身麻酔(GA)か、または意識下鎮静下で行われている。本研究は、ERCP 患者の麻酔関連合併症の大きな恐れなしに静脈内鎮静または軽度の全身麻酔を行うことができ、鎮静用量のプロポフォールは専…
コメント:0

続きを読むread more

メチルプレドニゾロンは心臓手術後の急性術後疼痛を軽減しない:無作為化臨床試験のサブ分析

・心臓手術の術後疼痛は、主にオピオイドで治療されるが、安全性が低いため、非オピオイド薬はマルチモーダル経路の一部として魅力的である。抗炎症薬は術後の急性疼痛を軽減するが、胸骨切開後の急性疼痛の軽減におけるステロイドの役割は不明である。メチルプレドニゾロンの術中投与と心臓手術後 24 時間の疼痛スコアとオピオイド消費量の複合として定義され…
コメント:0

続きを読むread more

手指触診による小児輪状甲状膜の同定の正確性と緊急前頸部アクセスに対する意義

・小児科での「挿管できない酸素化できない」シナリオでの緊急前頚部アクセスはまれである。理想的には、気道レスッキューには耳鼻咽喉科医の存在が含まれる。しかし、助力を利用できない場合、責任は麻酔科医にあり、成功には前頚部構造の正確な同定が不可欠である。著者らは、事前定義された 3 つの年齢層(37 週間から 1 歳未満、1-8 歳、9-16…
コメント:0

続きを読むread more

前方股関節全置換術後の回復の質に及ぼす局所浸潤鎮痛の影響:無作為化三重盲式プラセボ対照試験

・局所浸潤鎮痛(LIA)は、一般的に前方全股関節形成(THA)手術で使用される。しかし、その有効性のエビデンスは不足している。プラセボ(0.9% 生食)の注射と比較した場合、0.2% ロピバカインを含む LIA は、Quality of Recovery-15(QoR-15)スコアで測定した、術後日(POD)第 1 日目の患者の回復の質…
コメント:0

続きを読むread more

超音波検査で評価された婦人科手術中の無気肺に及ぼす呼気終末陽圧/リクルートメント手技と、呼気終末圧ゼロの効果との比…

・全身麻酔中に、ほとんどの患者は無気肺を発症し、これは術後の肺合併症を促進する。周術期の肺保護を調査した RCT は、術後の肺合併症を一貫して減らすことができなかった。超音波画像診断は、さまざまな保護換気戦略の効果を確認するのに役立つ可能性があるが、これは試験で検証されていない。本研究の目的は、超音波検査を使用して、肺保護換気対策が周術…
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術後の心筋傷害の発生に及ぼす揮発性麻酔と完全静脈麻酔の効果

・揮発性麻酔薬と完全静脈麻酔(TIVA)の心保護効果は、特に非心臓手術を受ける患者では議論の余地がある。現世代の高感度心臓トロポニン(hs-cTn)を使用して、非心臓手術後の心筋傷害(MINS)の発生に及ぼす麻酔薬の効果を評価することを目指した。 ・2010 年 2 月から 2016 年 12 月にかけて、術前 hs-cTn 上昇…
コメント:0

続きを読むread more

小児麻酔におけるケタミンとリドカインの併用の効果

・著者らは、補助的なリドカインがケタミンで鎮静された小児患者で副作用の発生率を減少させるかどうかを調査するために、無作為化臨床試験を実施した。 ・この症例対照研究は、麻酔を必要とする 586 人の連続した小児患者を対象とした。収縮期血圧、心拍数、呼吸数、血中酸素飽和度が観察された。アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、アスパ…
コメント:0

