麻酔小児における持続的気道陽圧法による無気肺の予防:無作為化比較試験

無気肺.png・持続的気道陽圧法(CPAP)は、成人の周術期無気肺を予防するが、小児におけるその効果は定量化されていない。本研究の目的は、全身麻酔下の小児の導入後および術後の無気肺の予防における CPAP の役割を評価することであった。

・アルゼンチンのマルデルプラタになる地域病院での単施設の無作為化比較試験で、標準化全身麻酔下で、年齢 6 ヵ月から 7 歳の 42 人の ASA-PS I の小児を調査した。患者は 2 群に無作為化された:対照群(n=21):CPAP なしの麻酔導入と覚醒。および CPAP 群(n=21):麻酔導入および覚醒時に CPAP 5cmH2O。肺超音波(LUS)イメージングは??、麻酔導入前と 5 分後に実施された。無気肺のない小児は、PEEP 5cmH2O を含む標準的な換気設定で対照群と同じ方法で換気された。無気肺の小児は、肺加圧操作に続いて、PEEP 8cmH2O による標準的な換気を受けた。次に、手術の最後に、抜管前と覚醒後 60 分に LUS 画像化を繰り返した。主要評価項目は、LUS によって評価された肺通気スコアと無気肺であった。

・麻酔前は、全小児に無気肺はなかった。導入後、CPAP 群の患者の 52% に比較して、対照群の 95% が無気肺を発症した(P<0.0001)。LUS 肺通気スコアは、CPAP 群よりも対照群の方が高かった(通気障害)(8.8±3.8 vs.3.5±3.3 点、P<0.0001)。手術終了時、抜管の前に、対照群小児の 100% と CPAP 群の 29% で無気肺が観察され(P<0.0001)、対応する通気スコアはそれぞれ 9.6±3.2 と 1.8±2.3 であった(P<0.0001)。手術後、対照群小児の 30% と CPAP 群の 10% に残存無気肺(P<0.0001)が見られ、CPAP 群(0.5±1.5)と比較した場合に、同様に対照群で高い通気スコアが見られた(2.5±3.1、P<0.01)。

麻酔導入および覚醒時に研究された年齢層の健常小児に、5cmH2O の CPAP を使用すると、無気肺が効果的に予防され、術後 1 時間は効果が維持される。

小児麻酔では、CPAP なしだと高率に無気肺が生じるのだな〜。

【出典】
Prevention of atelectasis by continuous positive airway pressure in anaesthetised children: A randomised controlled study
Eur J Anaesthesiol . 2020 Oct 1. doi: 10.1097/EJA.0000000000001351. Online ahead of print.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント