腹腔鏡下手術を受ける患者に対する肺保護人工呼吸:無作為化比較試験

・腹腔鏡下手術における気腹やトレンデレンブルグ体位は、術後の肺機能障害の一因となる可能性がある。近年、術中の肺保護人工呼吸(LPV)は、人工呼吸器による肺障害(VILI)を軽減できることが報告されている。著者らの目的は、LPV が腹腔鏡手術における術中の酸素供給機能、肺力学、術後早期無気肺を改善する可能性があるという仮説を検証することで…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/04/08

【問題1】(心臓・血管) ペースメーカ植込患者の麻酔について正しいのはどれか。 ア:術前に固定モードにしておけば安心できる。 イ:最近のペースメーカは電磁障害を感知して自動的に固定モードになる。 ウ:電気メスの使用によりペースメーカ本体の障害を生じることがある。 エ:電気メスを使用することによりミクロショックを起こすこと…
コメント:0

続きを読むread more