続きを読むread more

頭蓋内血行再建術を受ける小児の最適な人工呼吸器設定を決定する方程式の導出と検証:単施設後向き研究

・もやもや病に対する手術に際し、特に麻酔導入直後に、全身麻酔を受ける小児の正常炭酸ガスを維持するための適切な人工呼吸器の設定を決めるのは困難である。著者らは、適切な人工呼吸器の設定を予測するための方程式を導き、この方程式の精度を検証するために、本研究を実施した。 ・当院でモヤモヤ病の脳血管再生を受けた年齢 18 歳未満の小児患者 …
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開後の硬膜穿刺後頭痛を評価する無作為化研究:正中法と傍正中法との比較

・帝王切開に際してのの最も一般的な麻酔法は脊椎麻酔であるが、その最もよく見られる合併症は硬膜穿刺後頭痛(PDPH)である。著者らは、帝王切開を受けた患者の PDPH に及ぼす脊椎麻酔中の正中法と傍正中法アプローチの効果を調査することを目的とした。 ・年齢 19〜45 歳の 200 人の妊婦、脊椎麻酔下で待機的帝王切開を受ける予定の…
コメント:0

続きを読むread more

深い筋弛緩のためのロクロニウム持続注入:系統的レビューとメタ分析

・ロクロニウムは、拮抗剤スガマデクスとの結合関係により、使用が増加している筋弛緩薬である。その持続注入は、より深いレベルの筋弛緩(NMB)の維持に役立ち、毎日の外科麻酔の改善された安定した解決策を保証する。これは、高度の筋弛緩(PTC 0-2)のためにロクロニウム持続注入を使用する場合の、ロクロニウム注入に関する現在のアプローチと、モニ…
コメント:0

続きを読むread more

末期腎疾患の手術患者に対するスガマデクスの短期的な安全性と有効性:2 施設後向き研究

・スガマデクスは、アミノステロイド系筋弛緩薬、特にロクロニウムの新しい拮抗剤である。腎排泄を考えると、スガマデクスは末期腎疾患の患者には推奨されない。ただし、この患者群での使用に関する報告がある。この 2 施設の後ろ向き観察研究は、術前腎代替療法を必要とした末期腎疾患の手術患者におけるスガマデクスの安全性属性と有効性をレビューすることを…
コメント:0

続きを読むread more

小児気管挿管におけるビデオ vs 直接および強化直接喉頭鏡検査

・初回の挿管成功に関して、小児の文献は、ビデオ喉頭鏡検査(VL)と比較した場合、直接喉頭鏡検査(DL)の臨床的等価性または優位性を示している。さらに、最適外部喉頭操作(OELM)、直立またはランプ体位、ブジーの使用などの操作によって DL が「強化」された場合、VL が DL とどのように比較されるかは不明である。本研究の目的は、小児挿…
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の初心者レジデントが行う脊椎麻酔のための術前超音波 vs ランドマーク法:無作為化比較試験

・正中アプローチを使用した脊椎麻酔は、高齢患者集団では技術的に困難かもしれない。術前の超音波(US)ガイド下傍正中法と術前の US ガイド下正中線法は、高齢患者で従来のランドマークガイド下正中法と比較した場合、初回試行で脊椎麻酔の成功率が異なるという仮説を立てた。 ・本前向き無作為化対照研究では、待機手術を予定している 180 人…
コメント:0

続きを読むread more

冠動脈バイパス術後鎮痛のための術中ケタミン:無作為化対照二重盲式臨床試験

・研究の目的は、冠動脈バイパス術(CABG)手術中にケタミンを投与することにより、手術後 48 時間に必要なオピオイドの量が減少するかどうかを調査することであった。 ・大学関連単施設での無作為化対照二重盲式臨床試験で、左室駆出率が正常なで CABG 手術を受ける患者を対象とし、ケタミンは、皮膚切開前に 0.5 mg/kg ボーラス…
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折に対する術前大腿神経ブロック:メタ分析を伴う系統的レビュー

・股関節骨折患者の術前疼痛管理は複雑である。大腿神経ブロック(FNB)は股関節骨折に使用され、痛みと全身的鎮痛の需要を軽減する。本研究の目的は、股関節骨折患者に対する単回施行の FNB の有効性を体系的に調査することであった。 ・5 つのデータベースを創始から 2019 年 5 月 8 日まで検索した。股関節骨折患者の疼痛緩和を評…
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下胆嚢摘出術の術後鎮痛に及ぼす術中リドカイン vs エスモロール注入の効果:無作為化臨床試験

