脊椎手術中の深い筋弛緩は術中出血量を減らす:無作為化臨床試験

・脊椎手術は通常、後方アプローチを使用して腹臥位で行われます。しかし、腹臥位は背中の静脈うっ血を引き起こす可能性があり、したがって手術の中断とともに手術出血量が増加する可能性がある。大きな血管が圧迫されて心臓への静脈還流が減少するため、腹臥位は心拍出量にも影響する。深い筋弛緩は、腹臥位での脊椎手術中の手術出血量の減少に関連すると仮定した…
コメント:0

続きを読むread more