リポソームブピバカインによる内転筋管ブロックの有効性:無作為化前向き臨床試験

・本研究では、人工膝関節全置換術(TKA)後の疼痛管理のために、リポソームブピバカインの単回投与内転筋管ブロック(ACB) vs 関節周囲注射(PAI)の術後鎮痛効果を比較した。 ・2016 年 5 月から 2017 年 6 月までに、合計 70 人の片側 TKA 患者を 2 群に無作為化した:PAI 群(徐放性ブピバカイン 26…
コメント:0

続きを読むread more

尿道カテーテル法は、非腫瘍学的腹腔鏡下骨盤手術中に必要ではない

・非腫瘍学的腹腔鏡下骨盤術の前にルーチンの尿道カテーテルが必要かどうかに関して、専門家の意見は分かれている。カテーテルは、恥骨上腹腔鏡ポートを挿入する際の膀胱損傷の発生率を低下させ、膀胱充満による骨盤の視界の妨げを防ぐと考えられている。ただし、カテーテル挿入には院内感染のリスクが伴い、金銭的コストがかかる。さらに、留置カテーテルは早期離…
コメント:0

続きを読むread more