硬膜穿刺後頭痛の予防-無作為化比較試験

・研究の目的は、硬膜穿刺後頭痛(PDPH)のリスクに及ぼす針のサイズ、針のデザイン、スタイレット再挿入の影響を調査するために、診断的腰椎穿刺(LP)を受ける 952 人の被験者を調査した。 ・本無作為化二重盲式試験は、2013 年から 2018 年にかけてスウェーデンのウメオ大学病院で実施された。被験者には、3 本の針のうち 1 …
コメント:0

続きを読むread more