■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/09/17

MCQ31.png



【問題1】(医療英単語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (a__________) : 灸

(2) (p_______) (s____________) : 偏執性分裂病

(3) (t_______) (d______) : 末期の病気

(4) (h____) (m_____) : 心筋

(5) (________y) : 長寿


[解答]
(1)acupuncture(2)paranoid schizophrenia
(3)terminal disease(4)heart muscle
(5)longevity


[出典] RNN時事英語辞典 http://rnnnews.jp/




【問題2】(外傷・出血・感染) 自動空気緊縛帯(エアータニケット)を使用して上肢の止血をはかる場合にはどれくらいの圧で加圧するか?
1) 100〜150mmHg
3) 200〜300mmHg
5) 150〜200mmHg
2) 50〜100mmHg
4) 300〜400mmHg


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 緊縛法:手指の代りに緊縛帯で出血部より中枢部の四肢を緊縛して止血を図る方法.(適応)四肢切断創、出血高度の四肢挫滅傷.(手技)通常は患肢を挙上させEsmarch駆血ゴムバンドを末梢から中枢側へ巻上げ静脈血を駆血した後、自動空気緊縛帯を装着し成人では上腕で200〜300mmHg、大腿で400〜500mmHgの圧を加える。緊急時には布片を巻き、止血するまで布片に巻き付けた棒きれをねじあげて止血する。緊縛の持続時間は1時間を目安とし、その後は30〜60分毎に緊縛を解除する。本法は使用法が不適切であると出血の増大、神経麻痺、血栓形成、declumping shockなど重篤な合併症を引き起こす危険性があることを銘記しておくべきである。


[正解] 3 [出典] 救急認定医診療指診P555




【問題3】(中枢神経) 脊損患者の自律神経反射亢進は、通常どのレベル以上の損傷の場合に起こるか?
1) どのレベルでも起こる
3) Th2以上
5) L2以上
2) Th6以上
4) C7以上


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 脊髄は、大脳・脳幹部と身体各部臓器とを結ぶ神経の伝導路であるとともに、体性神経系及び自律神経経の脊髄反射を行う中枢でもある。脊髄損傷患者では、脳レベルの支配は保たれているが、損傷以下の体性神経、自律神経ともにある程度の活動が復活し、特に高位脊髄損傷者では、最終的に麻痺域の自律神経臓器組織にもっと重大な反射亢進が生じる。(autonomic hyperreflexia)臨床的には、第5〜6胸髄以上の脊髄損傷者で、麻痺域の刺激その中でも骨盤内臓器(膀胱、直腸)の拡張により高血圧を生じる。


[正解] 2 [出典] 麻酔科Q&Ap259




【問題4】(肝・腎・消化管) 心拍出量が5リットルの時、腎血流量は1分間あたり何ミリリットル程度か?
1) 800ml
3) 1250ml
5) 1500ml
2) 1000ml
4) 600ml


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 腎血流量は心拍出量の25%であるので、心拍出量が5リットルの時、腎血流量は1分間あたり1250mlである。


[正解] 3 [出典] クリティカル記憶術2P169

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント