超肥満妊婦における L1-L2 間隙以上の不慮の脊柱管ブロックの留置:後ろ向き研究

・肥満指数(BMI)の増加は、脊柱管主義の困難度を増加させる。患者が不適切に高い硬膜穿刺のリスクにさらされる可能性があると仮定した。麻酔科医による超肥満妊婦の棘間レベル推定の正確性は研究されていない。BMI≧50kg/m2 の妊婦における、硬膜外および/またはクモ膜下カテーテルの不慮の留置(L1/L2 間隙以上)頻度を評価した。 …
コメント:0

続きを読むread more

脊椎手術中にイソフルランとデスフルランで麻酔した患者の術後せん妄の比較:前向き無作為化対照試験

・脊椎手術後、さまざまな種類の吸入麻酔薬が術後せん妄(POD)を引き起こし、周術期/術後の合併症率を増加させる可能性がある。ここでは、イソフルランとデスフルランで麻酔した脊椎手術を受けた成人の POD の発生率を比較した。 ・脊椎手術を受ける患者を対象とした前向き無作為化二重盲式臨床試験が、60 人の成人(年齢 18〜65 歳)で…
コメント:0

続きを読むread more