・腹腔鏡下胆嚢摘出術のマルチモーダル鎮痛の一環として、術中リドカインとエスモロールの両方が術後鎮痛を促進する。著者らの目的は、術中オピオイドの使用に挑戦するこれら 2 つの新たな戦略を比較することであった。腹腔鏡下胆嚢摘出術後のオピオイド消費に及ぼす術中エスモロール注入がリドカイン注入よりも劣っていないかどうかを評価することであった。 …
コメント:0

続きを読むread more

分娩に際しての脊髄硬膜外併用鎮痛におけるオピオイドの有害副作用と投与経路:無作為化試験のメタ分析

・研究は、陣痛と分娩に際して、標準的な硬膜外鎮痛よりも脊髄硬膜外併用鎮痛が提供される場合の方が、母体と胎児の有害副作用のリスクが増加することを報告している。脊髄硬膜外併用鎮痛において局所麻酔とともに使用されるクモ膜下オピオイドが原因の可能性がある。これは、局所麻酔薬へのオピオイドの添加が、くも膜下腔内のみによるのか、くも膜下腔と硬膜外腔…
コメント:0

続きを読むread more

数十年ぶりの自炊!その59:美しいハムエッグ

我が家の朝食のおかずの定番は、ベーコンエッグなのだが、ベーコンをきらしてしまっている場合には、ベーコンの代わりにハムを使用して、ハムエッグにすることもしばしばだ。 ベーコンエッグを作る時と同じように、ハムエッグを作る時にも、卵がうまくハムの上に重なってくれないことがある。そこで、「美しいベーコンエッグ」に倣って、美しいハムエッグを…
コメント:0

続きを読むread more

分娩中の経口炭水化物摂取が経腟器械分娩の割合に及ぼす影響:多施設無作為化対照試験

・運動中の炭水化物の摂取は、筋肉のパフォーマンスを改善し、疲労を軽減する。著者らは、相当な身体活動期である分娩中の炭水化物摂取は、器械的経腟分娩の割合を低下させる可能性があると仮定した。 ・多施設共同前向き無作為化対照試験で、自発的分娩を呈する健康な成人妊婦を「炭水化物」群(3 時間ごとに果肉のないリンゴまたはブドウジュース 20…
コメント:0

続きを読むread more

乳癌手術に際してプロポフォールベースの全静脈麻酔は、デスフルラン麻酔と比較して生存率を改善しなかった

・乳癌は女性で最もよく見られる癌であり、いくつかの周術期因子が腫瘍の再発と転移の原因となる可能性がある。癌手術中に使用される麻酔薬は、癌細胞の生存と患者転帰に重要な役割を果たす可能性がある。経験豊富な同一の外科医が実施した乳癌手術を受けた患者で、麻酔の種類と全生存率との関係を調査するために、後ろ向きコホート研究を実施した。 ・20…
コメント:0

続きを読むread more

区域麻酔下の帝王切開後の早期経口摂取と後期経口摂取を比較した無作為化比較試験

・研究の目的は、区域麻酔下に帝王切開を受けた女性で、早期経口摂取(EOF)を行った場合と後期経口摂取(LOF)を行った場合とで、腸管蠕動の回復を比較することであった。副次評価項目として、母体満足度と消化管合併症も調べられた。 ・単盲検無作為化対照試験では、区域麻酔下に待機的帝王切開を受けた 148 人の単胎妊婦が EOF か、また…
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節置換術における周術期合併症率

・患者の平均余命と体重が増加するにつれて、より高齢の肥満患者が人工膝関節全置換術(TKA)を受けている。TKA はいくつかの周術期合併症を引き起こす可能性がある。これらには、麻酔関連のリスク、併存する医学的問題の悪化、外科的処置の合併症が含まれる。著者らの患者集団で TKA 後の医学的合併症を報告した研究はない。本研究の目的は、TKA …
コメント:0

