手指触診による小児輪状甲状膜の同定の正確性と緊急前頸部アクセスに対する意義

・小児科での「挿管できない酸素化できない」シナリオでの緊急前頚部アクセスはまれである。理想的には、気道レスッキューには耳鼻咽喉科医の存在が含まれる。しかし、助力を利用できない場合、責任は麻酔科医にあり、成功には前頚部構造の正確な同定が不可欠である。著者らは、事前定義された 3 つの年齢層(37 週間から 1 歳未満、1-8 歳、9-16…
コメント:0

続きを読むread more