脊椎麻酔下の人工膝関節全置換術における急性術後痛に及ぼすデキスメデトミジン vs プロポフォール術中鎮静の比較:無…

・脊椎麻酔下に人工膝関節全置換術を受ける患者で、デキスメデトミジン vs プロポフォールによる術中鎮静が術後鎮痛に及ぼす効果をで比較した。デキスメデトミジンによる鎮静は、プロポフォールよりも術後のオピオイド鎮痛剤の消費量が少なくなるという仮説を立てた。 ・48 人の患者が登録され、デキスメデトミジン群(n=24)か、またはプロポフ…
コメント:0

続きを読むread more

気道管理における上気道超音波の役割

上気道超音波は、疾患や外傷によって解剖が歪んでいても気道管理を評価するための、価値のある、非侵襲的で、簡便でポータブルなベッドサイド超音波(POCUS)である。超音波により、甲状軟骨、喉頭蓋、輪状軟骨、輪状甲状膜、気管軟骨、食道などの上気道の重要な超音波解剖を特定できる。この応用超音波解剖を理解することにより、臨床医は、挿管困難、ETT…
コメント:0

続きを読むread more