続きを読むread more

数十年ぶりの自炊!その58:ギョニソ・エッグのその他のバリエーション

魚肉ソーセージを使った目玉焼き、ギョニソ・エッグ。「ハート形」、「扇形」の他にも、「ラグビーボール型」、「楕円型」、「長方形」などを考えてみた。 「ラグビーボール型ギョニソ・エッグ」の作り方 実際に焼いてみた!お皿に盛りつけた。 いつもお世話になっているクックパッドにも投稿してみた。 1 本のギョニソから、必ず 2 …
コメント:0

続きを読むread more

ビーチチェア体位患者の麻酔後の認知能転帰の前向き評価

・ビーチチェア体位は、肩関節手術、特に関節鏡検査を含む肩関節手術のために普及している。いくつかの公開された症例報告と研究は、ビーチチェア体位の患者で行われた手術に際して麻酔に関連した神経学的合併症の懸念を提起してきた。これらの潜在的な合併症を最小限に抑えるために、脳灌流モニタリングを日常的に使用すべきかどうかという問題が提起されている。…
コメント:0

続きを読むread more

再分布性低体温を軽減する導入法:前向き無作為化対照単盲式有効性試験

・術中低体温症の軽減に多くの努力が注がれているが、再分布性低体温症の予防に対する注意はあまり向けられていない。本研究では、3 種類の異なる麻酔導入法を、標準的なプロポフォール IV 導入(対照群)と比較して、再分布性低体温の軽減に及ぼす効果を比較した。 ・年齢 18〜55 歳で発熱していない待機患者は、4 群のいずれかに無作為に割…
コメント:0

続きを読むread more

数十年ぶりの自炊!その57:扇形ギョニソ・エッグ

「ハート形」のギョニソ・エッグは、若い夫婦にはそれなりかも知れないが、熟年夫婦にとっては「気持悪い~!」と言われかねない。実際のところ、そうだったのだが・・・・*^-^*)。 そこで、「魚肉ソーセージ」を使った目玉焼きのバリエーションとして「扇形」を考えてみた。扇形は、末広がりということで「めでたい」ことを表しているので、誕生日と…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開術後の疼痛管理のためのロピバカインの局所創部浸潤

・帝王切開率は、胎児の予後改善との関連性が確立されて以来、漸進的に上昇している。本研究は、帝王切開患者の術後鎮痛薬必要量と疼痛スコアに及ぼすロピバカイン局所創部浸潤の効果を評価するために実施された。 ・これは、2018 年 1 月から 2018 年 6 月までの 6 ヵ月間、パキスタンのイスラマバードにある KRL 病院の産婦人科…
コメント:0

続きを読むread more

血糖コントロールおよび術後転帰に及ぼす周術期デキサメタゾンの効果

・手術を受ける患者の痛みと嘔気を軽減するために、周術期のグルココルチコイドが一般的に投与される。ただし、ステロイドの血糖効果、および合併症率と死亡率に及ぼす潜在的な影響は、体系的に評価されていない。本研究では、周術期デキサメタゾンと術後血糖値、入院期間(LOS)、再入院率、90 日生存率との関連を調査している。 ・保健システム内で…
コメント:0

続きを読むread more

ロボット補助根治的膀胱切除後の麻酔からの回復:2 種類の異なる筋弛緩拮抗

・ロボット補助根治的膀胱切除術(RARC)中に、特定の手術条件(急峻なトレンデレンブルグ体位、長時間気腹、手術最終段階までの効果的な筋弛緩)が転帰を大きく損なう可能性がある。本研究の目的は、異なる拮抗を受ける 2 群の患者で、術後嘔気嘔吐(PONV)とイレウスの発生率、覚醒時の認知機能の質を評価することであった。 ・本無作為化試験…
コメント:0

続きを読むread more

数十年ぶりの自炊!その56:失敗しないハート形ギョニソ・エッグ

ここで言う「ギョニソ」とは、「魚肉ソーセージ」のことである。肉のソーセージに比べると、食感は劣るが、味は悪くないし、はるかに安い。 近くの業務用スーパーでは、丸大食品のギョニソ(商品名は「フィッシュソーセージ」らしい)が、6本組(1本 65g)168 円で売っている。ちょっとしたおやつや酒のつまみ、サラダや総菜の材料に使えて、ある…
コメント:0

続きを読むread more

心臓手術後せん妄の予防と治療に焦点を当てた試験:無作為化エビデンスの系統的レビュー

・心臓手術後せん妄は、入院期間の延長、集中治療室の長期在室、死亡率の増加などの有害転帰に関連している。効果的な予防的介入と治療はまだほとんど知られていない。この系統的レビューは、心臓手術を受ける成人患者のせん妄の予防または治療で研究された介入に関する無作為化試験から既存のエビデンスを集めて要約することを目的としている。 ・キーワー…
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける成人で経鼻胃管を併用した Classic ラリンジアルマスクとプロシール・ラリンジアルマ…

・インドでは、腹腔鏡下胆嚢摘出術に際しては、通常診療として声門上器具が使用されている。声門上器具を繰り返し使用すると、誤動作(カフの逸脱、不適切なシール)や感染症伝播のリスクが生じる。 Proseal LMA は、一般的に、経済的な要因により洗浄後に何度も使用される。著者らは、腹腔鏡下胆嚢摘出術を受けた患者で、経鼻胃管を併用した C-L…
コメント:0

続きを読むread more

数十年ぶりの自炊!その55:美しいベーコンエッグ

いつもベーコンエッグを作る時、薄切りベーコン(22cm×5cm)1 枚を中央で二等分して、フライパンに載せるのだが、卵を割り入れたときに、うまくベーコンの中央に収まってくれずに、たら~っと脇に流れてしまうことがある。 こうなると、出来上がった時に、お皿の上での収まりが悪く、見た目にも良くない。 そこで、ほんの一手間をかけて、…
コメント:0

続きを読むread more

周術期ストレス、炎症、免疫機能に及ぼすデキスメデトミジンの効果:系統的レビューとメタ分析

・デキスメデトミジン(DEX)は、鎮静、鎮痛、不安緩解、交感神経緊張抑制を含む幅広い薬理効果を有する高度に選択的α2-アドレナリン受容体作動薬である。ここでは、周術期の手術患者のストレス、炎症、免疫に及ぼす DEX の影響についての系統的レビューとメタ分析を報告する。 ・MEDLINE、METSTR、Embase、Web of S…
コメント:0

続きを読むread more

手術後肺感染症に及ぼすさまざまな麻酔法の臨床分析

・研究の目的は、術後肺感染症に及ぼすさまざまな麻酔法の効果を調査することである。 ・2015 年 1 月から 2018 年 8 月に手術を受けた 120 人の患者が、A 群(n=40)、B 群(n=40)、C 群(n=40)の 3 群に選ばれた。A 群には吸入麻酔を、B 群には静脈内麻酔を、C 群には全身麻酔を併用した硬膜外ブロッ…
コメント:0

続きを読むread more

経カテーテル大動脈弁置換術のための監視下麻酔管理と全身麻酔の比較

・経カテーテル大動脈弁置換術は、中等度から高度の外科的リスクのある患者の重症大動脈弁狭窄症に対する安全で低侵襲の治療法である。監視下麻酔管理は麻酔科医によって管理される。本研究では、監視下麻酔管理と全身麻酔下での経カテーテル大動脈弁置換術の転帰を比較している。 ・2012 年 3 月から 2016 年 8 月まで、大学病院単施設で…
コメント:0

