脊椎麻酔下の人工膝関節全置換術における急性術後痛に及ぼすデキスメデトミジン vs プロポフォール術中鎮静の比較:無作為化試験

TKA4.png・脊椎麻酔下に人工膝関節全置換術を受ける患者で、デキスメデトミジン vs プロポフォールによる術中鎮静が術後鎮痛に及ぼす効果をで比較した。デキスメデトミジンによる鎮静は、プロポフォールよりも術後のオピオイド鎮痛剤の消費量が少なくなるという仮説を立てた。

・48 人の患者が登録され、デキスメデトミジン群(n=24)か、またはプロポフォール群(n=24)に無作為に割り当てられ、前者では 10 分かけてデキスメデトミジン負荷量 1μg/kg を投与し、引き続き 0.1-0.5μg/kg/持で持続注入が行われた。後者では効果部位濃度が 0.5-2.0μg/mL の範囲に維持されるように TCI によってプロポフォール持続注入を受けた。薬物注入速度は、MOAA/S)スコ.ア 3 か、4 を目標として、陳制度に従って決定された。静脈内患者管理鎮痛によるフェンタニルの累積投与量は、術後 24 と 48 時間に記録された(主要評価項目)。術後疼痛のの数値評価尺度は、6、12、24、48 時間に評価された(副次評価項目)。追加のレスキュー鎮痛剤(ケトプロフェン)と制吐薬の術後使用も、24 時間と 48 時間の 2 群間で比較された。

デキスメデトミジンは、0〜24 時間(45[30-71] vs 150[49-248]μg、P=0.004、中央値の差= -105μg[99.98%]CI、210-7.5])、24〜48時間(90[45-143]vs 188[75-266]μg、P=0.005、中央値の差= -98μg[99.98%CI、195-45])、0-48 時間(135[68-195] vs 360[146-480]μg、P=0.003、中央値の差= -225μg[99.98%CI、405-7.5])のフェンタニル消費量(中央値[四分位範囲])を有意に減少させた。数値評価尺度(中央値[四分位範囲])は、術後 6 時間(1[0-2] vs 2[1-3]、P=0.003)、12 時間(1[1-2] vs 3[2]-3]、P<0.001)、24 時間(1[1-2] vs 3[2-3]、P<0.001)、48 時間(2[2-3] vs 3[3-4]、P<0.001)でプロポフォール群よりも、デキスメデトミジン群の方が低かった。レスキュー鎮痛剤と制吐薬の投与量は、手術後 24 時間(P=0.155 と P=0.482)と 48 時間(P=0.082 と P=0.153)で有意な群間差は認められなかった。

術中のデキスメデトミジン鎮静は、膝関節全置換術後の術後オピオイド使用量を少ないながらも臨床的に重要な減少と関連していた。

デキスメデトミジンはプロポフォールと違って、鎮痛作用が強いので、術後に鎮静目的で使用すれば当然オピオイド消費量が少なくなる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント