全身麻酔下での脊椎手術後の術中低体温は急性腎障害の減少と関連している:後ろ向き観察研究

・低体温は虚血性傷害に対する保護効果があることが知られているが、腎障害に対する低体温の影響はまだ解明されていない。そこで、本研究は、全身麻酔下で脊椎手術を受けた患者における術中低体温と術後急性腎障害(AKI)との関連を明らかにすることを目的とした。 ・本後ろ向き観察研究では、2010 年 1 月から 2018 年 3 月までに待機…
コメント:0

続きを読むread more

高齢患者の転子間骨折手術に対する気管挿管を伴う全身麻酔、脊髄硬膜外併用麻酔、ラリンジアルマスクとによる全身麻酔と神…

・高齢患者の転子間骨折手術のための最適な麻酔法に関するコンセンサスはない。著者らの研究は、高齢患者の転子間骨折手術に際して、気管挿管を伴う全身麻酔、脊髄硬膜外併用麻酔、ラリンジアルマスクとによる全身麻酔と神経ブロックの血行動態と周術期転帰を比較することを目的としている。 ・これは、挿管による全身麻酔(n=25)、脊椎硬膜外併用麻酔…
コメント:0

続きを読むread more