続きを読むread more

開腹腹部大動脈瘤修復後の周術期合併症率や死亡率に及ぼす硬膜外鎮痛の影響

・硬膜外鎮痛(EA)は、術後鎮痛の改善??と心臓、肺、腎臓の合併症の発生率の低下のために、全身麻酔(GA)の補助として頻繁に使用される。ただし、開腹大動脈瘤(AAA)修復中に EA-GA を具体的に検討した研究はわずかである。特に術後転帰に関する開腹 AAA 修復時の EA-GA の影響は不明である。本研究は、EA-GA と GA 単独…
コメント:0

続きを読むread more

待機的腹腔鏡下胆嚢摘出術における i-gel vs カフ付き気管チューブ:臨床比較研究

・本研究は、気管チューブと i-gel を以下の点での検証と比較を目的としている。有効性:異なる一回換気量での気腹前後の両器具間のリーク率の差と口咽頭リーク圧の比較:挿入の容易さ:最適な位置決めに必要な試行回数。 ・60人 の患者、ASA I?II が研究に無作為に選択された。全患者に標準的な麻酔法が使用された。次に、i-gel …
コメント:0

続きを読むread more

待機的帝王切開手術を受ける患者の血糖値に及ぼす脊椎麻酔と全身麻酔の効果:前向き比較研究

・本前向き研究では、待機的帝王切開手術を受けた患者の血糖値を脊椎麻酔または全身麻酔と比較した。 ・合計で、待機的帝王切開手術を受けた 58 人の妊婦が本前向き比較研究に含まれた。S 群(n=35)には脊椎麻酔を選択した患者が含まれ、G 群(n=23)には全身麻酔を選択した患者が含まれた。患者は、患者の好みに応じて群に割り当てられた…
コメント:0

続きを読むread more

緊急開頭術を受ける急性硬膜下血腫患者の脳弛緩、頭蓋内圧、血行動態に関する全静脈麻酔 vs 吸入麻酔の比較:無作為化…

・重症外傷性脳損傷(TBI)患者の麻酔の主な目標は、血行動態の安定性、最適な脳灌流圧の維持、ICP の低下、弛緩した脳の提供である。吸入麻酔薬と静脈麻酔薬の両方が一般的に使用されているが、重症 TBI の麻酔管理にいずれの麻酔法が優れているかについて明確な合意はない。 ・性別を問わず、GCS<8、急性硬膜下血腫の緊急手術に挙げられ…
コメント:0

続きを読むread more

緊急手術における死亡率を予測し、患者のケアを改善するための緊急手術死亡率(ESM)スコア

・緊急手術は、高い死亡率と有害転帰を有している。多くの研究が、リスクを層別化し、周術期ケアを改善するために、術後死亡の危険因子を報告している。にもかかわらず、これらのリスク要因に基づく予測モデルが欠落している。著者らは、術後死亡の危険因子を特定し、死亡率を予測し、患者のケアを改善するための新しいモデルを構築することを目指した。 ・…
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折後の死亡率に及ぼす手術までの時間の影響

・急性股関節骨折(AHF)患者の死亡率に及ぼす手術までの時間の影響は議論されており、どの時点から死亡率が増加し始めるかについての研究には一貫性がない。ムンダルのサルグレンスカ大学病院では、24 時間以内に手術が推奨されており、術前の最適化の時間はほとんどない。ただし、国際的には、早期手術の定義は 24〜48 時間以上といろいろである。本…
コメント:0

続きを読むread more

冠動脈バイパス移植術を受ける患者の揮発性麻酔薬と全静脈麻酔の比較:無作為化比較試験の最新のメタ分析と試験逐次分析

・冠動脈バイパス術(CABG)患者における揮発性麻酔薬の利点については議論の余地がある。最新のメタ分析を実施して、CABG 中の揮発性麻酔薬の使用が死亡率やその他の転帰を改善するかどうかを評価することを目指した。 ・創始から 2019 年 6 月までの 8 つのデータベースを検索し、CABG 患者で揮発性麻酔薬と全静脈麻酔(TIV…
コメント:0

続きを読むread more