高齢者の股関節骨折患者に静脈内アセトアミノフェンでせん妄が減少

・術後せん妄は高齢者のオピオイド使用に関連しており、高齢者の股関節骨折のよく見られる合併症であり、発生率が 16%〜70% と報告されている。静脈内(IV)アセトアミノフェンは、高齢患者における安全で効果的な薬剤であり、股関節骨折後のオピオイドの使用を減らすことが示されている。当院では、高齢者の股関節部骨折患者の集学的疼痛管理レジメンの…
コメント:0

続きを読むread more

小児患者における橈骨動脈カテーテル留置に際しての皮下ニトログリセリン:無作為化比較試験

● このトピックについてすでに知っていること:乳児の橈骨動脈カニューレ挿入は技術的に困難である可能性がある。成人患者では、ニトログリセリンが橈骨動脈カニューレ挿入を促すことがわかっている ● この記事が伝えている新しいこと:生食0.5 ml 中にニトログリセリン 5 μg/kg を加えた溶液を橈骨動脈周囲に浸潤すると、動脈カニューレ挿…
コメント:1

続きを読むread more

片肺換気中の呼気終末陽圧と肺加圧操作:系統的レビューとメタ分析

・呼気終末陽圧(PEEP)と肺加圧操作が片肺換気(OLV)中に患者にどのように影響するかは不明である。OLV 中の換気と酸素化に及ぼす肺加圧操作と PEEP の効果について系統的レビューとメタ分析を実施した。 ・系統的レビューと変量効果メタ分析を行った。標準偏差付きの平均差を計算した。含まれている研究は、コクランバイアスリスクツー…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/04/17

【問題1】(産科麻酔) 産科麻酔について正しいのはどれか? ア:イオン化の程度が高い物質は胎児移行率が高い。 イ:妊娠時のPaO2は非妊娠時に比べて低下する。 ウ:妊婦では胃内容物の逆流が起りやすい。 エ:妊娠子宮は胃内圧を上昇させる。 オ:妊婦では胃の蠕動運動が低下する。     ▼     ▼ …
コメント:0

続きを読むread more

妊娠中の女性の覚醒リスクに対するプロポフォール導入麻酔とチオペンタール導入麻酔の脳波の比較

・帝王切開の全身麻酔導入時の脳波(EEG)スペクトル特性を使用した比較研究はほとんどない。この後ろ向き研究は、プロポフォールによる麻酔とチオペンタールによる麻酔中の脳波分析を通じて麻酔深度の差を調査した。 ・著者らは、チオペンタール(5 mg/kg)またはプロポフォール(2 mg/kg)のいずれかを投与された帝王切開を受けた 42…
コメント:0

続きを読むread more

小児の年齢層における輸血と肺手術:単施設の後ろ向き研究

・輸血には害がないわけではなく、最近の研究は、輸血と重症患者の転帰不良との関連を示唆している。輸血は酸素運搬能を向上させるという確固たる信念に基づいて多くの理由で処方されているが、それは顕著な有害な危険をもたらしうる。重要なことに、肺手術は中程度から高リスクの手術として数えられ、出血の重大なリスクを負いうる。本研究は、小児胸部手術後の、…
コメント:0

続きを読むread more

脊柱管麻酔は、脆弱性に応じて関節全置換術後の生存率の改善に関連している:コホート研究

・脆弱性は、関節全置換術(TJA)後の合併症のリスクを高める。この関連性が投与された麻酔薬の影響を受けるかどうかは不明である。著者らは、脊柱管(脊髄または硬膜外)麻酔の使用は全身麻酔と比較してより良い転帰に関連し、転帰に及ぼす麻酔法の影響は虚弱状態によって異なると仮定した。 ・この単施設のコホート研究には、2005 年 1 月から…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/04/14

【問題1】(硬膜外麻酔) 次のうち誤っているのはどれか。 ア:硬膜外麻酔の片側性を左右するのは、体位や重力ではなく、むしろ穿刺部位やカテーテル先端の位置や走行である。 イ:局所麻酔薬の作用に重要なのは、イオン化型の量である。 ウ:ほとんどの局所麻酔薬には血管拡張作用がある。 エ:硬膜外に同量の局麻薬を投与した時、筋弛緩の…
コメント:0

続きを読むread more

小児外科患者における術前貧血と術後合併症率の関連:前向き観察コホート研究の二次分析

・南アフリカの小児外科集団における貧血の有病率は不明である。貧血は術後合併症の増加と関連している可能性がある。低中所得国(LMIC)の患者でこれらの知見を記録した研究は知られていない。この研究の主な目的は、小児非心臓外科患者における術前貧血と 26 種類の定義された術後合併症との関連を解明することであった。副次目的には、貧血の有病率と術…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開分娩を繰り返すと、初回帝王切開分娩よりも不十分な鎮痛のリスクが高いと予測された:傾向スコアの一致分析による…

・本研究は、初回と反復帝王切開の鎮痛効果を比較することを目的とした。 ・2018 年 1 月から 2019 年 3 月まで中国の教育病院の診療記録に基づいて後ろ向き的分析を行った。人口統計学的特性、周術期合併症、麻酔、帝王切開分娩患者の外科的要因に関するデータを収集した。また、術後鎮痛戦略、手術後 48 時間の疼痛強度(数値評価尺…
コメント:1

続きを読むread more

術後の認知機能と炎症に及ぼす麻酔深度の影響:系統的レビューとメタ分析

・術後認知機能障害(POCD)と術後せん妄(POD)は、高齢患者でよく見られる術後合併症である。認知機能に及ぼす麻酔深度の影響は依然として不明である。麻酔深度、認知機能、炎症の間の相関を評価することを目的とした。 ・文献検索は、2019 年 8 月まで Web of Science、PubMed、EMBASE、コクラン・ライブラリ…
コメント:0

続きを読むread more

心臓手術におけるレミフェンタニルと周術期血糖反応:非盲式無作為化試験

・本研究は、待機的心臓手術を受ける患者で、レミフェンタニル注入が術中高血糖とインスリン抵抗性を、間欠的フェンタニル投与と比較して減少させるかどうかを調査した。 ・これは、無作為化前向きな非盲式試験であった。待機的心臓手術を受けた患者(n=116)は無作為化され、レミフェンタニルの持続注入か、または間欠的フェンタニルのボーラス投与の…
コメント:0

続きを読むread more

単コンパートメント人工膝関節置換術を受ける患者で、全身麻酔は脊椎麻酔と比較して有害事象の増加をきたす

・単コパートメント膝関節形成術(UKA)の施行数は、近年、劇的に増加しており、長期的な転帰が良好と報告されている。UKA は、全身麻酔または脊柱管麻酔(すなわち、脊椎)麻酔下で行える。ただし、麻酔の種類に基づいて転帰に差があるかどうかについてはほとんどわかっていない。本研究の目的は、初回待機的 UKA を受けた患者の麻酔法の間で周術期転…
コメント:0

続きを読むread more

膝関節または股関節形成術を受ける患者の周術期出血に対するトラネキサム酸投与の効果:単施設後ろ向き研究

・トラネキサム酸(TXA)は、その抗線維素溶解効果のため、さまざまな手術での周術期の出血を減らすために使用されている。最近、著者らの施設で整形外科手術を受ける患者は、手術前に TXA の負荷量(1000 mg)を投与され、その後、手術が終了するまで 100 mg/時の投与を受けた。本研究の目的は、膝関節形成術または股関節形成術を受ける患…
コメント:2

続きを読むread more

直腸異物-系統的レビューとメタ分析

・直腸への自己挿入異物はまれにしか発生しないが、物体の多様性と摘出が困難であるため、外科医には重症のジレンマが生じる。本研究の目的は、疫学、診断ツール、直腸異物挿入の治療アプローチに関する文献の包括的なレビューを提供することである。 ・2018 年 1 月 14 日に、Pubmed/Medline と Google で「異物」に関…
コメント:0

続きを読むread more