■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/04/20

MCQ52.png



【問題1】(医療英単語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (a____) (i________) : 鳥インフルエンザ

(2) (h______) (a______) : 聴力

(3) (p__________) (t___) : 前臨床試験

(4) (s_____) (m_______) : スポーツ医学

(5) (p_____________) (s______) : 更年期障害


[解答]
(1)avian influenza(2)hearing ability
(3)preclinical test(4)sports medicine
(5)perimenopausal symptom


[出典] RNN時事英語辞典 http://rnnnews.jp/





【問題2】(中枢神経) 意識障害に発熱を伴う場合には何を考えるか?
1) 脳出血
4) 慢性硬膜下血腫
2) 脳膿瘍
5) 脳腫瘍
3) 脳塞栓


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 意識障害に発熱を伴う場合には、髄膜脳炎・脳膿瘍などの脳神経系の感染症、脳出血の脳室内穿破や脳幹障害(特に橋出血)による中枢性過高熱、熱中症、悪性高熱症、甲状腺機能亢進症などを考える必要がある。


[正解] 2 [出典] クリティカル記憶術2P8



【問題3】(溺水・中毒・体温) 一酸化炭素中毒の意識回復後、1〜5週間後に再び精神、神経症状をきたす間欠型CO中毒はどれくらいの頻度で起こるか?
1) 20% 2) 10% 3) 5% 4) 1% 5) 40%

    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 一酸化炭素中毒のうち10%程度は、意識回復後1〜5週間後に再び精神、神経症状をきたす(間欠型CO中毒)とされている。


[正解] 2 [出典] 危機管理P103



【問題4】(代謝) 糖尿病について正しいのはどれか?

ア:高血糖は多核白血球の貪食作用を損なう。

イ:インスリンは、糖新生を促進する。

ウ:インスリン拮抗性ホルモンは、蛋白分解を促進する。

エ:糖尿病患者は高頻度で冠動脈疾患を合併する。

オ:インスリンは、脂肪分解を促進する。


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] ア:○:高血糖は多核白血球の貪食作用を損なわれ、感染の危険性が高まり、入院期間の延長が懸念される。
イ:×:糖新生を促進するのはインスリン拮抗性ホルモンである。
ウ:○:インスリン拮抗性ホルモンは、蛋白分解を促進する。
エ:○:糖尿病患者は高頻度で冠動脈疾患を合併する。
オ:×:インスリンにはブドウ糖の取り込み、グリコーゲンの貯蔵、蛋白合成、アミノ酸の輸送、脂肪の合成を促進する働きがある。



[正解] 解説を参照 [出典] 麻酔科シークレット第2版 p345-350

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント