帝王切開を受けた分娩患者における硬膜穿刺後頭痛の発生率、重症度、持続時間に対するクモ膜下フェンタニルの効果:無作為…

・硬膜穿刺後頭痛(PDPH)は脊椎麻酔(SA)の副作用である。本研究は、PDPH の発生率、重症度、持続時間に対するフェンタニルクモ膜下投与の効果を検討するために実施された。 ・本研究は、帝王切開(CS)を受けた 220 人の分娩患者を対象とした前向き無作為化比較試験である。ブピバカイン単独か(ブピバカイン群[B0]、n=111)…
コメント:0

続きを読むread more

新年あけましておめでとうございます。

謹んで新年のお慶びを申し上げます。旧年中は、ず~っとコロナ・コロナで明け暮れました。第三波がまだピークアウトしないだけではなく、より感染力の強い変異ウイルスが世界各地で検出され、日本にも上陸しました。 コロナのお陰で、インフルエンザをはじめとする他の感染症はかなり減少したようですが、新型コロナは、重症化率や死亡率がインフルエンザよ…
コメント:1

続きを読むread more