胆嚢摘出術を受ける女性の全身麻酔法と術後回復の質の認識:無作為化二重盲式臨床試験

・最もよく見られる全身麻酔法の 2 つは、全静脈麻酔(TIVA)と静脈/吸入バランス麻酔(BGA)である。これらの 2 つの手法のいずれかが、回復の質に関する患者の認識に影響するかどうかは不明である。本無作為化二重盲式臨床試験の目的は、全身麻酔下で腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける女性の術後回復の質を評価することであった。TIVA を受けた患者…
コメント:0

続きを読むread more

腎癌に対する硬膜外鎮痛併用の揮発性麻酔 vs 静脈麻酔の免疫抑制効果:予備的無作為化対照試験

・本研究の目的は、低位胸部硬膜外鎮痛併用全身麻酔下に腎癌手術を受ける患者において、細胞性免疫の抑制が全静脈麻酔と比較して吸入麻酔の使用下で強いという仮説を検証することであった麻酔。 ・患者はプロポフォールベース(静脈内麻酔)か、またはセボフルランベース(揮発性麻酔)麻酔群に無作為に割り当てられ、各群に 10 人の患者が、両群に硬膜…
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管による全身麻酔後の覚醒時咳嗽を軽減するための薬剤:系統的レビューとネットワークメタ分析

・覚醒時咳嗽は手術の完了後に患者に害を及ぼす可能性があるが、この症状を軽減するのにどの薬が最も効果的かは不明である。 RCT の系統的レビューとネットワークメタ分析を実施して、全身麻酔後の中等度から重度の咳嗽の軽減に及ぼす薬物の相対的有効性を調査した。試験した薬物は、リドカイン(カフ内、局所、気管内投与)、デキスメデトミジン、レミフェン…
コメント:0

続きを読むread more

パーキンソン病患者にっとての脊椎麻酔 vs 全身麻酔

・麻酔科医は、パーキンソン病(PD)では、全身麻酔(GA)を使用することを好む。しかし、GA は術中の神経症状を隠し、術後に悪化させることがある。さらに、GA で使用される麻酔薬は、PD 管理に使用される薬物と明確な相互作用がある。一方、脊椎麻酔(SA)で使用される薬物は、PD 患者にとってより安全である可能性がある。本研究の目的は、股…
コメント:0

続きを読むread more

周術期効率に及ぼすスガマデクスとネオスチグミン/グリコピロレートの影響

・手術室における筋弛緩は、術後の回復を促進し、手術室の患者の処理量を維持するために、拮抗剤の使用を必要とする。コリンエステラーゼ阻害剤は、麻酔診療における筋弛緩の拮抗の治療の歴史的標準診療となっている。合成ガンマシクロデキストリンであるスガマデクスは、代替薬と比較して、筋弛緩のより迅速で予測可能な拮抗が可能であるというエビデンスとともに…
コメント:0

続きを読むread more

初回股関節全置換術後の術後尿路感染症に及ぼす膀胱カテーテル法の効果

・膀胱カテーテルは股関節全置換術(THA)後の潜在的な感染源である。そこで、本研究の目標は、THA 患者で、間欠的カテーテル挿入が 留置カテーテル挿入と比較して、術後尿路感染症(UTI)のリスクを低下させるかどうかを調査することであった。 ・大規模医療システム内の 15 病院で THA を受けた患者は、2017 年から 2019 …
コメント:0

続きを読むread more