SPI ガイド下の全身麻酔下に腰椎椎間板切除術後の周術期転帰に及ぼす浸潤麻酔の影響:無作為化対照前向き試験からの予…

・腰椎椎間板切除後に重度の術後痛(SPP)が発生する場合がある。 SPP を予防し、レスキューオピオイド消費量を減らすために、浸潤麻酔(IA)が全身麻酔(GA)と組み合わされている。本研究は、GA と IA の併用が、術中術後のオピオイド需要にいかに役立ち、腰椎椎間板切除術を受けた患者の SPP の発生率にどのように影響するかを検証した…
コメント:0

続きを読むread more