扁桃摘出術を受けた小児の麻酔からの覚醒時の咳嗽に対する低用量プロポフォールまたはケタミンの効果

咳嗽.png・全身麻酔からの覚醒時には咳嗽がよく見られる。小児では、特に扁桃腺切除後の麻酔からのスムーズな覚醒が重要である。本研究では、扁桃摘出術を受ける小児で覚醒時咳嗽に対する低用量ケタミンまたはプロポフォールの効果を比較した。

・本無作為化臨床試験では、扁桃摘出術を受けた 90 人の小児が 2 群に無作為に割り当てられた:麻酔終了時に、A 群の小児にはプロポフォール 0.5 mg/kg が投与され、B 群の小児にはケタミン 0.5 mg/kg が投与された。咳嗽、術後鎮静、悪心嘔吐の発生率と重症度、疼痛スコアを記録して比較した。

・麻酔からの覚醒時に咳嗽が出現しない確率は、プロポフォール群で 82.2%、ケタミン群で 15.5% であった(P=0.00)。ケタミン群の小児は術後痛を示したが、プロポフォール群の小児と比較して鎮静度が高かった(P>0.05)。術後悪心嘔吐の発生率は、プロポフォール群の方が低かった(P<0.05)。

・扁桃摘出術を受けた小児で、イソフルランによる全身麻酔終了時に、プロポフォール 0.5 mg/kg は、麻酔からの覚醒時の咳嗽反応を軽減するのに、ケタミン 0.5 mg/kg よりも効果的であり、嘔気嘔吐の発生率が低くなるばかりか、小児の鎮静作用も低下する。

小児の扁桃摘出術後、覚醒前に、プロポフォール 0.5mg/kg を投与することにより咳嗽を軽減できると。覚ます段階でプロポフォールを追加するのは、いささか抵抗があるが。ケタミンは咳嗽反射が温存されるから、誤嚥しやすい状況でも鎮静可能なのが利点だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント