婦人科悪性腫瘍に対する子宮摘出術における硬膜外鎮痛の術後合併症:米国外科学会手術の質改善プログラムの分析

・本研究の目的は、婦人科悪性腫瘍に対して子宮摘出術を受けた女性で、硬膜外使用後の術後 30 日併症の割合を特定することであった。副次評価項目は、硬膜外麻酔が入院期間に及ぼす影響であった。 ・米国外科学会手術の質改善プログラムデータベースを使用して、後ろ向き的コホート研究が実施された。この大規模なデータセットには、周術期の危険因子と…
コメント:0

続きを読むread more