動脈瘤クリッピング手術におけるケトフォール(ケタミンとプロポフォールの併用)とプロポフォール麻酔の比較:前向き無作…

・循環動態安定性の維持は、動脈瘤手術において極めて重要である。これらの患者に麻酔をかけている間、血圧の変動は経壁圧に直接影響を及ぼし、それによって動脈瘤の破裂および他のさまざまな関連する合併症を引き起こす可能性がある。ケトフォールとプロポフォール単独を、頭蓋内動脈瘤のクリッピング術中の導入および維持麻酔薬として使用した場合の効果を比較す…
コメント:0

続きを読むread more